【大阪モーターショー2017】イチオシおったで!ショーを彩るコンパニオン

東京モーターショーに続き、2017年12月8日から4日間開催された第10回大阪モーターショー。輸入車はインポーターではなくディーラーが出展しているため、東京よりも多くの輸入車(とコンパニオン)を見ることができました。国産各社も東京モーターショーとは女の子の顔ぶれが異なります。それではじっくりご覧ください。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

東京モーターショーとはクルマも女の子も顔ぶれが違います!

2017128日から4日間開催された第10回大阪モーターショー。メーカー主体のイベントだけに、アフターマーケットのブランドが主役となる大阪オートメッセに比べると、コンパニオンの女性陣は派手さに欠けるものの、清楚かつ上品なのは東京モータショーと同じです。しかし大阪では輸入車はインポーターではなくディーラーが出展しているため、東京よりも多くの輸入車(とコンパニオン)を見ることができたのです。もちろん国産メーカーの女の子たちも顔ぶれは東京と異なります!今回は大阪モーターショーの各ブースを彩ったコンパニオンの方々をランダムにご紹介しちゃいます!

メルセデスとBMWはさすがクールビューティーな粒ぞろい!

人気のトップブランドであるメルセデス・ベンツやBMWは、王道のハイクオリティでさすが!と唸らされますが、購買層を見事にターゲッティングしたかのような“青臭くない知的美人”で統一されていたのは、欧州勢すべてのブースに当てはまりました。

BMW:このメンツとコンパできたら、まずモメることはありません。

メルセデス・ベンツ&スマート:わかる人にはわかると思いますが、こんな方々に是非いぢめられたいですね(?)

心の目で見るジャガー&ランドローバー

オートメッセにはなく、モーターショーにはあるもの。それは、コンパニオンさんのオトナの色気でございます。単調に魅せるのではなく、見るものに想像力が求められるという大変奥ゆかしい楽しみ方があるわけです。寸止めどころじゃございませんよ。見せたないんかぃ!ってくらい、露出控えめデス。

ジャガー・ランドローバー:「東京にはいなかったクルマ&女の子」その1です。オッサン心を直撃する黒の誘惑です。ふらふら〜っと1台買ってもしゃーないですよね?

スバルですか?いいえボルボです

東のスバル、西のボルボという格言(?)は健在、さすがにクリーンで安全なイメージが優先されております。

関東人よ、大阪限定のイタリアンブランドを見よ!

そしてイタフラブランドは、ハイセンスでありながら健康的と申しましょうか、おとなしいだけの女性ではないラテンなノリがしっかり表現されていたように思います。イタリアンブランドのクルマと女の子を見られた関西人は幸せです!

プジョー:長い髪からおふらんすの香りが!?ふらふら〜っと1台買ってもしゃーないですよね、ここも。

シトロエン:シトロエンってフランス語に忠実な発音だと「スイトロヘン(鼻から抜けるように)」です。まさにそんなイメージがそのまんまハマっておられます。

DS:スイトロヘン(鼻から抜けるように)、いやシトロエンから独立したDS。知的なブランドイメージを象徴されていますね。目の保養です、メルシー ボークー!

アルファ ロメオ:「東京にはいなかったクルマ&女の子」その2です。三人三様の魅力を振りまいていた姿が好印象。新型ジュリアかっこいいですね〜、写真ないですが。

フィアット:「東京にはいなかったクルマ&女の子」その3です。元気!明るい!清潔!まさにチンクエチェントのように三拍子揃ってますね。

マセラティ:「東京にはいなかったクルマ&男の子」その1。カルモマガジン女性読者への贈り物です。伊達なイタリアンブランドはメンズの魅力で勝負でっせ!

英国も米国も大阪には来てくれました

これまた東京には1社たりとも出展しなかった英語圏のイギリスとアメリカのメーカーさんも大阪には大挙して乗り込んできましたよ〜(参加しているのは関西の販売店ですが)。各ブランド、個性で勝負!といった趣き。中にはカッコいいクルマとキレイなコンパニオンさんを並べときゃいい、なんて安直さを覆す、ある種の奥深さを感じずにいられないブランドも!

ロータス:英国の気品というのでしょうか。それ以上の表現が見当たりません!

アストンマーティン&マクラーレン:こちらは意表を突かれた、という表現を見つけました。でもDB11に加えてデビューしたてのVANTAGEも展示していたのはポイント高いですね!

ジープ:関西のJEEPディーラーではちょっとした有名人なんです、ビリーさん。

キャデラック&シボレー:バンブルビーにツッコミを入れてくれそうな薄ら笑いがステキなお二人。いえ、シャッターチャンスを逃したワタシがすべて悪いのです。

日本メーカーは大阪仕様に徹したダイハツに地元の意地を見た!

さて、続いては国産メーカーの部。さらっと流された感のあるコンサバティブなトヨタ、ホンダ、スバル。そしてグローバル狙いで攻めてきたマツダ、三菱、レクサス。ブースが華やかだったのは、日産、スズキ、ダイハツ。とくにダイハツさん、突出してましたねぇ。

トヨタ:誰がどう見ても、トヨタさんです。心が洗われます。さすが日本を代表するメーカーです。

ホンダ:やや表情がトーンダウンな気がするのは、コンパニオンさんのせいではありません。笑わせられなかったワタシがすべて悪いのです。

スバル:バスガイドでもボルボでもありません。大阪でもスバルはブレません!苦しゅうない、近う寄れ!

マツダ:クルマのデザイン同様、日本人の美意識が滲みでています。外国からのお客様はイチコロですね。毎度ありがとうございま~す。

三菱:なんとなく日本のメーカーとして底力を見せてくれそうな予感がしました。あくまでも予感ですが。

レクサス:映画「2001年宇宙の旅」に出ていても違和感がありません、ってことは古いのか?!

日産:ちょっと大阪ぽくないですね、さすが横浜のメーカー。みなさん、清潔感があって凜としてて好印象。スタッフの女性陣もステキでした。

スズキ:モジモジしているのではありません、指のストレッチでもありません。コンパニオンさんがスズキマークでご挨拶しているに決まっているではないですか!スタッフの方も控えめながら好印象でした。

ダイハツ:東京モーターショーと同じメンツのはずが、お化粧と髪型で化けるという好例を披露。しかも粒ぞろいで、中には知る人知る元地下アイドルも!さすがタイガース優勝記念の特別限定車を出した過去を持つメーカーです。

大阪でも期待を裏切らなかった二輪&サプライヤー!

さて、四輪メーカーの後は、二輪メーカーやサプライヤーのブースへ。大阪モーターショーの真骨頂とも言える、隠れた名ブースの伏兵的存在を探すと、いるわいるわハイクオリティなコンパニオンさんが!

BIRO:イタリアからやってきた電動4輪パーソナルコミューター・BIROのブースには、異色の元気いっぱいコンパニオンさんが個性を発揮。

ハーレー:人気のアメリカンバイク・ハーレーダビッドソン。コンパニオンさんも清潔感のあるアメリカンを表現されていましたね。

GOODYEAR:シンプルに言いますと、こういう方がブースにいると次のタイヤはグッドイヤーにしようと思うわけですよ。

ジーオン:ディテーリングアイテムのブランド・ジーオンのブースには、お部屋から出てきたかのような大きめシャツを羽織った女の子が…いいね!

スフィアライト:第10回大阪モーターショーでも最もカメラマンたちの視線をくぎづけにしていたのは、コチラ。HID・LEDヘッドライトのブランド、スフィアライト。完全に目にヤラれちゃってますよねぇ…

ETC2.0:運転支援サービスのETC2.0をアピールするブースでは、隣のおねーさんチックなコンパニオンさんが。

JAF:意外な伏兵はみんながお世話になっているJAF。なんと、なぜかメガネ女子軍団登場!赤いメガネの奥からのぞく瞳…うぅ、やばいがな。

阪神高速。みんな!キレイな女の人ばかりキョロキョロ見てると事故するぞ!と注意喚起のメンズ隊員。目が覚めました、押忍!

NEXCO西日本:シメはまさかのNEXCO西日本ブース。なぜだ?!なぜなんだ!?コンパニオンさんが粒ぞろいでカメラマンの人だかりが…こ、これが新名神の効果なのか?!

以上、大阪からお伝えしました!

桑野 将二郎

この記事の執筆者

桑野 将二郎(くわのしょうじろう)

愛車遍歴は120台以上、そのうち新車はたったの2台という中古車ジャンキー。70~80年代の変態グルマを眺めながら珈琲が飲めるマニアックなガレージカフェを大阪に構えつつ、自動車雑誌のライター兼カメラマンとして関西を中心に活動する、永遠の少年的中年男子。

「【大阪モーターショー2017】イチオシおったで!ショーを彩る...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【燃費・走り】ヴォクシーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【ライバル対決】「日産ノートvsトヨタアクア」ベストセラーコンパクトカーはどちらが買いか?

【徹底レビュー】「ホンダS660」世界でただひとつの軽オープン2シーターミッドシップスポーツカー

【徹底レビュー】「トヨタハリアー」依然として魅力を放つ日本専用プレミアムSUV

【徹底レビュー】「トヨタシエンタ」使い勝手が光る、コンパクトミニバンのベストセラー

【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベストセラー

【試乗記】「三菱eKクロス」プレミアムといってもいい軽SUV

【試乗記】「三菱eKワゴン」激戦の軽ハイトワゴンで光る実力!

【グレード情報】CX-5のグレードをリサーチ!

【燃費・走り】ホンダフリード+の実燃費とカタログ燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP