【徹底レビュー】「ダイハツ ムーヴ」まだまだ人気!その走りからインテリア、安全装備まで

最近こそホンダN-BOXやダイハツタントなどに主役の座を奪われつつあるが、いまだにダイハツムーヴはスズキワゴンRと並んで、現代の軽自動車の基本形だ。現行型は軽量化技術により走りと燃費を両立したが、安全性能もマイナーチェンジのたびにアップデートされ最新のものが用意されてる点も見逃せない。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

ワゴンRと並んで軽自動車を代表する1台

ダイハツムーヴはスズキワゴンRとともに軽自動車の主力車種となったハイトワゴンのカテゴリーを形成したモデル。6代目である現行型ムーヴは2014年12月に登場しました。現在の軽自動車はN-BOXやタントといった圧倒的な広い室内空間を実現したスーパーハイトワゴン系の車種が販売の中心となっています。しかし、ムーヴは軽自動車の本質である低燃費・低価格、そして軽自動車に求められる基本性能や先進装備を進化させ、全方位で総合力を高めたオールラウンダーとして未だに多くの人から支持を集めています。それでは「次世代ベストスモール」を掲げて開発された現行型ムーヴを紹介しましょう。

2014年12月に登場した現行型ムーヴは従来と同様にスタンダードモデルのムーヴとエアロパーツを装着したムーヴカスタムの2つのモデルを用意しています。

軽量化と剛性アップを両立した新シャシー

現行型はドライバーがまるで運転が上手くなったように感じてもらえるように、クルマ全体での基本性能を向上させているのが特徴です。それを支えるのが軽量高剛性ボディ骨格構造の「Dモノコック」です。ボディの骨格に採用するサイドアウターパネルの全面厚板ハイテン化することで、構造断点をなくしボディの骨格全体で力を受け止める構造を採用しました。これは従来と同等の衝突強度を確保した上で、軽量化そして高剛性化を両立させています。価格を抑えるために高価な炭素繊維やアルミ素材などを使用せずに、これまで注目されていなかった部分に着目することで、走行性能をはじめ燃費の向上、そして低コスト化などを実現しています。

現行型ムーヴは新設計のボディ骨格に加えて、ムーヴに最適な改良を施した足回り「Dサスペンション」を採用しています。リアサスペンションの剛性アップ、スプリング、ステアリング取付部など細部まで改良を加えたことにより、操縦安定性と乗り心地を向上。カーブを曲がる際のクルマの傾きなどを抑制することで、乗員のふらつきや揺すられ感を低減しています。

スイッチひとつで走行モードの切り替えも可能

さらに、ステアリングに装着されたスイッチによって走行モードの切り替えが可能となった「Dアシスト」を搭載。パワーモードを選択すると、エンジンとトランスミッションのCVTの制御プログラムが切り替わり、アクセル操作に対するレスポンスが向上。ストレスなくスムーズな加速力を発揮します。

走行性能の向上に合わせて、長時間運転してお疲れにくいようにドライビングポジションの見直しやシート形状。そしてペダルレイアウトも変更するなど快適性を向上させています。

もともと軽自動車でも屈指の室内の広さを持つムーヴですが、加えて磨き抜かれた使い勝手の良さが底堅い人気の秘密です。

さすがトップレベルの燃費性能

現行型ムーヴに搭載されているエンジンは最高出力47kW(64ps)を発生する660cc直列3気筒DOHCターボと最高出力38kW(52ps)を発生する660cc直列3気筒DOHCの2種類。

全車トランスミッションはCVTが組み合わされJC08モード燃費は直列3気筒DOHCエンジン搭載車が27.6〜31.0km/L。ターボエンジン搭載車は25.6〜27.4km/Lという素晴らしい数値を実現。駆動方式は全車でFFと4WDを用意しています。

マイナーチェンジのたびに安全性能がアップ

安全装備は2014年にデビューした当初は「スマートアシスト」でしたが、2015年4月の一部改良で新機能を追加した「スマートアシストII」に進化。さらに2017年8月に行われたマイナーチェンジで、「スマートアシストIII」へと進化しています。スマートアシストIIIはフロントガラスに設置されたステレオカメラによって車両前方を監視、走行中に前方の車両だけでなく歩行者も認識し、衝突の危険を緊急ブレーキで減速することで、衝突の回避や衝突時の被害軽減に寄与しています。さらに、前方、後方の誤発進抑制制御機能も装備、加えて約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合に、クルマが車線を逸脱しそうになるとドライバーに警報する「車線逸脱警報機能」を装備するなど非常に高い安全性能を実現しています。

ミニバンのようなパノラマモニターの設定も

2017年8月のマイナーチェンジでは内外装の変更に加えて、4箇所に設置されたカメラによって車両の前後左右を映し出し、まるで上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用。さらにリアシートラゲージ側スライドレバーの設定、運転席シートヒーターを標準設定するなど利便性を向上させています。

グレード構成はムーブが111万2400円のLグレードから147万4200円のXターボ“SAIII”4WDの10グレード。ムーヴカスタムが137万1600円のカスタムX2 WDからカスタムRS“ハイパーSAIII”4WDの174万9600円となっています。オススメのグレードは高い燃費性能と安定感抜群の走行性能を両立したカスタムX“リミテッドSAIII”です。運転支援システムのスマートアシストIIIも標準装備し、2WD車ならば車両本体価格は149万400円と150万円を切ったプライスも魅力です。

■ダイハツムーヴ価格表(2018年2月現在)

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格(東京)
LFF31111万2400円
4WD27.6123万6600円
L“SAIII”FF31117万7200円
4WD27.6130万1400円
XFF31120万9600円
4WD27.6133万3800円
X“SAIII”FF31127万4400円
4WD27.6139万8600円
Xターボ“SAIII”FF27.4135万円
4WD25.6147万4200円
カスタムXFF31137万1600円
4WD27.6149万5800円
カスタムX “リミテッド SAIII” FF31149万400円
4WD27.6161万4600円
カスタムRS “ハイパー SAIII”FF27.4162万5400円
4WD25.6174万9600円

着実なアップデートでいまだ最前線で戦える実力の持ち主

軽自動車ながらコンパクトカーを凌ぐ走行性能と優れた燃費性能を両立させたムーヴ。着実にアップデートされ今日でも軽自動車のスタンダードに相応しい実力を備えています。

萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【徹底レビュー】「ダイハツ ムーヴ」まだまだ人気!その走りか...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【愛車は色で選ぶ!】「ダイハツコペン」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

【愛車は色で選ぶ!】「マツダデミオ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

【愛車は色で選ぶ!】「トヨタアクア」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

【愛車は色で選ぶ!】「スズキスイフト」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

【徹底解説】カーリースのメリット・デメリットとは?自動車リースがおすすめな人教えます!

【愛車は色で選ぶ!】「スズキクロスビー」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

【愛車は色で選ぶ!】「スズキエブリイワゴン」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

【愛車は色で選ぶ!】「スズキジムニー」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

【愛車は色で選ぶ!】「ホンダS660」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

【愛車は色で選ぶ!】「ホンダフリード」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

もっと見る

PAGETOP