日産

日産 デイズ

日産と三菱のコラボレーションで生まれた新感覚軽自動車

こんな人にオススメの車です

  • いかにも軽自動車らしいカタチのクルマが欲しい方
  • 日産というブランドに信頼感を感じる方
  • 安全装備はそんなに気にならないという方

車種紹介

これまで、スズキや三菱からOEM供給を受けて軽自動車を販売していた日産が、企画から関わった初の軽自動車が2013年6月に販売開始された日産・デイズ。スタンダードなデイズと大型のフロントグリルを採用したハイウェイスターの2タイプを用意する。三菱eKワゴンとは兄弟車の関係だ。

デイズ/デイズハイウェイスターに搭載されているエンジンは最高出力64psを発生する直列3気筒DOHCターボと最高出力49psを発生する直列3気筒DOHC自然吸気の2種類。両エンジンともFFと4WDという2つの駆動方式を用意し、JC08モード燃費は自然吸気車が22.0km/L?25.8km/L、ターボ車が21.8km/L?23.2km/Lを実現している。

ワゴンRやダイハツムーヴに代表される軽自動車の人気カテゴリー「ハイトワゴン」に属するデイズの外観デザインは、立体的でダイナミックなフォルムにセンスの良さと親しみやすさの融合を目指している。一方のハイウェイスターはシャープで存在感のあるデザインを採用するなど軽自動車界のトレンドに忠実だ。インテリアは上質さに包まれた開放的でくつろぎの空間がコンセプト。標準モデルはモダンなアイボリーインテリア、ハイウェイスターはシルバーの加飾をアクセントに使用したプレミアム感のあるエボニーインテリアに仕立てている。

自然吸気エンジンは燃費重視の仕様となっているため、加速面で若干物足りなさを感じる。ただロングホイールベースと高いボディ剛性によるフラットな乗り味が特徴だ。

衝突回避支援技術のエマージェンシーブレーキやヘッドライトのローとハイビームを自動で切り替えるハイビームアシストをいち早く搭載したものの、すでに登場から5年が経過し、ライバル車が世代交代を行なうなか装備面を中心にやや後塵を拝している。

プレーンなデイズとメッキパーツを多用し強い存在感を主張するハイウェイスター。

操作性を考慮して、スイッチをできるだけ大型化したタッチパネル式のフルオートエアコンを装備する。

リアシートは前後にスライドするだけでなく分割可倒式を採用し、大きな荷物を積むのに重宝する。

執筆:カルモマガジン編集部

スペック

カーナビ
標準搭載なし
ETC
標準搭載なし
バックカメラ
標準搭載なし
フロアマット
標準搭載なし
希望ナンバー
標準搭載なし
JC08燃費
23.0(km/L)
排気量
660cc
エンジン種別
ガソリン
駆動方式
2WD
ミッション
CVTダッシュボードシフト
乗車定員
4名
ドア数
5
車体寸法
3395×1475×1620(mm)(全長×全幅×全高)
使用燃料
ガソリン(レギュラー)
室内
2085×1295×1280(mm)(全長×全幅×全高)
カラーバリエーション
現在表示中のグレード
2WD 5ドア J 4人 660cc ガソリン DCVT

月額料金
17,820円(税込)
料金シミュレーションを見る
  • ※上記料金はすべての法定費用に加え、仲介手数料・お客さまサポート料などがコミコミのお値段です。
  • ※お客様にお届けする車は、オリックス自動車が扱う正規ディーラー車になります。