【愛車は色で選ぶ!】「ダイハツミライース」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

軽自動車の中でもベーシックな位置付けのダイハツミライース。お買い得な値段もあってパーソナルユースだけでなく法人向けとしても人気を誇ります。そんなミライースの全てのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別の編集部おすすめカラーもご紹介します。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

下取りの値段は気になるけれど、自分らしいボディカラーを

ボディカラーは新車時では好きな色が選べますが、中古車となると特定の色に人気が集中します。したがって、手放すことを考えると定番カラーを選ぶことになりますが、周りの人に見られるボディカラーこそ、本来は自分の好みにこだわって選ぶべきではないでしょうか。今回は軽自動車のスタンダードモデル、ダイハツミライースの全ボディカラーと人気のボディカラー、そしてカルモマガジン編集部がオススメするカラーなどを紹介します。

ダイハツミライースの人気カラーランキング発表!

ダイハツ ミライース おすすめカラー top

まずはカルモマガジン編集部がダイハツ広報部に独自取材を行い、判明したミライースの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはミライースのカタログモデルに特別仕様車を含んだものです。ミライースは標準設定の7色と+2万1600円のオプション2色の合計9色のボディカラーが用意されています。

ミライース 人気カラーNo.1

栄えある第1位となったのはイメージカラーのスカイブルーメタリックです。

全グレードに設定されているスカイブルーメタリックが人気色の白(パール)、黒、シルバーを抑えて第1位となりました。ミライースの高い環境性能にピッタリ合った色と言えます。

ミライース 人気カラーNo.2

続いて第2位はやはりホワイトです。

ミライースはこのホワイトに加えて、有償色でパールホワイトIIIが用意されていますが、プレーンなホワイトが2位となりました。

ミライース 人気カラーNo.3

そして第3位はブライトシルバーメタリックでした。

この色も定番のボディカラーです。第1位のスカイブルーメタリックとこのブライトシルバーメタリックだけが、全グレードに設定されています。

白と銀の人気はビジネスシーンでも活躍するミライースならでは

ダイハツ ミライース 人気カラー

トップに輝いたスカイブルーメタリックを除くとホワイト、ブライトシルバーメタリックとビジネスユースとして使用されるケースの多いカラーが上位となりました。これは低燃費を実現したミライースがパーソナルユースだけでなく、ビジネスシーンでも活躍していることを反映しているのでしょう。

ダイハツ・ミライースのカラーバリエーションを全紹介!

ミライース スカイブルーメタリック

スカイブルーメタリック

ミライースのイメージカラーであり、人気第1位のボディカラー。全グレードに設定されています。

ミライース ホワイト

ホワイト

ソリッドの白は人気第2位のボディカラー。L“SAIII”、L。B“SAIII”、Bといった車両本体価格の安いグレードに設定されています。

ミライース スチールシルバーメタリック

スチールシルバーメタリック

定番のシルバーは人気第3位のボディカラー。このスチールシルバーメタリックとスカイブルーメタリックだけが、全グレードに設定されています。

ミライース マゼンダベリーマイカメタリック

マゼンダベリーマイカメタリック

簡単に言うと赤紫色。エントリーグレードのB“SAIII”、Bを除く全グレードに設定されています。

ミライース ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

定番の人気色の黒。メタリックのため、艶やかな黒です。エントリーグレードのB“SAIII”、Bを除く全グレードに設定されています。

ミライース レモンスカッシュクリスタルメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック

太陽に当たると輝きを放つ黄色です。G“SAIII”、X“SAIII”の上級グレードにのみ設定されています。

ミライース スプラッシュブルーメタリック

スプラッシュブルーメタリック

南国の海のような濃いブルーです。G“SAIII”、X“SAIII”の上級グレードにのみ設定されています。

ミライース パールホワイトIII

パールホワイトIII

+2万1600円の有償色。こちらはパーソナルユースを意識した「高級な白」です。エントリーグレードのB“SAIII”、Bを除く全グレードに設定されています。

ミライース プラムブラウンクリスタルマイカ

プラムブラウンクリスタルマイカ

いわゆる濃い茶色で、+2万1600円の有償色。エントリーグレードのB“SAIII”、Bを除く全グレードに設定されています。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全9色用意されているミライースのボディカラーの中から、カルモマガジン編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でオススメのボディカラーを選んでみました。

「売るときに有利なカラー」

 

これは人気ランキング上位のスカイブルーメタリック、ブライトシルバーメタリックに加えて、定番色のブラックマイカメタリック、有償色のパールホワイトIIIが当てはまります。ソリッドのホワイトは営業車に見えてしまうので、パーソナルユースには向かないため売却時は不利になるかもしれません。

「気取らないカラー」

イメージカラーのスカイブルーメタリック、マゼンダベリーマイカメタリック。そして有償色ですが、プラムブラウンクリスタルマイカは誰にでも似合いますし、特に後の2色は落ち着いた雰囲気が漂います。

「クールなカラー」

スプラッシュブルーメタリックやブライトシルバーメタリックならば、クールなイメージが強くなります。ただし、スプラッシュブルーメタリックは上級グレードにしか設定されていないので、注意が必要です。

「個性的なカラー」

これはレモンスカッシュクリスタルメタリックで決まりですね。ボディサイズの小さなミライースでも独特の存在感を演出してくれるので、シッピングモールの駐車場でも目立つこと間違いナシです。

ミライースには営業車ぽく見えない個性的な色を!

軽自動車のスタンダードモデル、ミライースは定番の白(パール)、黒、シルバーを抑えて、イメージカラーのスカイブルーメタリックが一番人気となりました。これはパーソナルユースで購入するユーザーの多くがこのイメージカラーを選んでいると思われます。ミライースにはレモンスカッシュクリスタルメタリックやプラムブラウンクリスタルマイカといった個性的なボディカラーもあります。売却時の査定額を気にしなくて良いカーリースのカルモならそういった個性的なボディカラーを妥協せずに選ぶことができますね。

萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【愛車は色で選ぶ!】「ダイハツミライース」の人気カラーランキ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【特集】タントの実燃費の数値は?女性に人気の軽スーパーハイトワゴンの乗り心地や走行性能も見てみよう

【特集】ウェイクのグレードはどう選ぶ?グレード別装備やおすすめグレードをご紹介

【特集】ウェイクの内装や居住性をチェック!シートアレンジや収納力も徹底調査!

【特集】ウェイクの燃費性能を徹底調査!走行性能や乗り心地も見てみよう

【特集】プリウスの居住性や収納力は?シートアレンジや荷室の収納についてご紹介

【特集】プリウスの安全性能を大解剖!先進安全機能「トヨタ セーフティセンス」とは?

【特集】プリウスのグレードはどう選ぶ?グレード別装備とおすすめのグレードをご紹介

【特集】プリウスの実燃費が知りたい!乗り心地や走行性能はどんな感じ?

【特集】ウェイクにはどんな安全装備が搭載されている?スマートアシストⅢの機能とは?

【特集】タントに搭載されている安全装備とは?ダイハツ自慢のスマートアシストⅢは搭載されている?

もっと見る

PAGETOP