ホンダN-BOXの安全性能は?自動ブレーキからHonda SENSINGの実力を徹底調査!

ホンダN-BOXの安全性能は?

N-BOXはホンダの先進安全技術「Honda SENSING」が全車に標準装備された初の軽自動車。Honda SENSINGの安全性能について徹底調査!自動車の安全コンセプトである「サポカー/サポカーS」についての解説も。

近年の車の安全技術の進化は、目を見張るものがあります。自動ブレーキ機能を筆頭に、車線維持機能や自動調節機能のあるヘッドライトなど、さまざまな機能が登場しています。

ホンダの看板車種でもある軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」も、2017年のフルモデルチェンジで全グレードにホンダの先進安全技術「Honda SENSING」が標準装備されました。これは、ホンダの軽自動車では初となります。

ここでは、Honda SENSINGをはじめ、N-BOXに搭載された安全性能についてご紹介します。

一本化用N-BOX

N-BOXはサポカーSワイドに該当

車の購入を考えている方の中には、「サポカー」や「サポカーS」という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。これは、自動ブレーキ機能や誤発進抑制装置などの安全運転支援システムを搭載する自動車の愛称で、国土交通省や経済産業省が交通事故防止計画の一環として推奨している自動車の安全コンセプトです。

大きく分けると「セーフティ・サポートカー(サポカー)」もしくは「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の2種類があり、2017年から使用されています。

現在、各自動車メーカーは、独自の安全機能を競って開発しています。N-BOXに搭載されているHonda SENSINGやスバルのEyesight、ダイハツのスマートアシストなどがそうですが、メーカーによって機能の呼び方がバラバラで、購入者には比較しにくい面もありました。

そこで、官民連携で認定基準を作り、わかりやすく区分したものがサポカー、サポカーSです。

サポカーは自動ブレーキを装備したすべての車が対象です。サポカーSは、搭載される機能によって、サポカーSベーシック、サポカーSベーシック+、サポカーSワイドの3種類に分けられます。

サポカー全ての自動ブレーキ搭載車
サポカーSベーシック
・低速(30㎞/h以下)自動ブレーキ(対車両)
・ペダル踏み間違い時加速抑制装置
サポカーSベーシック+・自動ブレーキ(対車両)
・ペダル踏み間違い時加速抑制装置
サポカーSワイド・自動ブレーキ(対歩行者、対車両)
・ペダル踏み間違い時加速抑制装置
・車線逸脱警報(車線維持支援装置でも可)
・先進ライト

 

今回ご紹介するN-BOXは、最高評価のサポカーSワイドに該当する先進安全機能を備えています。ここからは、N-BOXに搭載されている安全機能を詳しく見ていきましょう。

N-BOXの安全機能

N-BOXの安全機能

N-BOXには、先進安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備されています。単眼カメラとミリ波レーダーを使用して常に周囲の状況を検知し、ドライバーをサポートするHonda SENSINGのおもな機能をご紹介します。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)

衝突軽減ブレーキ(CMBS)によって、先行車や対向車、歩行者を検知し、衝突の危険があると判断した場合は警告を発します。回避行動が取られなかった場合、段階を踏んで自動でブレーキを操作し、衝突回避、被害軽減を支援するシステムです。

いわゆる「自動ブレーキ」と呼ばれているシステムですが、厳密には「衝突軽減」ですので、走行条件などによって「ぶつかる」こともあることは覚えておきましょう 。特に、夜間やトンネル内などの暗い場所では、センサーやカメラが正しく検知できないことがあります。

先行車や歩行者に対しては約5㎞/h以上の速度で走行している際に、速度差が5㎞/h以上ある車両(先行車、対向車)や歩行者に対して作動するようになっています。また、速度100㎞/h以下での走行中に、対向車や停止車両、歩行者との衝突の危険性がある場合にも作動します。

ダイハツのスマートアシストⅢが、対車両の場合約80km/h以下、対歩行者の場合約50km/h以下の速度が作動条件となっていることを考えると、ホンダの衝突軽減ブレーキはかなり高性能と考えていいでしょう。

誤発進抑制機能(前方・後方)

停車時、もしくは10㎞/h以下の低速走行時に、前方もしくは後方の障害物や先行車を検知して、警告を発すると同時に急加速を抑制するのが、誤発進抑制機能です。この機能によって、高齢者に多いといわれるブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故の減少が期待されています。

歩行者事故低減ステアリング

歩行者事故低減ステアリングによって、道路の側路帯の歩行者を検知し、歩行者側の車線を逸脱しそうになった場合は警告し、車道方向にステアリングを操作し衝突回避に努めます。

路外逸脱抑制機能

車線を検知し、車線からはみ出しそうになった場合には警告を発して、まずステアリング操作を支援して車線逸脱を防ぐよう導くのが路外逸脱抑制機能です。ステアリング操作だけで回避できないと判断した場合は、自動ブレーキによって減速し、大きく車線を逸脱するのを防ぐよう支援します。

アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)

アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)によって、あらかじめ設定しておいた速度で定速走行するようにコントロールします。先行車に近付くことがあれば、適度な車間距離を保つように自動で速度を調節し、先行車に追従走行します。この機能が装備されているのは、軽自動車としては画期的です。

ただし、作動速度は約30km/h以上なので、一般道より高速道路を走行中のときのほうが活躍してくれそうです。先行車とのあいだに違う車が入ってきた場合には、自動で追従する対象を切り替えてくれます。

車線維持支援システム(LKAS)

高速道路の走行時に車線を検知し、車線中央の位置を保てるようにステアリング操作の支援を行うのが、車線維持支援システム(LKAS)です。

車線を逸脱しそうになった場合には、警告を発してステアリング操作を行い、車線逸脱を抑制します。ドライバーの疲労軽減が期待できる機能といえます。

標識認識機能

道路標識を認識してメーター内に表示し、道路標識の見逃しを防ぐ機能です。認識可能な表示は最高速度、一時停止、はみだし通行禁止(追い越し禁止)、車両侵入禁止の4種類です。

カメラも使っているHonda SENSINGの強みのひとつですね。

先行車発進お知らせ機能

停車時に先行車の発進を検知し、ドライバーが発進しなかった場合に知らせる機能です。渋滞や信号待ちの際のうっかりを防ぎます。

オートハイビーム

夜間走行(点灯)時、対向車や先行車を検知して、その都度ハイビームとロービームを切り替えます

最近、車のヘッドライトは、街中でもハイビームを使うほうが安全性が高いといわれ始めています。この機能があれば、対向車への眩惑を防ぐことができます。

また、周囲の暗さを検知した場合には、自動でハイビームに切り替えてくれるので、夜間の視認性がアップします。

コンシェルジュに相談

N-BOXのHonda SENSING以外の安全装備

N-BOXは、Honda SENSING以外にも、全グレードに以下の安全機能が標準装備として搭載されています。

N-BOXのHonda SENSING以外の安全装備

VSA(車両挙動安定化制御システム)

VSA(車両挙動安定化制御システム)は、一般に「横滑り防止装置」と呼ばれている機能です。ほかのメーカーではESPやESC、DSCなどと呼ぶ場合もあります。

急ブレーキでの車輪ロックを防ぐABSと、加速時の車輪空転を抑制するトラクションコントロールシステム、そして横滑り抑制機能の3つの機能を使用して、急ブレーキや急ハンドル時、スリップしやすい雨天時などの車体の姿勢を保ちます

ヒルスタートアシスト機能

ヒルスタートアシスト機能は、坂道発進の際、ブレーキからアクセルへ踏みかえるときに車が後退するのを約1秒間防ぐ機能です。坂道で停車したときに、後続車がいても安心して発進できますね。

運転席・助手席i-SRSエアバッグシステム

運転席・助手席i-SRSエアバッグシステムは、ホンダ独自の内圧保持タイプのエアバッグです。一番危険とされる助手席には幅の広いエアバックをセットし、高い効果を発揮します。

また、G・LターボHonda SENSING以上のグレードには、前席・後席ともに、側面衝突の衝撃に対応した前席用サイドエアバッグシステム、サイドカーテンエアバッグシステムも装備されています。

頚部衝撃緩和フロントシート

N-BOXには、低速で追突した際の頚部へのダメージを軽減する頚部衝撃緩和フロントシートが採用されています。追突時に多い、むち打ちの危険性に配慮した装備です。

フロント3点式ロードリミッター付プリテンショナーELRシートベルト

衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、体をしっかりと拘束して安全確保に努めます。また、拘束後は一定の荷重がかかるとシートベルトを送り出すので、必要以上に圧迫して胸などに負担をかけるのを防ぎます。

N-BOXリース

安全装備の充実したN-BOX

安全装備の充実したN-BOX

ホンダの先進安全技術「Honda SENSING」は、さすがに充実の内容でした。軽自動車でここまでの安全機能が装備されている車種は、それほど多くありません。N-BOXの人気は、この安全機能による面も大きいでしょう。

現在、サポカー、サポカーSは減税対象ではありませんが、経済産業省は今後の減税措置などを検討しています。N-BOXは最高評価のサポカーSワイドに該当しますから、将来的には減税も期待できるでしょう。

安全機能に優れたホンダ・N-BOXですが、購入するのは難しいという方もいるでしょう。そんな方には、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のリースサービスがおすすめです。リースのメリットである車両価格や保険料などが月々定額制となるだけでなく、契約満了時に車がもらえる「乗り放題オプション」など、お得なプランが充実しています。

できるだけ費用を抑えてN-BOXに乗りたい方は、新しい車の利用法であるカーリースをぜひ検討してみてください。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

よくある質問

Q1:N-BOXには先進安全機能は全車標準装備されているの?

A:軽自動車で初めて、2017年のフルモデルチェンジで全グレードにホンダの先進安全技術「Honda SENSING」が標準装備されました。

Q2:N-BOXに搭載される先進安全機能にはどんなものがあるの?

A:衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能のほかに、高速道路の走行時に車線を検知して車線中央の位置を保てるようにステアリング操作の支援を行う車線維持支援システムなどが搭載されています。

Q3:N-BOXはサポカーに該当するの?

A:N-BOXは最高評価の「サポカーSワイド」に該当します。

※記事の内容は2018年10月時点の情報で執筆しています。

ホンダN-BOXの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のホンダN-BOXの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr