【東京ー浜名湖250km試乗テスト】「N-BOX vs スペーシア」どちらが「いいクルマ」なのか!

売れに売れているホンダN-BOXにピタッと追走するのがスズキが送り込んだ刺客スペーシア。大きな車体にスライドドアを持つ人気の軽自動車スーパーハイトワゴンの2台は果たしてどちらがいいクルマなのか。東京から浜名湖まで250kmを走り倒して徹底比較した、その結論は?

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

王者N-BOXに忍び寄るスペーシア

いま日本で最も売れているクルマといえばホンダN-BOXです。2017年8月に2代目に切り替わったばかりとはいえ、1年で一番クルマが売れる3月にはなんと約26,800台もの販売実績を叩き出しました。足元の5月も約18,800台でぶっちぎりの1位に輝いています。

しかしそんなN-BOXの背後に忍び寄るクルマがあります。それはスズキのスペーシア。2017年末にモデルチェンジしてから快進撃が始まり、3月こそノートに数百台差の約18,700台で3位に甘んじたものの、4月、5月は10,000台以上を販売しN-BOXに続く第2位の座をキープしています。

2台とも背の高いボディにスライドドアを組み合わせた軽自動車の「スーパーハイトワゴン」ですが、その圧倒的な人気の秘密はどこにあるのでしょう。そしてどちらが「いいクルマ」なのでしょうか。

今回は本誌でおなじみ自動車評論家の萩原文博さんとヤング女子編集部員の伶奈嬢、そして筆者である編集長の馬弓の3人で東京から浜名湖まで片道250kmのロングドライブに2台を連れ出し、その実力を徹底比較することにしました。

サイズは同じ、パワーはN-BOX、燃費はスペーシア

まず走り出す前に改めてカタログスペックで両車のことをおさらいしてみましょう。

今回の250km走破テストに使用した車両はホンダN-BOX がG・EXホンダセンシングの2WD車(車両本体価格159万6240円)、スズキスペーシアがハイブリッドXの2WD車(車両本体価格146万8800円)です。どちらも装備の充実した上級グレードですが、あえてパワフルなターボエンジン車でもなく、カッコいいエアログレードでもなく、自然吸気エンジンを搭載したノーマル仕様をチョイスしています。

両車のボディサイズはほぼ同じです。N-BOXは全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mm。対するスペーシアは全長3395mm×全幅1475mm×全高1800mm(2トーンルーフパッケージ車)。長さと幅はともに軽自動車の規格いっぱいまで広げています。高さだけスペーシアの方が1cm高いのですが、これは今回のテスト車のようにルーフレールが付いている場合です。なしだと1785mmと逆に5mmだけスペーシアの方が背が低くなります。つまりほぼ同じというわけです。

ボディサイズは同じなのですがデザインの方向性は大きく異なります。丸いヘッドライトこそ個性的ですが全体的にN-BOXのデザインはコンサバです。合理主義的で真面目なデザインです。

対するスペーシア。スーツケースに着想を得たというデザインには遊び心があります。でも雑貨ぽいデザインは好き嫌いが分かれるかもしれません。N-BOXとの真っ向勝負を避けたなんて書くとスズキさんに怒られそうですが、明らかに違うテイストのデザインに仕上がっているのは間違いないでしょう。

燃費性能やエンジンパワーにも違いがあります。2代目N-BOXに搭載されている新開発の自然吸気エンジンは最高出力43kW(58ps)、JC08モード燃費は27.0km/L(FF車)。

一方のスペーシアにはISGと呼ばれるモーター機能付き発電機とリチウムイオンバッテリーを採用したマイルドハイブリッドシステムが搭載され最高出力は38kw(52ps)、JC08モード燃費は28.2km/L(FF車)です。

つまりパワーではN-BOX、燃費はスペーシアがカタログ上は優位に立っているのです。

ただしN-BOXは軽自動車として初めて「i-VTEC」機構(パワーと燃費を上げる、ちょっと贅沢な機構)を採用したことなどで、カタログ上はともかく実用燃費には自信がある!とホンダはアナウンスをしています。いっぽうのスペーシアにはモーターによって加速能力をアップさせるパワーモードがあるので、坂道や高速道路での合流などではスムーズな加速性能を実現している!というスズキの主張も聞こえてきます。

お互いカタログスペック上の不利をカバーする「言い分」もあるようですが、このあたりは実際に走らせてみて、どちらが正直者(?)なのか、ぜひ確かめてみたいポイントです。

13万円の価格差、N-BOXの先進安全装備は非常に充実

そしていまや欠かせない安全装備にも違いがあります。今回比較したN-BOXとスペーシアの価格差は約13万円。N-BOXが助手席のロングスライド機構を持っていることに加えて、この価格差を生んでいる要因が安全装備です。N-BOXは全グレードで先進の安全運転支援システムである「ホンダセンシング」を標準装備しています。衝突軽減ブレーキをはじめ、軽自動車で唯一高速道路での追従走行が可能なACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)など8つの機能を装備。さらに、今回オートハイビームやホンダ初となる後方誤発進抑制機能を追加しています。

一方のスペーシアも衝突被害軽減ブレーキのデュアルセンサーブレーキサポートをはじめ、後退時ブレーキサポート、ヘッドアップディスプレイなど「スズキセーフティサポート」を標準装備していますが、N-BOXに設定されているACCがありません。

安全装備についてはスペーシアが劣っている、というよりN-BOXが異様に充実しているといったほうが適切かもしれません。この装備差が今回のテストにどのような影響を及ぼすのかも注目です。

高い速度域でも安定感と乗り心地が抜群なN-BOX

それでは東京の世田谷のガソリンスタンドで満タンにしたうえで、比較的ストップ&ゴーが少ない郊外のバイパス路を想定した第1セクションの開始です。

走行テストを行った日はあいにくの雨。時折強い風も吹いていました。それでも第三京浜、横浜新道、新湘南バイパス、西湘バイパスを経由して箱根ターンパイク入口まで走りました。

高速道路ほどではないものの平均速度が比較的高めなこの区間の印象はみなさんどうでした?

「N-BOXは高い速度域でもクルマがしっかりと路面を捉える感じが伝わってきます。この横風の中で、この安定感は軽自動車離れしています」(萩原)

「N-BOXのほうが安心感がありました。スペーシアは少し乗り心地が柔らかいので前後に揺れる感じが気になりました」(伶奈)

正直に言うと筆者はスペーシアからN-BOXに乗り換えて100m走った段階で今日の結論はN-BOXの勝ちだと思いました。もうここで引き返してもいいくらいです。先代のオデッセイアブソルートや昔のアコードユーロRのような一部の例外を除いて、ホンダの足回りといえば固めのものが多く、個人的には好きではなかったのですが、いったいぜんたいホンダに何が起きたのでしょう。そのくらいN-BOXの足回りは良いです。

「でもスペーシアのモーターアシストによる力強い加速は確かに魅力ですよ。特にパワーモード時の瞬間的な加速はN-BOXより上でしょう。そして静かなことで定評のあるN-BOXより静粛性が高いことにも驚きました」(萩原)

確かに中間加速はスペーシアが良好です。カタログ数値の差を逆転している印象を受けます。ただ足回りの差が大きい。路面状況の良いところだとスペーシアの乗り心地も悪くないのですが、伶奈嬢が言っている段差を越える時の前後方向のピッチングに加え、荒れた路面だとザラザラとした感触が伝わってきます。「ああ、いま自分は軽自動車に乗っているのだ」ということを定期的に思い出させてくれます。全体的な静粛性は高いので軽自動車としては上質な部類ですが、あくまでも軽自動車です。

ちなみに燃費に有利な条件だった第1セクション71.9kmでN-BOXは24.1km/L、スペーシアが25.1km/Lという結果。やはりカタログ数値通り燃費ではスペーシアが上回りました。

山道で光るスペーシアの走りと燃費

続いての第2セクションは箱根のワインディングでの比較です。かなりきつい勾配の箱根ターンパイクを駆け上り、国道1号線を経由して三嶋大社まで一気に下ります。自動車評論の聖地・箱根ターンパイクの急な勾配は軽自動車の自然吸気エンジン車で加速するのはかなり厳しいのですが、ここではスペーシアのパワーモードが威力を発揮しました。

「グングンとは言いませんが、エンジン音に比例して坂を力強く上っていくのでドライバーのストレスは少なめです。ターボモデルではないのにこの加速力は凄いですね。一方のN-BOXはアシストがない分、加速性能はスペーシアに譲ります」(萩原)

「ワタクシは女子ですのでお二人のようにアクセルを床まで踏んだりしないのですが、それでもスペーシアの方が力強いのはわかりました。いったんスピードが落ちてからの加速がけっこう違いますね」(伶奈)

山道での加速性能は明らかにスペーシアが一段上ですね。しかしコーナリングとなると話は変わってきませんか?

「N-BOXは背の高いスーパーハイトワゴンであることを忘れてしまうほどコーナリング性能が高いですね。2台とも装着するタイヤサイズは155/65R14と同じですが、N-BOXはドライバーがハンドルを切った分だけ、ピタッと曲がってくれます。しかもクルマの前後、左右の方向の揺れが収まるのが速いのでワインディングを走行しても思い通りのラインを走ることができます」(萩原)

さすが元走り屋だけに、このセクションは萩原さんが饒舌です。

「スペーシアは街乗りでの乗り心地を重視したサスペンション設定なので、ハンドルを切った時のクルマの動きが大きめです。特に前後方向の揺れがなかなか収まらないので、クルマがかなり長い時間揺れているように感じました。それから峠の下りを走行しているときはハンドルを切った以上にクルマが曲がるような印象も受けました。これはクルマの重心がN-BOXよりスペーシアのほうが高いのが影響しているのかもしれません」(萩原)

萩原さんの話はまだ続きます。

「スペーシアはパワーモードを使用したときにエンジン音が大きくなるのは気になりますね。普段の走行時はN-BOXと同等もしくはそれ以上の静粛性なのに、加減速の多い今回のような区間だと少々うるさいなと思ってしまいました」(萩原)

ほとんど萩原さんに言われてしまいましたが、筆者は多少遅いけれどN-BOXの自然で感触の良いエンジンとCVTを高く評価します。CVTも3気筒エンジンもそれ自体は好きではないのですがN-BOXのこれは絶妙な組み合わせです。世に出すまでものすごく走り込んでテストしたんじゃないかと思います。

ちなみにターンパイクの終点・大観山は富士山と芦ノ湖がキレイに見えることで有名なスポットです。今回は風雨が強くてそれどころではなかったのですがベストコンディション(?)の眺めはこちら。ターンパイクは土日の渋滞も箱根新道などと比べて少ないのでおすすめのドライブルートです。

さて峠道の第2セクション42.3kmの燃費はN-BOXが14.2km/L、スペーシアが17.2km/Lと予想外の大差が付きました。スペーシアのペースに合わせるためにN-BOXはややアクセルを踏み気味だったのが災いしたのでしょうか。ここまでのところパワーと燃費についてはスズキの言い分の方が正しそうです。

街中で気になるスペーシアの「クセ」

そして最後は三島市内から一般道を走行し、東名高速の沼津ICから浜松西ICで往路のゴールである浜名湖を目指すセクションです。

せっかくなので伊豆随一のパワースポットと呼び名の高い三嶋大社に立ち寄ってみました。伶奈嬢はすっかりモデル気取りです。そんな三嶋大社周辺の狭い街中で発進・停止を繰り返しながら走っていると、先ほどの山道区間で口数の少なかった伶奈嬢があることに気づきました。

「スペーシアの方がグッと加速しますね。それは良いのですが、少しアクセルの踏み方が難しいです。ブレーキも止まる直前で急に効きが変わる気がします。もしかして私が下手なのでしょうか??私、こう見えても群馬出身で運転には自信があったんですけど・・・」(伶奈)

こう見えても群馬出身の意味がよくわかりませんが、よく気づきましたね。スペーシアは燃費を稼ぐために簡易型ですがハイブリッドシステムを搭載しています。発進・停止の前後はけっこう複雑な制御をしていることを隠しきれていません。たぶん慣れれば気にならなくなる程度ですが、スペーシアの方が少しクセがあるのは間違い無いでしょう。対するN-BOXはそこまで燃費スペシャルではないので発進・停止はとてもスムーズです。

N-BOXの自動運転支援装置には未来を感じる

高速道路ではN-BOXはホンダセンシングのACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を使用して、先進の自動運転が体感できます。ハンドルは握っていなければいけませんが、車線維持支援システムのLKASや路外逸脱抑制機能によってクルマを車線の中央を走行するように支援してくれます。いかがでしょう、初体験の伶奈さん。

「前のクルマに近づくと自動的にブレーキが掛かって、離れると加速するのは本当に未来な感じですね!!アクセルペダルから足を離しているとこんなにラクだということが実感できました。気を抜くわけでは無いですがLKASもあるので高速道路をクルーズ感覚で走れますね。あくまで人間がまだまだ主役ですが未来の自動運転の世界が垣間見えました」(伶奈)

衝突防止ブレーキの側面が強調される先進安全運転支援装置ですが、実はACCは高速道路での移動が多い人にはとても便利な装置なんです。

一方のスペーシアはACCはありませんが、パワーモードのおかげで追い越し加速などはスムーズに行えるのはやはり魅力でしょう。ただ高速道路での直進性はN-BOXのほうが良かったことは付記しておきます。スズキの軽自動車はワゴンRといいスペーシアといい、落ち着きのないステアリングセンターが伝統になっていますね。これは変えて欲しいです。

高速道路の第3セクション156.1kmの燃費はN-BOXが21.0km/L、スペーシアは22.0km/Lとその差は縮まりましたが、このステージもスペーシアの勝ちです。スズキの誇るマイルドハイブリッドシステムの燃費の実力はさすがと言わざるをえません。

N-BOXの安定感ある走り vs スペーシアのパワーと燃費の両立。決め手は・・・

そして東京から約250km、3つのセクションを経てたどり着いた浜名湖はちょっとした嵐でした。本来であれば浜名湖もかんざんじロープウエイやらフルーツパークやらフォトジェニックな場所がたくさんあるのですが、今回は嵐に負けて弁天島を背景に証拠写真(?)を撮って、浜名湖名物のウナギを食べながら3人で総括することになりました。

ちなみにこちらの「炭焼鰻 はじめ」さんは浜名湖のうなぎ養殖業者さんから紹介された地元で評判のお店です。高橋代表のおごりなので美味しく頂きましょう。

で、萩原さん。結論はいかがですか?

「パワーと燃費についてはスペーシアの実力はすごいです。少し制御に荒い部分がありますが王者・N-BOXより確実に優れています」(萩原)

なるほど。確かに絶対的にパワフルなのはスペーシアですね。ただ個人的にはN-BOXのエンジンとCVTの制御の良さに感動しました。

「N-BOXはどの速度域でも安定感の高い走りを披露しましたね。スペーシアは街乗りではN-BOXと同等の乗り心地を実現していますが、高速など速度域が高くなると柔らかめにセッティングされたリアのサスペンションの問題なのか、やや大きめの挙動となって表れるということがわかりました。足回りはステージ問わずN-BOXの圧勝でいいんじゃないでしょうか」(萩原)

筆者も同感です。N-BOXの足回りの懐の深さは別格の出来ですね。スペーシアが悪いんじゃ無いんです。N-BOXが良すぎるんです。

「そして雨は結構強く降っていたのにも関わらず、N-BOXのホンダセンシングは1度もキャンセルされることなく、高速道路での追従走行が行えました。この点はやはりカメラとミリ波レーダーという2つのデバイスを使用しているアドバンテージを感じました」(萩原)

ホンダセンシングを全車標準装備、しかもACCも付けたN-BOXはすごいですね。王者の余裕です。燃費はスペーシアに一歩譲るもののN-BOXだって決して悪いわけではありません。

ラパンを買った人がスペーシアを選ぶ?

では、この勝負N-BOXの王座防衛ということで・・・、あ、どうしたんですか伶奈さん。

「私、先ほど申し上げましたが群馬出身なんです。」(伶奈)

はい、それはさっき聞きました。からっ風よりも東京は冷たいですか?

「群馬では免許を取った女性の2人に1人はラパンを買うんです」(伶奈)

え、ラパン?スズキの?それは初耳。エビデンスはあるんですか?

「そんなものはありません。でも実感値はあります。ラパンの雑貨ぽいデザインは女子にすごい人気があるんですよ」(伶奈)

なるほど、どう思うハギさん?

「私は埼玉出身ですがわかる気がします。ラパンとかミラココアとか実家の近所ではよく見かけます。東京だとMINIがその役目だと思うのですが、東京以外はラパンなんでしょうね」(萩原)

「で、ラパンに乗っている女の子が結婚して子供ができると、選ぶのはN-BOXではなくてスペーシアだと思うんです。いかにもファミリー用なデザインのタントも女子受けはイマイチみたいですよ。雑貨みたいでクルマぽくないデザインがいいんですよ。」(伶奈)

ラパンをはじめ雑貨っぽい「かわいいクルマ」の記事はこちらから

でも家族で遠出するならN-BOXのほうがACCも付いているし足回りもいいし・・・。

「家族で旅行に出かけるときはダンナさんのミニバンやセダンで出かけるからいいんです。」(伶奈)

お〜、今日一番の説得力(笑)。

「内装だってスペーシアのほうが無印良品やフランフランみたいで女子受けすると思うんです」(伶奈)

きょう初めて内装の話になった気がしますが、N-BOXの内装の質感はスペーシアよりいいですよ。

「質感の話はしていません!かわいいかどうかです」(伶奈)

はい、すいません。

ちなみに実測したわけじゃないのでエビデンスは無いのですが、たぶんN-BOXの方がドアの内張が出ていてドアに厚みを感じます。それが結果的にコンパクトカーみたいな運転感覚につながっている部分もあるんじゃないかな。

スペーシアは室内の左右スペースを広げるためにドアの内装が薄くていかにも軽自動車だなと。あ、かわいいかどうかの話では無いですが、内装ついでに言ってみただけです。あとスペーシアにはフットレストがないのが致命的です。序盤から私がスペーシアに冷たかったのはこれが影響しています。ついでに言っておきますが。

「たぶんスペーシアとN-BOXって迷わないと思うんですよ。これだけスタイルや内装のテイストが違うと」(伶奈)

なるほど、250kmの実走テストの結果も霞む、実に破壊力のあるご意見ありがとうございます。いちおう走りはN-BOXが、燃費はスペーシアが良かったということで、それではまた次回お会いしましょう!

(取材協力)炭焼鰻「はじめ」http://www.unagi-hajime.com/

馬弓 良輔

この記事の執筆者

馬弓 良輔(まゆみ よしすけ)

旅行やクルマ雑誌の編集長を歴任し、2017年8月からカルモマガジン編集長を務める。クルマは見た目が5割、走り味が4割、あとの1割は「運命の出会い」というのが自身のクルマ選びのモットー。走り屋ではないが長距離ドライブを好み、最近の愛車はSUVを乗り継いでいる。が、しかし他にも隠し持っているクルマがあるとかないとか・・・。

「【東京ー浜名湖250km試乗テスト】「N-BOX vs スペ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

FP視点の「残価設定ローン」と「カーリース」の違い

【徹底レビュー】「日産キューブ」まるで雑貨のような個性派、そのスタイルから使い勝手まで

【試乗記】「日産ノート e-POWER」待望の4WDモデル追加で雪国の人にもモーターの走りを

【試乗記】「ホンダジェイド」背が低くスライドドアでもない「ミニバン」がマイナーチェンジ

【試乗記】「ホンダN-VAN」働く軽自動車の大本命は遊べるクルマか?

【徹底レビュー】「ホンダフリード」使いやすいサイズの3列ミニバン、その室内空間から使い勝手まで

【試乗記】「マツダCX-8」スマッシュヒットの3列SUVはミニバンを超えたのか?

【ライバル対決】「日産セレナvsホンダステップワゴンvsトヨタヴォクシー・ノア」 2Lクラスミニバンのハイブリッドはどれが買いか?

【徹底レビュー】「日産 デイズ」安全性向上で熟成の域に。その室内空間から走りまで

【徹底レビュー】「マツダ CX-5」クリーンディーゼルと高品質で人気。その使い勝手から走りまで

もっと見る

PAGETOP