ダイハツ

ダイハツ タント

広い室内と先進安全性を持つ「背の高い軽自動車」の元祖

こんな人にオススメの車です

  • 無理は承知で軽自動車にミニバン並みの広さを求めたい方
  • 後席への乗り降りが頻繁にある方
  • 軽自動車にも最新の安全装備を求めてる方

車種紹介

ボディサイズに制約のある軽自動車の中で最大級の室内空間を確保したのが、スーパーハイトワゴンのダイハツタント。2007年に登場した2代目からは助手席側ドアにピラーを内蔵したミラクルオープンドアを採用し、優れた乗降性と利便性を達成している。

3代目となる現行型は特徴であるミラクルオープンドアの使い勝手を向上させるため、スライド量を38cmとロング化。その結果、ベビーカーを畳まずに積載できるなどさらに利便性が高くなっている。見た目はプレーンなデザインのタントとメッキパーツを多用したタントカスタムの2タイプを用意。

搭載するエンジンは直3DOHCと直3DOHCターボの2種類で、JC08モード燃費は直3DOHCエンジンが25.8〜28.0km/L。直3DOHCターボエンジンは24.6〜26.0km/Lを達成している。見た目は異なるが、タントそしてタントカスタムの乗り味は同じ。ファミリーユースをメインにしているため、乗り味は柔らかめだ。セカンドシートでも不快な振動は抑えてられている。

安全装備は2016年の一部改良でステレオカメラを採用した運転支援装備スマートアシストIIIを設定。車両だけでなく、歩行者に対しても衝突回避支援ブレーキ機能を発揮するなど最新のものを装備している。

メッキパーツを多用し、押し出し感を強めたタントカスタム。ボディカラーはダーク系が中心だ

大開口幅を誇るミラクルオープンドアを採用し、ベビーカーを畳まなくても収納できる

スマートアシストIIIはステレオカメラによってクルマだけでなく、人も認識して作動する

執筆:カルモマガジン編集部

ダイハツ タントに関するその他の記事

スペック

カーナビ
標準搭載なし
ETC
標準搭載なし
バックカメラ
標準搭載なし
フロアマット
標準搭載なし
希望ナンバー
標準搭載なし
ドアバイザー
標準搭載なし
JC08燃費
28.0(km/L)
排気量
660cc
エンジン種別
ガソリン
駆動方式
2WD
ミッション
CVTダッシュボードシフト
乗車定員
4名
ドア数
5
車体寸法
3395×1475×1750(mm)(全長×全幅×全高)
使用燃料
ガソリン(レギュラー)
室内
2200×1350×1365(mm)(全長×全幅×全高)
カラーバリエーション