【愛車は色で選ぶ!】「ホンダフィット」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

日本を代表するコンパクトカーの1台、ホンダフィット。人気車ゆえに多くのボディカラーが揃います。そんなフィットの全てのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーもご紹介します。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

人気車だからこそボディカラー選びは重要!

ボディカラーは一般的に白、黒、シルバーが人気色と言われています。これ以外の色だと売却時に価格差が付くことがあるのはご存じでしょうか。たかが色ですが、されど色。また価格アップなしで選べる標準の色とオプションで設定されている有償色もあります。個性を出しやすいパールやツートーンカラーなどは有償色として設定されているケースが多いのです。

他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。クルマを購入する際はボディカラーをしっかりと考えて選ぶことが大事です。今回はコンパクトカーの定番モデル・ホンダフィットの全ボディカラーと人気のボディカラー、そしてカルモマガジン編集部がオススメするカラーなどを紹介します。

ホンダフィットの人気カラーランキング発表!

まずはカルモマガジン編集部がホンダ広報部に独自取材を行い、判明したフィットの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはフィット(ガソリン車/ハイブリッド車)のカタログモデルに加えて、2018年11月現在販売されている特別仕様車を含んだ順位です。

豊富なボディカラーが設定されるコンパクトカーらしく、フィットには全13色のボディカラーが設定されています。そのボディカラーのうち、ブリティッシュグリーン・パール、モーニングミストブルー・メタリック、プレミアムアイボリー・パールの3色は2018年5月に設定された特別仕様車「コンフォートエディション」専用カラーとなっています。そのほかでもサンセットオレンジIIのように限定されたグレードにのみ設定されているボディカラーもあるのが特徴です。

フィットで人気第1位となったのはプレミアムホワイト・パールⅡです。

このボディカラーは全グレードに設定されており、+3万2400円の有償色となりますが、フィットにおいても白(パール)の人気は不動のようです。

第2位に輝いたのはルージュアメジスト・メタリックです。

2017年6月のマイナーチェンジの際に追加されたボディカラーで、TV-CFなどに使用されるイメージカラーとなりました。気品を感じる赤紫色で、フィットの質感を高めてくれる色です。

第3位はルナシルバー・メタリックとなりました。

フィットにはこのルナシルバー・メタリックとシャイニンググレー・メタリックという2色のシルバーが用意されていますが、ルナシルバー・メタリックは明るいシルバーとなります。

イメージカラーの個性的なカラーが2位に!

フィットの人気カラーランキングでトピックと言えるのが、2位に「ルージュアメジスト・メタリック」という赤紫色のカラーが入ったことでしょう。イメージカラーとはいえ、かなり個性的なカラーです。自分らしさを主張したい人が増えてきているということでしょうか。少々驚きの結果です。

フィットのカラーバリエーションを全紹介!

プレミアムホワイト・パールⅡ

プレミアムホワイト・パールⅡは+3万2400円の有償色ですが、フィットのボディカラー人気ナンバー1に輝きました。特別仕様車の「コンフォートエディション」やコンプリートカーの「モデューロスタイル」など含め全モデルで選ぶことができます。

ルージュアメジスト・メタリック

フィットの人気ボディカラー2位に輝いたルージュアメジスト・メタリック。2017年6月に行われたマイナーチェンジの際に追加された赤紫色のボディカラーです。後期型フィットのイメージカラーとなりました。「RS・ホンダセンシング」、「モデューロスタイル」を除くグレードに用意されています。

ルナシルバー・メタリック

人気ボディカラー第3位となった、ルナシルバー・メタリック。夜に浮かぶ月のように、陰影のなかに輝きを放つシルバーです。汚れが目立ちにくいという特徴もあります。「モデューロスタイル」を除く全モデルに設定されている定番カラーです。

ブリティッシュグリーン・パール

2018年5月に設定された特別仕様車の「コンフォートエディション」のみに採用されている濃いグリーンです。コンパクトカーとは思えないほどの力強さと重厚感を演出します。

プレミアムアイボリー・パールII

やさしい色合いに輝きをまとった今注目のカラーであるアイボリー。フィットも特別仕様車の「コンフォートエディション」にプレミアムアイボリー・パールIIを用意しています。

モーニングミストブルー・メタリック

元々は、特別仕様車「コンフォートエディション」の専用色として登場したモーニングミストブルー・メタリック。みずみずしい朝をイメージした透明感のあるブルーが好評で、現在は「RS・ホンダセンシング」、「モデューロスタイル」を除く全モデルに展開されています。

ブリリアントスポーティブルー・メタリック

落ち着きのなかに鮮やかさを備えた濃いブルーがブリリアントスポーティブルー・メタリックです。フィットでは定番カラーの一つとして、ラインアップされています。「コンフォートエディション」、「モデューロスタイル」を除く全モデルに用意されています。

クリスタルブラック・パール

ブラックのボディカラーですが、パールによって艶やかさをみせるのがクリスタルブラック・パールの特徴です。ソリッドの黒とは異なり反射などによる豊かな表情が特徴です。全モデルに設定されています。

プレミアムイエロー・パールII

2017年6月に行われたマイナーチェンジの際に追加されたプレミアムイエロー・パールII。+3万2400円の有償色です。「コンフォートエディション」、「モデューロスタイル」を除く全モデルに用意されています。

プレミアムクリスタルレッド・メタリック

クリアな輝きを放つ深みのある赤のボディがプレミアムクリスタルレッド・メタリックです。+5万4000円の有償色ですが、気品溢れるカラーとして全モデルに設定されています。

ミッドナイトブルービーム・メタリック

闇夜に閃光が走るような精悍な濃いブルーのボディカラーがミッドナイトブルービーム・メタリックです。+3万2400円の有償色ですが、全グレードに設定されています。

シャイニンググレー・メタリック

都会的な洗練された輝かしいグレーがシャイニンググレー。メタリックです。人気色となっているルナシルバー・メタリックと比べると、こちらのシャイニンググレー・メタリックのほうが濃いシルバーとなります。特別仕様車の「コンフォートエディション」を除く全グレードに設定されています。

サンセットオレンジII

初代シビックのスポーツモデルだったRS(ロードセイリング)に設定されていたオレンジをオマージュしたのがこのサンセットオレンジII。鮮やかさと力強さを兼ね備えたオレンジです。「ハイブリッドSホンダセンシング」、「13G・Sホンダセンシング」、「RS・ホンダセンシング」のスポーティモデルにのみ設定されています。

カルモ編集部おすすめのカラーは?

全13色用意されているフィットのボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」、「気取らないカラー」、「クールなカラー」、「個性的なカラー」という4つの視点でオススメのボディカラーを選んでみました。

「売るときに有利なカラー」

一般的な人気色である白(パール)、黒、シルバーが売るときにも有利となります。フィットでも人気のボディカラーナンバー1となったプレミアムホワイト・パールⅡは外せません。続いてあげたいのは特別仕様車のコンフォートエディションにしか設定されていないプレミアムアイボリー・パールII。現在、アイボリーのボディカラーはコンパクトカーでブームになっています。しかも設定されているグレードが限定されているため、レア度も高いです。

「気取らないカラー」

シャイニンググレー・メタリック、ルナシルバー・メタリック、クリスタルブラック・パールの3色は老若男女関わらず似合うボディカラーです。洗車などが面倒だという人はシルバー系のボディカラーがオススメです。

「クールなカラー」

特別仕様車の専用色から拡大したモーニングミストブルーメタリック。ミッドナイトブルービームメタリック。そして後期型のルージュアメジスト・メタリックは街でよく見かけるフィットでもクールさを主張できるカラーと言えるでしょう。

「個性的なカラー」

特別仕様車のコンフォートエディションのみに設定されているブリティッシュグリーン・パール。スポーティグレードのみに設定されているサンセットオレンジII。そして+3万2400円の有償色で、人を笑顔にするような個性的なプレミアムイエロー・パールIIを挙げておきます。

街でよく見かけるフィットだからこそ個性的なボディーカラーを!

コンパクトカーの定番モデルであるフィット。グレードによって設定されているボディカラーが異なるのが特徴です。街でよく見かける車種だけに、特別仕様車にしかないブリティッシュグリーン・パールやプレミアムアイボリー・パールIIは、ほかの人との差別化を図るのにピッタリです。また、サンセットオレンジIIやプレミアムイエロー・パールIIといったビビッドなボディカラーは敬遠されがちですが、中古車となると人気になるケースもあります。普通の購入では売却時の査定額を気にして手を出しづらいかもしれません。しかし、カルモのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係ないので、自分の好きなボディカラーを選べるというメリットがあるのです。

萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【愛車は色で選ぶ!】「ホンダフィット」の人気カラーランキング...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【試乗記】「トヨタアルファード&ヴェルファイア」選ぶならハイブリッドか、3.5Lガソリンエンジンか?

【特集】ホンダS660という軽自動車スポーツカーの居住性、内装、実用性は?

【特集】ホンダS660のおすすめグレードは?燃費も良くなったMRスポーツカーのグレードを徹底比較!

【特集】ホンダS660の実燃費と乗り心地、走行性能をチェック

0円マイカーって?カーシェアやサブスクなど、現代のマイカー事情とは

【試乗記】「スズキスペーシアギア」追加されたSUVテイストのスペーシアは個性満点!

【大阪オートメッセ2019】カスタムカーを彩った美女カタログ厳選20+α

【試乗記】「スズキアルト」安全装備が進化した軽自動車のベーシックモデルは軽さが魅力

【徹底レビュー】「トヨタパッソ」軽自動車並みの価格が魅力のコンパクトカー、そのスタイルから燃費まで

【特集】スズキジムニーの安全装置を徹底解説!

もっと見る

PAGETOP