スズキ
スズキ ハスラー
ファニーな見た目と裏腹に高い悪路走破性をもつ軽クロスオーバーSUVのヒットモデル

こんな人にオススメの車です

  • いま流行りのSUVを軽自動車で探している方
  • ポップなボディカラーで楽しげなクルマが好きな方
  • ウインタースポーツなどの趣味で雪道や悪路を走ることがある方

編集部レビュー

スズキハスラーはハイトワゴンとSUVのクロスオーバー軽自動車。旧型ワゴンRをベースにしながらも、最低地上高を上げ、外観デザインも大幅に手直しすることで、イマドキなクロスオーバーSUVに仕立てたクルマだ。

搭載するエンジンは直列3気筒DOHCと直列3気筒DOHCターボの2種類。エントリーグレードのA以外はISGと呼ばれるモーター機能付発電機とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたモーターアシスト機構のSエネチャージを搭載。その結果、JC08モード燃費は24.2〜32.0km/Lと軽自動車の中でもトップクラスの低燃費性能を達成している。

最低地上高を180mm(4WDは175mm)に上げただけの“なんちゃってSUV”ではなく、CVTの4WD車には坂道を下るときに効果のあるヒルディセントコントロールや、滑りやすい路面で発進をサポートするグリップコントロールといった装備を追加することで高い悪路走破性を確保している。

見た目はタフさを兼ね備えたハスラーだが、乗り味はワゴンR譲りのソフトな乗り味を実現。荒れた路面でも揺れの少ないスムーズな走りが特徴だ。

安全装備は上級グレードにはステレオカメラを採用したデュアルカメラブレーキサポートを標準装備するほか、主力グレードには衝突被害軽減ブレーキのレーダーブレーキサポートを装備するなど充実している。

丸目のヘッドライトを採用し、カワイイイメージが強いハスラー。しかし悪路走破性は本格派だ。

インパネのパネルはオレンジと黄色はボディ同色。そのほかは白と採用し、インテリアをカラフルに彩る。

ハイトワゴンのワゴンRをベースとするだけに、大人4人でも室内スペースは十分広い。後席の足元もフラットだ。

執筆:カルモマガジン編集部

スズキ ハスラーに関するその他の記事

スペック

カーナビ
標準搭載なし
ETC
標準搭載なし
バックカメラ
標準搭載なし
フロアマット
標準搭載なし
JC08燃費
32.0(km/L)
排気量
660cc
エンジン種別
ハイブリッド
駆動方式
2WD
ミッション
CVTダッシュボードシフト
乗車定員
4名
ドア数
5
車体寸法
3395×1475×1665(mm)(全長×全幅×全高)
使用燃料
ガソリン(レギュラー)
室内
2160×1295×1250(mm)(全長×全幅×全高)
カラーバリエーション