話題のカーリースの口コミ・評判は?自動車リースの仕組みから注意点までを徹底検証!

話題のカーリースの口コミ・評判は?自動車リースの仕組みから注意点までを徹底検証!

近年、浸透してきた個人向けカーリース。新車をマイカーのように使用できる方法ではあるのですが、まだまだそのメリットが分からず、利用を躊躇してしまう方も多いようです。

そこで今回は、実際にカーリースを利用している方の声(口コミ)をご紹介するのとともに、カーリースのメリットや契約の際の注意事項などをご紹介します。

この記事のポイント
✔️カーリースとは、定額制で新車に乗れるサブスクリプションサービスのこと
✔️頭金なしで車に乗れるので、貯金のない人にも向いている
✔️途中解約や走行距離などの契約内容をしっかりチェックしよう

そもそもカーリースとは?

そもそもカーリースとは?

カーリースとは車の長期賃貸契約のこと

カーリースは、賃貸マンションの契約のように、利用契約を結んで、長期的に車を借りるサービスのこと。定額制でマイカーのように利用できることから、車のサブスクリプションサービスとも呼ばれています。

また、カーリースでは、契約者が指定した新車をリース会社が用意し、契約者は契約期間中に分割で車両の代金や金利を支払うシステムとなっていますそのため、リース会社が所有権を持ち、契約者は契約期間中の使用権を持ちます。

カーリースとレンタカーの違いをわかりやすく説明

カーリースとレンタカーの違いをわかりやすく説明

カーリースは「借りる」という特徴から、レンタカーと混同されることもあります。

レンタカーとの大きな違いは、レンタカーはすでにレンタカー会社が所有している車から選ぶということ。また、年単位ではなく1日単位や週単位、長くても月単位の短期契約というところなどが挙げられます。

また、カーリースでは一台の車を特定の契約者の為だけに用意し、契約期間中はその契約者のみが使用するのに対して、レンタカーでは一台の車を不特定多数が使用するといった違いも見受けられます。

新車が用意され、それを占有して使えるカーリースは新車購入を考えた際の選択肢の一つとして近年特に注目を集めています。

意外と古くから存在していたカーリース

近年よく耳にするようになったカーリースという言葉。その歴史は意外と古く、法人を中心に50年以上前から利用されているシステムです。個人向けのカーリースが登場してきたのは1990年代後半。それから約20年を経た現在、徐々に新しいマイカー購入の際の選択肢として定番化してきつつあります。

リースの仕組みを解説!

では、新車カーリースはどのような仕組みで成り立っているのでしょうか。

カーリース会社・契約者・ディーラーの関係

まず契約者は、自分の乗りたい車種を決定し、カーリース会社にそれを伝えます。カーリース会社がディーラーと直接交渉を行い、新車を購入します。その際新車の所有者はカーリース会社となり、車両登録や納税などの手続きはカーリース会社が行います

車両の使用者は契約者の名義となります。

同時に、カーリース会社と契約者との間でプランの決定がされます。カーリース会社によってメンテナンスをすべて含んだプランなど様々なプランがありますが、主になってくるのは契約年数と走行距離、残存価格の設定です。

残存価格って何?

 

残存価格とは、リース契約満了後の車の予想中古査定価格のことを指します契約期間分使用した後の車が、中古市場でどのくらいの価格になるのかの予測価格です。

この残存価格を決定する大きな要素が、走行距離になります。中古車市場では、その車がどれほどの走行距離なのかがその価値を大きく左右します。カーリースの契約で走行距離に制限が付くことが多いのはこのため。もちろん走行距離の他にも契約年数や自然摩耗なども考慮に入れて算出されます。

最終的に車両価格と保険や税金などの諸費用、そして金利からこの残存価格を差し引いたものがリース料金として設定される、という仕組みです。

カーリースの2つの契約方法

カーリース契約には、契約満了時に残存価格との差額清算を行う「オープンエンド契約」と、差額清算のない「クローズドエンド契約」があります。

契約終了時に差額清算をするオープンエンド契約

オープンエンド契約

オープンエンド契約の場合は契約時にあらかじめ残存価格を設定しますが、契約満了時に実際の車の査定額との差額を清算しなければなりません。

査定価格が残存価格より上回った場合、差額が契約者に支払われます。逆に査定額が残存価格を下回ったときには、契約者がカーリース会社に差額を支払うことになります。
月々の支払額を下げるために、残存価値を高く設定することもあるようですので、注意が必要です。

契約終了時に差額清算がないクローズドエンド契約

クローズドエンド契約

オープンエンド契約と同様に、車の残存価格の設定は行うものの、契約満了時の差額計算がない契約方式がクローズドエンド契約ですとはいえ、契約走行距離を超えて使用している場合や自然摩耗以上の損傷がある場合などは清算金が発生するケースもあります。

法人のカーリースの場合はこのクローズドエンド契約である場合がほとんどといってもいいでしょう。なお、個人向けカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」でも、クローズドエンド契約を採用しています。

契約が成立したら

契約が成立したら、ディーラーが自宅に車を納車するのを待つばかり。納車されたその日からマイカーとして自由に使用できます

後は月々の料金を支払いつつ、契約した走行距離に気をつけながら契約満了日まで思う存分愛車とのカーライフを満喫してください。

新車カーリースの良い口コミ・評判

新車カーリースの良い口コミ・評判

それでは、実際に定額カルモくんの利用者の方々から集めたアンケートをもとに、カーリースの口コミをご紹介します。まずは良い口コミです。

手軽な料金で新車に乗れる

  • 月々の手軽な料金で憧れの新車に乗れて良かった
  • 選べる新車種類も豊富、マイカーと変わりなく使用できるのが良い

やはり頭金などがなくとも自分専用の新車が手に入るのはとても大きな満足度に繋がっているようです

それでなくとも車は大きな買い物ですよね。いざ購入するとなると家族間での話し合いはもちろん、これからの家計のシミュレーションや頭金の調達などかなり大事になってしまうことは必至といえるでしょう。

頭金の関係で欲しかった車種をあきらめなければならないことも出てくるかもしれません。でもカーリースを利用すれば、手軽な料金で購入では難しかった憧れの新車にも乗れてしまうかもしれません

これは車好きにとってはたまらなく嬉しいポイントであることは間違いないでしょう。

手続きが簡単で楽

  • 保険類の手続きも全部行ってくれて楽だった
  • 以前新車を購入した時に比べたら格段に手続きが簡単で利用しやすい

手続きの手軽さも新車カーリースを特徴づける大きなポイントとなっているよう。煩わしい書類のやり取りがないのはやはり負担がかなり減ると歓迎されている様子が窺えますね。

法律が関係する手続きはそれだけで疲労してしまうもの。特に新車購入の経験がある方はその面倒さが身に染みているようで、この手続きの楽さに大きな魅力を感じるという多数見られました。

次に、少し残念だったという口コミ・評判を見てみましょう。

新車カーリースの残念な口コミ・評判

新車カーリースの残念な口コミ・評判

走行距離を超過してしまった

  • 気付いたら走行距離が超えてしまっていて追加料金を取られてしまった
  • 遠出を頻繁にしていたら知らず知らずの内にかなりの走行距離になっていた

気を付けてはいるつもりではいても、いつの間にか契約時に決めた走行距離を超過してしまって余分に料金を取られてしまった……という声が複数ありました。

特に新車が手に入ったばかりの頃は嬉しくて頻繁に乗り回したり遠出したりすることも多くなりがちです。そのうちいつの間にか走行距離を越してしまっていた、というパターンが多く見られるようでした。最初の契約時に使用方法をよく考え、無理のない走行距離に設定しておくことが大切なのではないでしょうか。

なお、定額カルモくんでは、月々の平均走行距離制限を最大1,500kmに定めています。1ヵ月1,500kmという距離は、日常生活での利用においては十分な数値のため、安心してご利用いただけます。

契約満了時に差額が発生した

契約満了時に差額が発生した

  • 契約満了時に残存価格との差額を払うことになって支出が痛かった
  • 査定価格が持ったより低かった

また、過剰に神経質になる必要はありませんができるだけ丁寧にきれいに車を使用することもカーリースにおいては大きなポイントとなってくるでしょう。契約満了時の査定価格は車の状態に大きく左右されます。もちろんそれ以外にもその時の中古車市場での相場価格がありますので、運によって価格が決まるという面があることも否めません。

価格相場に関してはどうすることもできないので、せめて車の状態は出来るだけいい状態にしておくことが少しでも査定価格を上げるために必要な対策です。それでも相場価格によっては差額が発生して支払いが生じることもあるので、ある程度は差額の発生についても覚悟しておくほうが安心といえるでしょう。

残念な事態を防ぐために

またこれらの口コミで挙げられていることは、カーリースの仕組みをきちんと理解していれば防げることともいえます。

必要以上に残念な思いをしないためにも、カーリースの仕組みや契約の流れをしっかりと把握したで、契約の際にどんなことに注意すべきかを今一度復習しておきましょう。

実際に集まった口コミを細かく紹介します

【カーリースの口コミまとめ】なぜカーリースがいいのか利用者に聞いてみた!

カルモマガジン編集部では、カーリース利用者を対象に実際にご自宅に伺ったり、電話取材をしたりして、口コミを集めています。

ここまではカーリースの口コミでよく聞かれるものをポジティブな意見とネガティブな意見に分けてご紹介してきましたが、カーリースの口コミについて、利用者別に細かくご覧になりたいということであれば、こちらをご覧ください。

新車リースのメリット

新車リースには、以下のように多くのメリットがあります。

これらのメリットについて詳しく見ていきましょう。

まとまった資金が不要

まとまった資金が不要

新車を購入するとなると、一括で支払いかもしくはオートローンを利用することになるかと思います。銀行ローンやディーラーローンは便利ではあるものの、大抵の場合は返済期間が3〜5年程度と比較的短いため、月々の返済額はどうしても高めになりがちです。また、全額分のローンがおりないことも多く、頭金などのまとまったお金は多くの場合必要となります。

そのため乗りたい車種があっても諦めて比較的お手軽な車種に変更したり、グレードのランクを落としたりすることもある、という声もよく聞きます。

これに対し、新車カーリースならば月々の使用料の他には一切初期費用などは不要、諦めていた憧れの車にも手が届きます。

加えて、2018年に発表された新しいカーリースサービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」の場合は、最大11年までの契約プランがあるため、オートローンに比べて月額料金をかなり引き下げることができます

もちろん全ての新車を揃えていますし、好きなボディカラーやナビ、先進安全機能などのオプションも選べるので、マイカーを購入するのと何ら変わりなく自分の好みの車が使用できるという点が大きなメリットといえるでしょう。

非常に魅力的なおトクにマイカー 定額カルモくんをもっと知りたい方は、以下から確認出来ますのでチェックしてみて下さい。

一本化用定額カルモくん

煩わしい諸手続がない

煩わしい諸手続がない

新車カーリースでは契約者の為に新車が用意されますが、その手配をするのはカーリース会社、所有者もカーリース会社になるというのは先に述べた通り。新車を購入する時は登録手続きや保険、税金などでこまごまとした手続きが必要となりますが、それらはすべて所有者であるカーリース会社が行ってくれます

何度もディーラーに足を運んだり、必要書類をそろえたりする手間が非常に少ないため、精神的にも非常に楽といえるのではないでしょうか。

家計を管理しやすい

家計を管理しやすい

車購入の場合、ローンを組んでいたとしても各種税金の支払いは全く別に契約者が行う必要があります。これに対し、カーリースの場合は契約期間中の税金支払いは原則としてリース会社が担います

ずっと月々一定の金額を支払っていけばいいのですから、家計の管理は非常に楽。毎月の出費が読みやすくなり、車に関する予定外の出費が生じにくいと考えていいでしょう

カーリース会社や契約プランの内容によっては消耗品を含む全てのメンテナンス費用が含まれている場合もあるので、そういう場合はさらに安心ですね。

車は多くの場合、5年以上の長いスパンで使うものですから、その間に家族が増えたり、子供が成長して学費がかかるようになったりと、生活スタイルの変化や突然の出費が必要になることも多くあると思います。そんな時でも車が家計の負担にならず、常に一定の支払いであるということもカーリースのメリットといってもいいでしょう。

好きな新車が選べる

新車が買える

個人向けカーリースでは、新車を自由に契約者が選ぶことができます。これはカーリースの大きな魅力。車の所有者はカーリース会社になるということはレンタカーのように一定の決まった車種しか利用できないのでは……という声をよく聞きますが、そのような心配は無用です。

契約者は自分の好きな車種、グレード、もちろんボディカラーなども指定できますまたカーリースだと初期費用は必要なく月々の使用金額の支払いだけでOK。

まとまった自己資金がなくても手軽に新車が利用できます。なので購入は少し難しいと考えていた憧れの車にも手が届くかもしれません。

新車カーリースのデメリット

新車リースには、以下のようなデメリットがあります。

これらのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

走行距離に制限がある

走行距離に制限がある

契約の価格設定の鍵となる残存価格は走行距離によって決まるといっても過言ではありません。走行距離を短く設定すれば契約満了後の車両の価値は上がり、残存価格は高く設定され月々の使用量は安く抑えられることになります。

しかし実際の使用方法に見合った走行距離の設定になっていない場合、結局契約している走行距離を超過してしまい、最終的に追加料金を払わなくてはならなくなってしまうことにもなりかねません

カーリースを利用する際には、走行距離が事前に決められていることがネックとなる場合もあり得るということは覚えておくべきでしょう。最初の契約時に車の使用シーンをよく考えて走行距離を設定することが大切です。

支払総額が新車購入よりも高額になる

カーリースの設定料金には車両価格や税金、保険料などの他にリース会社への金利が上乗せされていますそしてごく一般的な車のローン(オートローン)の金利に対してカーリースの金利は高い設定となっていることがほとんどのようです。

その理由としてはリース会社が税金や保険、車両の管理などを手掛けているという面から、手数料のような意味合いも含まれていると考えられます。

支払総額の安い順でいえば、現金一括購入が一番安く、オートローンを使用しての購入や新車カーリースはどうしても高くなってしまいます支払総額の安さに徹底してこだわるのならば、カーリースの支払総額の高さはデメリットといえるでしょう。

ただ、カーリースは大きな初期費用の用意なしでも月々のお手軽な使用料で利用できることが最大の魅力。また面倒な手続きなども代行してくれることを考えれば、支払総額の差はそれほど気にならないかもしれませんね。

カスタマイズがしにくい

カスタマイズがしにくい

厳密にいえばカスタマイズが全くできない、というわけではありませんがカスタマイズを施した場合、契約満了時の返却の際に現状回復が求められます。車の基本構造にかかわるようなチューンナップやカスタマイズはできないと考えたほうが無難でしょう。

もちろんタイヤをスタッドレスに変更するなど、使用環境や実用面を考えてのカスタマイズもあり得ると思いますが、それらも返却時にはすべて元に戻す必要があります。

自分の好きな新車が使用でき、まるでマイカーのように使用できる新車カーリースですが、使用者は契約者であっても車の所有者はあくまでもカーリース会社です。

所有権が自分にある、購入したマイカーのようには自由にカスタマイズが施せないことがデメリットとして挙げられるでしょう。最も、カスタマイズに興味がない方には問題ないですね。

こんな人に新車カーリースが向いている!

面倒な手続きは避けたい

面倒な手続きは避けたい

車の購入には面倒な手続きがつきものです。

印鑑登録をしたり、印鑑証明などの必要書類をそろえる為に市役所などに出向かなければならなかったり、何度もディーラーに足を運ばなければならなかったりと、時間と手間、費用もかかります。忙しい毎日を送っていると、この手間が心身ともにそれなりの負担になることは想像に難くないでしょう。

カーリースなら、こういった一連の手続きはリース会社が行ってくれるのであまり手間がかかりません

また購入の際に繰り広げられるディーラーとの値段交渉が苦手という方多いようですが、それも全てリース会社が代行。契約者は好きな車を選んでおくだけでOK、ディーラーに足を運ぶ必要もないという手軽さが面倒な手続きを嫌う方にはぴったりなのではないでしょうか。

現在まとまった資金が手元にない

カーリースならばプランにもよりますが頭金などの大きな資金必要なく、好きな新車をマイカーのように自由に使用することが可能です。

例えば、おトクにマイカー 定額カルモくんでは頭金なし、ボーナス払いなしの費用設計で月々の定額支払いのみでカーリースが始められます。また、上述したように9年間での契約プランもあるため、月額料金はディーラーのオートローンや銀行ローンに比べて非常に安くなっています

初期費用が用意できなくても気に入った新車に乗れるので、まとまった資金が無いけれども新車にこだわる、という方にはカーリースはもってこいの方法といえるでしょう。

あまり遠出をせず、走行距離が短い

あまり遠出をせず、走行距離が短い

カーリースでは、契約時にあらかじめ走行距離が設定されることがほとんどなのは前途の通り。休日ごとに遠出してアウトドアを楽しむ、連休にはドライブ旅行……。そういったカーライフを満喫するには走行距離に制限があるカーリースはちょっと辛いかもしれません。

逆に車は日常生活の必需品としての存在、近隣への買い物や遠距離でない通勤用としての利用を前提として考えているのであれば月々の手軽な料金のみで新車が利用できるカーリースはおすすめです

契約の際の注意点

契約の際の注意点

契約プランの確認

各カーリース会社は様々なプランを用意しています。

メンテナンス料金も全て含まれたプランなのか、それとも保険車両価格と税金、保険だけなのかなど自分の契約プランがどのタイプなのか、そしてその契約内容までしっかりと把握しておくことが大切です

契約期間、走行距離

何年契約か、また走行距離は何㎞までなのかも確認しておきましょう。走行距離を超過した場合に必要になる料金も把握しておけばより安心です。

途中解約

途中解約

基本的にカーリースは途中解約が認められていない場合がほとんどですが、廃車になるような事故を起こした場合や何らかの理由で契約が維持できない事態になることもあり得ます。

そういった場合には違約金、もしくは解約金などが必要になるケースも多いので万一に備えて確認しておくといいでしょう

契約満了時

契約満了時にどのような手続きが必要か、その後どうすることが可能かをあらかじめ確認しておきましょう。リース契約を延長する、車を乗り換えて再契約する、残存価格を清算して車を返却するなどの方法が考えられます

また、契約内容によっては使用した車を買い取ることができる場合もあります。

契約満了の時期が近付いてきたら今後のプランを検討しなければなりません。契約時にしっかりと確認しておくことで契約満了時にスムーズに次の手続きに進むことができます。

終わりに

終わりに

新車カーリースについて、様々なメリットや注意すべき点が見えてきたのではないでしょうか。

手軽に利用できて近年注目を集めているカーリース。しっかりとその仕組みを理解して、これまでとは違った新しいカーライフを始めてみてはいかがでしょうか。

おトクにマイカー 定額カルモくんの詳細が気になる方は以下からアクセスしてみましょう。

詳しくはこちら

 

よくある質問

Q.カーリースで満足した人の口コミはどんな感じ?

A.「頭金なし、月額料金だけで車を利用できるのは便利」。「車検点検料や税金も月額料金に入っていて、急な出費がなくて助かる」。「メンテ費用も込みなので、車の維持費が減った」などです。※詳しくは本文をご確認ください。

Q.カーリースで不満だった人の口コミはどんな感じ?

「走行距離に制限があった。気付いたら制限を超えていて追加料金を払った」。「借りている車なので、カスタマイズができない」などです。※カーリース会社によっては、このような事態を避けることができます。

Q.評判の良いカーリース会社はどこ?

A.CMなどで評判という点では「カーコンビニ倶楽部」や「おトクにマイカー 定額カルモくん」が挙げられます。特に「定額カルモくん」は、業界初の11年リースを設けているので、無理のない月額料金の設定ができます。全国30,000店のメンテナンス店と提携を結んでいるので、近くの工場やガソリンスタンドでメンテナンスが可能です。

Q.カーリースって、どうして評判になっているの?

A.昔は「車は買って乗るもの」という意識が強い傾向がありました。しかし、近年、あらゆるものがサブスクリプション化しており、車も「使う分だけ、借りて乗るもの」というスタイルが確立されてきました。そういった時代の変化によるものです。

Q.カーリースと購入ならどっちが良さそう?

A.人によって違います。「面倒な手続きを避けたい」「手元にまとまった資金がない」という人はカーリースが向いているといえます。逆に、現金一括で支払う資金のある人は、購入が向いているといえます。

※記事の内容は2018年7月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr