【試乗記】「スズキジムニー」大ヒットの軽クロカン四駆、マニュアルで大丈夫か、オートマなら大丈夫なのか?

20年ぶりのフルモデルチェンジを受けたスズキジムニーが売れている。まるでGショックのようなタフな道具感が、「プロ」やマニアのみならず、多くの人たちの心を掴んでいるようだ。そんなジムニーのマニュアル(MT)とオートマ(AT)を同時に乗り比べたカルモマガジン編集長のインプレッションをお届けしよう。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

ずっと待っていた人、流行りに乗った人

20年ぶりにフルモデルチェンジを行なったスズキジムニーが売れに売れています。いまや軽自動車で唯一となってしまった本格派のクロカン四駆だけに、電力会社の人から渓流釣りや山菜狩りの人まで、待ちに待った人たちがたくさんいたのでしょう。しかしそういった「プロニーズ」だけではない広がりを新型ジムニーの売れ行きには感じます。

いま流行りのSUVの一種だと思って買ってしまった人、メルセデス・ベンツGクラスの幻影を見て買ってしまった人、Gショックの仲間だと思って買ってしまった人、そんな人たちがたくさんいそうです。

マニュアルで大丈夫なのか?ジムニーで大丈夫なのか?

ジムニーには小型車バージョンのジムニーシエラがありますが、軽自動車と小型車の間には越えられない深くて暗い河がありますので、迷う人はあまり多くはないでしょう(自信はありません)。むしろジムニーの迷いどころはMT車(マニュアル)とAT車(オートマ)なのかもしれません(勝手な思い込みです)。

せっかくのジムニー、マニュアルで乗りたいけれど大丈夫なのか?もしくはオートマをSUVだと思って買っても大丈夫なのか?今回は両方を乗り比べる機会に恵まれましたので、そのあたりの疑問にお答えしましょう。

旧型とは2代目のことなのでしょうか‥‥‥

4代目となる新型ジムニーの外観は大ヒットモデルだった2代目に回帰した印象を強く受けます。ちなみにオプションカタログには「ヘリテージスタイル」や「リバイバルスタイル」など、アクセサリーをパッケージ装着することでイメージチェンジを図る提案が載っているのですが、参考写真として登場している「旧型」はすべて2代目です。フロングリルのみ3代目をモチーフとしていますが、これもオプションカタログを見ると2代目風のモノが用意されています。3代目のオーナーが見たら少し複雑な気分になるかもしれません。

触りたくなる、いじりたくなる!?

インテリアも同様に質実剛健なデザインで仕立てられています。不評だった副変速機のスイッチがレバー式に戻ったことを筆頭に、ヘアライン仕上げが施されたメーター、ダッシュボード下部に並べられたスイッチなど、冒頭で少し触れましたがGショックのような道具感のある内装になりました。操作した感じも良くて、むやみにスイッチをいじりたくなりましたが、それこそいい道具の証拠でしょう。

マニュアルの良さが凝縮されている

最初にハンドルを握ったのはMT車のほうです。軽自動車とは思えないほどたっぷりとしたシートに座り、エンジンを掛け、発進するためにシフトレバーに手を添えると「ブルブル」と振動が伝わってきました。筆者はMT車から自動車人生がスタートしたので、いまだに運転中にシフトレバーに左手を添えるクセが残っています。いかにも縦置きエンジンらしいダイレクト感のあるシフトフィールと合わせて、無駄にシフトをしたくなりました。このあたりもいいクルマ、いい道具な感じです。

1速はわずか30km/hで吹け切ってしまうほどローギヤードです。言い換えるとエンストの心配はほとんどありません。2速と3速もクロスしており街中では多少シフトワークが忙しいものの、とてもリズミカルに運転ができます。MT車の運転が楽しい理由のひとつは、アクセルを踏んだり戻したりした時のダイレクト感です。そして一般的にMT車はパワーがないクルマの方が楽しいものですが、それにしてもジムニーのマニュアルは楽しい!

2000回転から必要最低限のトルクが供給され、4000回転くらいから一段と回る3気筒ターボもマニュアルとの相性の良いエンジンだと感じました。エンジンの音質もまろやかで、駆動系の音が多少あるものの、遮音性が思いのほか高いことに少々驚きました。

結果的にいうと最初にMT車に乗ったのは大失敗でした。とにかく出来が良くて、すっかり心を掴まれてしまったからです。

オートマはやはりオートマだが

それでも心をリセットしてAT車に乗り換えます。CVTではなくトルコン式ATなのは堅牢性を重視してのことでしょうが、走りの点でも期待できるポイントです。

しかし、オートマはやはりオートマでした。軽自動車としては圧倒的に重たい車体に、軽自動車らしく絶対的なパワーとトルクのないエンジンという不利な条件のなかでも、なんとかダイレクト感を出そうという作り手側の努力のかけらを感じる瞬間はありました。

でも、やはりトルコンの制御のルーズさは隠しきれません。頻繁なキックダウンも仕方ないとはいえ、これならよくできたCVT、例えばN-BOXのほうがダイレクト感はあります。もちろんN-BOXのほうが遥かに軽量なので比べるのはフェアではないのですが。

とはいえ街中から高速道路まで、ダイレクト感には欠けるもののAT車も十分実用的でした。乗り心地もクロカン四駆のワイルドなイメージから想像するほど固くないですし、鈍いというよりは穏やかなステアリング特性はむしろ女性からは歓迎されるかもしれません。

いずれにしても、長く付き合える「いい道具」

ジムニーをマニュアルにするかオートマにするか悩んでいる人には、迷わずMT車をおすすめします。一方でハスラーみたいなSUVにするかジムニーのオートマにするか悩んでいる方には、ジムニーのATで大丈夫だよ、とお伝えしておきます。

MT 車にしてもAT車にしても、走りを除けばジムニーならではの道具感は同じです。どちらのジムニーも長い時間を一緒に過ごしたくなるクルマだと断言できます。

馬弓 良輔

この記事の執筆者

馬弓 良輔(まゆみ よしすけ)

旅行やクルマ雑誌の編集長を歴任し、2017年8月からカルモマガジン編集長を務める。クルマは見た目が5割、走り味が4割、あとの1割は「運命の出会い」というのが自身のクルマ選びのモットー。走り屋ではないが長距離ドライブを好み、最近の愛車はSUVを乗り継いでいる。が、しかし他にも隠し持っているクルマがあるとかないとか・・・。

「【試乗記】「スズキジムニー」大ヒットの軽クロカン四駆、マニュ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【試乗記】「トヨタアルファード&ヴェルファイア」選ぶならハイブリッドか、3.5Lガソリンエンジンか?

【特集】ホンダS660という軽自動車スポーツカーの居住性、内装、実用性は?

【特集】ホンダS660のおすすめグレードは?燃費も良くなったMRスポーツカーのグレードを徹底比較!

【特集】ホンダS660の実燃費と乗り心地、走行性能をチェック

0円マイカーって?カーシェアやサブスクなど、現代のマイカー事情とは

【試乗記】「スズキスペーシアギア」追加されたSUVテイストのスペーシアは個性満点!

【大阪オートメッセ2019】カスタムカーを彩った美女カタログ厳選20+α

【試乗記】「スズキアルト」安全装備が進化した軽自動車のベーシックモデルは軽さが魅力

【徹底レビュー】「トヨタパッソ」軽自動車並みの価格が魅力のコンパクトカー、そのスタイルから燃費まで

【特集】スズキジムニーの安全装置を徹底解説!

もっと見る

PAGETOP