日産

日産 セレナ

大きな車内空間と圧倒的使い勝手の良さがウリのミニバンの人気モデル

こんな人にオススメの車です

  • 家族で長距離ドライブする機会が多い方
  • サードシートに頻繁に人を乗せることが多いという方
  • 運転をサポートしてくれる充実した先進安全装備に魅力を感じる方

車種紹介

日産セレナは販売競争の厳しい2Lのミニバンクラスで安定した人気を誇る定番モデルだ。 現行型のセレナは2016年8月に登場。プロパイロットと呼ばれる安全運転支援装備をミニバンでいち早く搭載したことで注目を浴びた。

セレナが安定した人気を続ける理由として、広くて効率的な室内空間が挙げられる。全長約4.7mの車体に対して室内長3240mm、室内幅1545mmとクラスNo.1の広さを確保。サードシートを含め、大人がどの座席に座っても余裕の空間が広がる。 狭い場所での荷物の出し入れに便利なデュアルバックドアや、両手に荷物を持ったままでもリアのスライドドア下に足を入れるだけでドアの開閉が可能なハンズフリーオートドアを採用するなど、ファミリーや複数人での使用を想定して使い勝手が考え抜かれているのも大きな魅力と言えるだろう。

Jデビュー当時、JC08モード燃費は17.2km/Lとライバル車が用意するハイブリッド車に比べてセレナのスマートハイブリッドはやや燃費面で不利だったが、2018年2月にエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行する「e-POWER」を追加した。ノートに搭載されて人気を集めたこの最新のハイブリッドシステムは、モーターによる電気自動車のような走りと26.2km/L(JC08モード)の優れた燃費を誇る。

高速道路などで先行車に追従し、車線の中央をキープし走行する同一車線自動運転技術「プロパイロット」や、「e-POWER」車のワンペダルドライブなどが注目を集めるが、ミニバンに求められる基本性能をキチンと向上させているのがセレナの強み。 広い室内空間をクルマ選びの判断軸にしている方には強くおすすめのミニバンだ。

専用のエアロバンパーやフロントグリルを装着した人気のハイウェイスター(手前)。全幅が拡大され3ナンバーとなる。

広い視界を確保するために薄型のメーターを採用。自発光式メーターを採用し確認しやすい。

スマートハイブリッドは、小型モーターがエンジンをアシストする簡易型ハイブリッド。

執筆:カルモマガジン編集部

日産 セレナに関するその他の記事

スペック

カーナビ
標準搭載なし
ETC
標準搭載なし
バックカメラ
標準搭載なし
フロアマット
標準搭載なし
希望ナンバー
標準搭載なし
JC08燃費
15.0(km/L)
排気量
2000cc
エンジン種別
ガソリン
駆動方式
2WD
ミッション
CVTダッシュボードシフト
乗車定員
8名
ドア数
5
車体寸法
4690×1695×1865(mm)(全長×全幅×全高)
使用燃料
ガソリン(レギュラー)
室内
3170×1545×1400(mm)(全長×全幅×全高)
カラーバリエーション
現在表示中のグレード
2WD 5ドア S 8人 2000cc ガソリン DCVT

月額料金
36,828円(税込)
料金シミュレーションを見る
  • ※上記料金はすべての法定費用に加え、仲介手数料・お客さまサポート料などがコミコミのお値段です。
  • ※お客様にお届けする車は、オリックス自動車が扱う正規ディーラー車になります。