萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

メーカー直撃取材!「ダイハツミライース」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

「ダイハツミライース」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

この記事は、 5 分で読めます。

下取りの値段は気になるけれど、自分らしいボディカラーを

ボディカラーは新車時では好きな色が選べますが、中古車となると特定の色に人気が集中します。したがって、手放すことを考えると定番カラーを選ぶことになりますが、周りの人に見られるボディカラーこそ、本来は自分の好みにこだわって選ぶべきではないでしょうか。今回は軽自動車のスタンダードモデル、ダイハツミライースの全ボディカラーと人気のボディカラー、そしてカルモマガジン編集部がオススメするカラーなどを紹介します。

一本化用ミライース

ダイハツミライースの人気カラーランキング発表!

ダイハツミライースの人気カラーランキング発表!

まずはカルモマガジン編集部がダイハツ広報部に独自取材を行い、判明したミライースの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはミライースのカタログモデルに特別仕様車を含んだものです。ミライースは標準設定の7色と+2万1600円のオプション2色の合計9色のボディカラーが用意されています。

栄えある第1位となったのはイメージカラーのスカイブルーメタリックです。

第1位スカイブルーメタリック

全グレードに設定されているスカイブルーメタリックが人気色の白(パール)、黒、シルバーを抑えて第1位となりました。ミライースの高い環境性能にピッタリ合った色と言えます。

続いて第2位はやはりホワイトです。

第2位ホワイト

ミライースはこのホワイトに加えて、有償色でパールホワイトIIIが用意されていますが、プレーンなホワイトが2位となりました。

そして第3位はブライトシルバーメタリックでした。

第3位ブライトシルバーメタリック

この色も定番のボディカラーです。第1位のスカイブルーメタリックとこのブライトシルバーメタリックだけが、全グレードに設定されています。

コンシェルジュに相談

白と銀の人気はビジネスシーンでも活躍するミライースならでは

白と銀の人気はビジネスシーンでも活躍するミライースならでは

トップに輝いたスカイブルーメタリックを除くとホワイト、ブライトシルバーメタリックとビジネスユースとして使用されるケースの多いカラーが上位となりました。これは低燃費を実現したミライースがパーソナルユースだけでなく、ビジネスシーンでも活躍していることを反映しているのでしょう。

ミライースリース

ダイハツ・ミライースのカラーバリエーションを全紹介!

スカイブルーメタリック

スカイブルーメタリック

ミライースのイメージカラーであり、人気第1位のボディカラー。全グレードに設定されています。

ホワイト

ホワイト

ソリッドの白は人気第2位のボディカラー。L“SAIII”、L。B“SAIII”、Bといった車両本体価格の安いグレードに設定されています。

スチールシルバーメタリック

スチールシルバーメタリック

定番のシルバーは人気第3位のボディカラー。このスチールシルバーメタリックとスカイブルーメタリックだけが、全グレードに設定されています。

マゼンダベリーマイカメタリック

マゼンダベリーマイカメタリック

簡単に言うと赤紫色。エントリーグレードのB“SAIII”、Bを除く全グレードに設定されています。

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

定番の人気色の黒。メタリックのため、艶やかな黒です。エントリーグレードのB“SAIII”、Bを除く全グレードに設定されています。

レモンスカッシュクリスタルメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック

太陽に当たると輝きを放つ黄色です。G“SAIII”、X“SAIII”の上級グレードにのみ設定されています。

スプラッシュブルーメタリック

スプラッシュブルーメタリック

南国の海のような濃いブルーです。G“SAIII”、X“SAIII”の上級グレードにのみ設定されています。

パールホワイトIII

パールホワイトIII

+2万1600円の有償色。こちらはパーソナルユースを意識した「高級な白」です。エントリーグレードのB“SAIII”、Bを除く全グレードに設定されています。

プラムブラウンクリスタルマイカ

プラムブラウンクリスタルマイカ

いわゆる濃い茶色で、+2万1600円の有償色。エントリーグレードのB“SAIII”、Bを除く全グレードに設定されています。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全9色用意されているミライースのボディカラーの中から、カルモマガジン編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でオススメのボディカラーを選んでみました。

「売るときに有利なカラー」

スカイブルーメタリック

ブライトシルバーメタリック

ブラックマイカメタリック

パールホワイトIII

 

これは人気ランキング上位のスカイブルーメタリック、ブライトシルバーメタリックに加えて、定番色のブラックマイカメタリック、有償色のパールホワイトIIIが当てはまります。ソリッドのホワイトは営業車に見えてしまうので、パーソナルユースには向かないため売却時は不利になるかもしれません。

「気取らないカラー」

スカイブルーメタリック

マゼンダベリーマイカメタリック

プラムブラウンクリスタルマイカ

イメージカラーのスカイブルーメタリック、マゼンダベリーマイカメタリック。そして有償色ですが、プラムブラウンクリスタルマイカは誰にでも似合いますし、特に後の2色は落ち着いた雰囲気が漂います。

「クールなカラー」

スプラッシュブルーメタリック

ブライトシルバーメタリック

スプラッシュブルーメタリックやブライトシルバーメタリックならば、クールなイメージが強くなります。ただし、スプラッシュブルーメタリックは上級グレードにしか設定されていないので、注意が必要です。

「個性的なカラー」

レモンスカッシュクリスタルメタリック

これはレモンスカッシュクリスタルメタリックで決まりですね。ボディサイズの小さなミライースでも独特の存在感を演出してくれるので、シッピングモールの駐車場でも目立つこと間違いナシです。

ミライースには営業車ぽく見えない個性的な色を!

軽自動車のスタンダードモデル、ミライースは定番の白(パール)、黒、シルバーを抑えて、イメージカラーのスカイブルーメタリックが一番人気となりました。これはパーソナルユースで購入するユーザーの多くがこのイメージカラーを選んでいると思われます。ミライースにはレモンスカッシュクリスタルメタリックやプラムブラウンクリスタルマイカといった個性的なボディカラーもあります。売却時の査定額を気にしなくて良いカーリースの定額カルモくんならそういった個性的なボディカラーを妥協せずに選ぶことができますね。

※記事の内容は2018年11月時点の情報で執筆しています。

ダイハツミライースの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツミライースの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr