カーリースのしくみや料金シミュレーション、人気のリース会社を紹介

個人カーリースの仕組みや料金シミュレーション、人気のリース会社を紹介
貯金ゼロでも

最近よく耳にするようになったカーリース。しかし、まだそのしくみやメリットなどを知らないという方も多いのではないでしょうか。
新車購入の際「多額の頭金が必要となり気軽に車を買えない」というのが、多くの方の悩みの種でしたが、カーリースを利用すれば無理なく新車に乗れるのです。

ここでは、個人カーリースのしくみや人気のリース会社、実際に利用した場合の料金シミュレーションをご紹介します。

カーリースのしくみとは

まずはカーリースのしくみについて理解しておきましょう。カーリースは簡単にいえば、カーリース契約者専用の新車が用意され、月々一定の使用料金を払ってマイカーのように契約者が使用するといったシステムです。

所有者はリース会社、使用者は契約者

定額カルモくんの仕組み

新車を用意するのは契約者ではなくリース会社。リース会社がディーラーと交渉し、購入した新車を契約者が使用するというしくみです。

購入代金を支払うのはリース会社なので、車の所有者はリース会社、使用者は契約者という状態です。

オートローンと何が違うのか?

現在新車を購入する際に一般的なのがオートローンではないでしょうか。オートローン(カーローン)とは、ある程度の頭金を用意し、残った金額を場合によってはボーナス払いなども併用しながら分割で支払っていく方法です。

オートローンの場合はローン完済後にその車の所有権がローン会社から購入者に移ります。しかし、基本的にリースの場合は、契約満了後も所有者はリース会社のままで変更はありません。ここに大きな違いが見受けられます。

カーリースには残存価格設定がある

月々支払

毎月一定の料金を支払うことはカーリースでもオートローンでも変わりはありませんが、価格設定に違いがあるのは何故でしょうか。

それは、オートローンの場合は車両価格にローンの金利を乗せたもので計算されていて、一方、カーリースでは、車の購入代金から契約期間満了後の車の価値(残存価格)を引いた価格と税金や保険料、そしてリース会社の金利を乗せた価格で月々の料金が計算されているというわけです。

従って、カーリースでは月々の支払額をより抑えた料金感を実現することができるしくみになっています。また、契約によっては契約満了時に残存価格を支払って車をそのまま買い取ることや、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のように車種や契約年数によってはそのまま車をもらえるという例もあります。

まずは審査_キャプションあり

カーリースのメリット

カーリースのメリット

それでは、ここから詳しく、カーリースのメリットデメリットをご紹介していきます。まずはメリットです。

わずかな資金で新車に乗れる

新車の購入の際、通常はまとまった資金が必要です。希望する車のランクが高ければ高いほどそれだけ初期費用も高額になってしまいます。それゆえに新車購入時の経済的負担はかなりのものになってしまっていました。

そんな初期費用の高さがハードルとなって、乗りたい車を自由に選べないという経験がある方もいるのではないでしょうか。

月額定額

カーリースなら高額な初期費用は一切無料。おトクにマイカー 定額カルモくんでも頭金は0円、ボーナス時の加算も0円、税金などの様々な法定費用が月額料金にコミコミという料金設計で、多くの方に喜ばれています。

月々のお手軽な料金の支払いのみで新車に乗れる、カーリース最大のメリットがこの点だといえるでしょう。

多くの車種から好きな新車を選べる

リースという言葉から借り物というイメージが先行してしまい、レンタカーのように、すでにリース会社が所有している車の中から選ばなければならないと思っている方も多いようです。

カーリースは契約者の好みの新車が契約者の為だけに用意されます。やはり、誰も使用していない新車というものはだれしも嬉しいものです。その上、多くのリース会社は国内メーカーのほとんどの車種を扱っているので、豊富な車種から選べます。

もちろん定額カルモくんも国内メーカーの全車種、全グレードに対応しています。最新技術を導入したプラグインハイブリッド車でも、近年人気のコンパクトSUVでも、レクサスのような高級車でもお好みのまま選べます。もちろん、正規ディーラーの保証付きのものを用意するので安心です。

カーリースなら、今までは手が届かないとあきらめていた車に乗ることができるのです。まとまった資金の用意なく憧れの車に乗れる。そんな夢を実現してくれるのがカーリースといってもいいでしょう。

面倒なディーラーとのやり取りが不要

新車購入の際には何度もディーラーに足を運ばなければなりません。試乗などは楽しいですが、値段の交渉、購入を決定してからの書類のやり取りなどは面倒です。

定額カルモくんでは、ウェブ上で車選びから手続きまでが可能となっています。ウェブとはいえ料金もしっかりとシミュレーションできるので、納得のいくまで十分に検討することができます。

わからないことがあるときは、メールやフリーダイヤル、LINEでの無料相談も受け付けているので、何でも気軽に質問してみるのがいいでしょう。

仕事などで忙しい合間にディーラーに出向く時間を作るのは大変です。カーリースは時間を有効に活用でき、自宅にいながら簡単に申し込めます。これもまた、カーリースのメリットのひとつといえます。

ほかにも、リース会社によって色々なメリットがあります。定額カルモくんのメリットは、ぜひ、以下から確認してみてください。

詳しくはこちら

カーリースのデメリット

カーリースのデメリット

それでは、次にカーリースのデメリットを確認していきましょう。

カスタマイズには向きません

カーリースで使用している車は、契約満了後にリース会社に返却することが前提になっています。

ですから、カーリースで使用する車は基本的にカスタマイズできません。仮に行ったとしても、原状回復しての返却が基本となっています。ちょっとしたカスタマイズは行えても、原状に戻すことが難しいようなカスタマイズを行いたい場合はカーリースは避けたほうが無難であることは間違いないでしょう。

走行距離に要注意

カーリースでは契約時にあらかじめ走行距離が設定されます。定額カルモくんの場合は1ヵ月平均1,500㎞となっています。

また、プランによっては走行距離が選べるようになっている会社もあり、500㎞~2,000㎞のあいだで設定されていることが多い傾向にあるようです。

なぜ走行距離が決められるのか。実はこの走行距離の設定は残存価格に大きく関わっています。契約満了後の車を査定に出した場合、その車の走行距離が車の価値を決めるといっても過言ではありません。

ですから、リース契約の際、月の走行距離の設定が短いとリース料金は安くなりますが、あまり遠出を繰り返すなどは難しくなってしまうでしょう。また、常に走行距離を気にする使い方になってしまい、思う存分カーライフが楽しめないという事態にもなりかねません。

目先の価格設定にとらわれず、生活スタイルに合った走行距離を設定することが大切だといえるのではないでしょうか。

支払総額を大事にする場合、購入には劣る

支払総額を最も安くしたいという場合にはローンやリースなどではなく、金利が発生しない現金一括で新車を購入したほうが良いです。

カーリースの値段は、残存価格を引いた車両代金、登録料や自動車重量税、自賠責保険などの値段にカーリースの金利がプラスされた価格設定になっています。しかし、カーリースには面倒な手続きを代行してくれたり、頭金がいらなかったりというメリットも多くあります。

急な出費を抑えたい、手軽に新車を手に入れたいという場合は、支払総額が割高になるというデメリットを補って余りあるといえるのではないでしょうか。

法人向けとして利用されてきたリース

法人向けとして利用されてきたリース

カーリースの歴史

カーリースはもともと法人向けのサービスとして提供が始まったといわれています。日本にカーリースが登場したのは1963年

この年は手塚治虫の「鉄腕アトム」の放映が開始されたり、「日清焼きそば」が発売された年です。日本は高度成長期の真っ只中、東京オリンピック開催の前年ということもあり特需に沸いていた時期でもありました。

そんな中、成長していく企業を支えつつ、法人を中心に利用されてきたカーリースそのものも時代の流れとともに成長していき、1990年代後半からは個人向けのカーリースも登場し、今日に至っています。

個人向けカーリースの登場から約20年、ようやく多くの人にも浸透してきたのではないでしょうか。

法人向けカーリースの利点

今では企業の社用車のほとんどはカーリースであるといっても過言ではないほど、法人向けのカーリースは浸透しています。それは新車を購入するよりもカーリースを利用した場合のほうが明らかにメリットが大きいからです。

企業が車を購入すると、その企業が所有者となり固定資産に計上されてしまいますが、カーリースだとリース会社が所有者になり、固定資産には計上されません。

リース料金には車両価格の他にも自動車税(種別割)、重量税などの税金も含まれています。また、法人対象のカーリースでは車検や様々なメンテナンスもすべて含んだプランが利用されることが多く、そうなると車両価格・税金類・整備費用・消耗品類なども全て経費で計上できることになります。

これが企業にとってはかなりの節税効果が望める大きなメリットといえるでしょう。また、車の管理も一括して行えるので管理が楽になる他、担当者の車に関する手続きなども少なくなり業務の効率化が図れるという利点も考えられます。

一本化 法人

カーリースはどれくらい料金がかかる?

カーリースはどれくらい料金がかかる?

実際にカーリースはどれほどの料金がかかるのか紹介します。

ここでは、おトクにマイカー 定額カルモくんで人気の5車種で契約年数ごとに比較シミュレーションをしてみました。

おトクにマイカー 定額カルモくんの上位人気5車種の料金をシミュレーション

 12ヶ月(1年)36ヶ月(3年)60ヶ月(5年)84ヶ月(7年)108ヶ月(9年)
ホンダ N-BOX
2WD 5ドア G・Honda SENSING 4人 660cc ガソリン DCVT
69,228円/月33,156円/月25,920円/月23,220円/月20,412円/月
ダイハツ ミライース
2WD 5ドア B 4人 660cc ガソリン DCVT
55,620円/月24,948円/月19,440円/月16,092円/月13,932円/月
日産 デイズ
2WD 5ドア J 4人 660cc ガソリン DCVT
76,572円/月33,912円/月25,164円/月20,736円/月17,820円/月
ダイハツ ムーヴ
2WD 5ドア L 4人 660cc ガソリン DCVT
67,932円/月30,780円/月23,328円/月19,980円/月17,172円/月
ホンダ N-WGN
2WD 5ドア G 4人 660cc ガソリン DCVT
63,828円/月30,024円/月23,112円/月20,736円/月17,712円/月

 

この表はおトクにマイカー 定額カルモくんでそれぞれの車種を契約期間別にシミュレーションしたものです。

定額カルモくんでのNo.1の人気を誇るのはホンダの「N-BOX」。ホンダの誇る先進安全技術「Honda SENSING」を全車種に標準装備し、軽自動車とは思えないほどのハイスペックな先進技術で運転を支援し、より安全性を高めています。

それにしても上位5位が全て軽自動車を占めているとは驚きです。カーリースでは軽自動車が圧倒的人気を誇るといってもよさそうです。

気になる料金は?

契約期間が長くなればなるほど料金がお手軽になっていくのは当然ですが、1年と3年の間で大きな差が生まれるようです。どの車種においても3年契約では月々の料金が1年契約の半額以下に設定されています。

短期契約でいろいろな車に乗り換えたい、という目的でカーリースを利用する方もいると思いますが、やはり3年程度は同じ車に乗っていたほうがお得に使用できるといえるのではないでしょうか。

もちろん、月々の支払額を最小に抑えたいのであれば最長契約である11年に設定すると車種によっては1万円台で使用できます。2位のダイハツ・ミライースに至っては一万円台前半というお手軽さです。

この低価格で新車に乗れるというのは非常に魅力的ではないでしょうか。

車検について

車検について

車検は誰が行うのか?

カーリースで使用している車の車検は、リース会社と契約者、果たしてどちらが行うことになるのでしょうか。

答えは、契約者です。カーリースで使用している車は契約者自身で車検を行わなければなりません。車検の時期が近くなれば、リース会社から車検の案内などが届くようになっているので、期限に余裕を持って忘れずに行うようにしましょう。

車検の費用はどうなるの?

カーリースでの車検の費用はプランによって異なります。メンテナンスもすべて込みといったメンテナンス付きのプランを選択していれば、車検基本料は含まれているというものもありますが、当然その分、月々の支払料は高くなります。

また、その場合でも部品の交換などで費用が生じた場合は実費を契約者が負担することになります。(リース会社によっては契約特典でクーポンなどを発行しカバーしている場合もあります)

定額カルモくんではメンテナンスなどを含んでいない契約の場合、車検の検査費用、そして検査の結果生じた部品や消耗品の実費が必要になります。

以上を踏まえ、人気のおすすめカーリース会社をご紹介

おトクにマイカー 定額カルモくん

カルモくん_new

わかりやすい税金コミの料金体系、シンプルなプラン設計がカーリース初心者にも利用しやすいと評判の定額カルモくん。

国内メーカーの全車種、全グレードから好きな新車が選べ、もちろん正規ディーラーの保証もついた新車を用意します。また、業界初の11年契約も魅力的(2019年9月定額カルモくん調べ)。

さらに、車種と契約期間の条件が揃えば、月額500円(税込)で契約満期には車がそのまま貰える「乗り放題オプション」も人気の理由です。

定額カルモくんは、オンラインをメインとしたサービススタイルでさまざまなコストを抑えて低料金を実現しており、金銭面を重視する方には大変おすすめのカーリースとなっています。

サイトの車種紹介もかなり詳細にわたり、ディーラーのカタログが必要ないほどの情報量。車種についてはもちろん、カーリースのしくみや契約についてなどわからないことがあればフリーダイヤルやメール、LINEで質問できるので安心です。

定額カルモくんの詳細をもっと知りたいという方は以下から確認してください。

キャンペーン

住友三井オートサービス

住友三井オートサービス出典元:https://www.smauto.co.jp/

独自のユニークなプラン設定が人気の住友三井オートサービス。

車検基本料やメンテナンス料も含まれ、契約期間の5年経過後には残価を支払えば使用車両の買取ができるCarsma5、同じく車検基本料、メンテナンス費用込みで7年の契約期間終了後には車が自分のものになるCarsma7。この2つのプランでは利用できる車種が限定されます。

また契約期間が3年、4年、5年から選べ、メンテナンス無しや一部のメンテナンスだけついたプランなど幅広く自分好みにプランをカスタマイズでき、契約満了時も契約延長や乗り換え、返却、残価支払いでの買取が選べる自由度の高いCarsmaCというプランもあります。このプランは国内全メーカー全車種が選択可能。

カーリースでお手軽に新車に乗りたいけれど最終的には自分の車にしたい方、短期契約でいろいろな車に乗り換えたい方など様々なニーズに応える充実したプランが魅力です。

コスモMyカーリース

コスモスマートビークル出典元:https://www.cosmo-mycar.com/

コスモ石油が手掛けているコスモMyカーリースは、3つのメンテナンスパックを用意していること、そしてそのパックのランクに合わせてガソリンの値引きがあることが大きな特徴。

一番充実したメンテナンスプランのゴールドパックでは、契約期間中ガソリン1ℓにつき5円の値引きが受けられます。車検費用や定期点検、オイル交換などもすべて含まれている上にガソリン代がずっとお得なので、このプランは大変人気があるようです。

メンテナンスなしのプランでもガソリン1ℓにつき1円の割引が受けられます。これはコスモ石油が手掛けているカーリースならではのサービスといえるでしょう。

契約、審査について

契約、審査について

ここではカーリースの契約から審査への流れをご紹介します。

まずは車を決める

数多くある車種から好きな車を選びましょう。目的の車種があればそれでOKですし、まだ車種が決まっていないという場合はボディタイプや価格帯、メーカーなどから条件に合ったものを探してみましょう。ボディカラーやグレード、オプションなども選びます。

契約期間、プランを決定する

カーリース会社によっては複数のプランが用意されていることも少なくないので、自分のニーズに合ったプラン、そして契約年数を選びます。通常、カーリース会社のサイトでは見積もりや価格シミュレーションができるようになっているので料金を確認します。

もし、この時点で疑問点などがあればカーリース会社に確認し解決するのがよいでしょう。

申し込み、審査

契約の詳細、価格に納得できれば、申し込みに進みます。カーリース契約を結ぶ際には審査があることが一般的ですので、契約に際して審査が行われます。

審査では収入や信用情報などを総合的に判断し、場合によっては連帯保証人が必要となることもあるようです。

そして無事、審査に通過すれば契約成立です。必要書類のキットが郵送で自宅に届くので、記入、捺印して返送します。あとはカーリース会社が新車を購入し、ディーラーからの納車があるのを待つのみです。

終わりに

ここまで、カーリースの料金や人気のおすすめカーリース会社を紹介しました。これで少しカーリースが身近なものに思えてきたのではないでしょうか。

これからの時代、個人でもカーリースがどんどん一般的になってくることと思います。オートローンに並んでカーリースが新車購入の際に検討する選択肢となることもそう遠いことではないでしょう。

カーリースを利用して、もっと気軽に自由なスタイルのカーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:個人カーリースの仕組みが知りたい

A:個人カーリースでは契約者の選んだ車をリース会社が購入し、契約者は月々一定の使用料金を払ってその車を長期間リースするシステムです。車の所有者はリース会社、使用者は契約者になります。カーリースでは頭金や初期費用などは不要、月々の定額料金だけの支払いで好きな新車に乗れることや、面倒な手続きはリース会社が行ってくれるなどのメリットがあります。

Q2:カーリースの料金はどのように決まる?

A:カーリースでは事前に契約満了時の車の価格である「残価」が設定され、車両代金から残価を引いた価格に、車に関する税金や自賠責保険料などを乗せた金額を契約月数で割って月額料金を算出しています。残価を設定することによってカーリースではお手軽な月額料金を実現しており、おトクにマイカー 定額カルモくんでは人気の軽自動車やコンパクトカーなど月額1万円台の車も豊富に用意しています。

Q3:人気のリース会社って?

A:メンテナンスパックのランクに合わせてガソリン割引があるコスモスマートビークルや、プランの自由度が高くさまざまなニーズに対応する住友三井オートサービス、実店舗を持たないことでお手軽な料金を実現し、車がそのままもらえるオプションなどもあるおトクにマイカー 定額カルモくんなどがあります。

※記事の内容は2018年7月時点の情報で執筆しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー