【愛車は色で選ぶ!】「ダイハツウェイク」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

背の高いスーパーハイトワゴンのなかでもアクティブなイメージが強いダイハツウェイク。そんなウェイクの全てのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーもご紹介します。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

自分の好きな色を選んでいいの?ボディカラー選びは重要!

せっかくの愛車、誰だって自分の好きな色のクルマに乗りたいはずです。しかし、そのボディカラーによって手放す時に損をしたくないというのも正直な気持ちでしょう。

それでは、売却するときに損をしないボディカラーというのはあるのでしょうか。今回は軽自動車で最大級の室内空間を実現したダイハツウェイクの全ボディカラーと人気のボディカラー、そしてカルモマガジン編集部がオススメするカラーなどを紹介します。

ダイハツウェイクの人気カラーランキング発表!

まずはカルモマガジン編集部がダイハツ広報部に独自取材を行い、判明したウェイクの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。

このランキングはウェイクのカタログモデルに加えて、特別仕様車のGターボ“リミテッドSAIII”、LリミテッドSAIII”に設定されているボディカラー、モノトーン9 色。そしてオプション設定されているツートーン5色を含めた合計14色の中で、人気の高いベスト3となっています。

アウトドアユースがメインのウエイクは目立つ特徴的なボディカラーも設定されていますが、結果はどうなったのでしょうか。

ウェイクの人気第1位のボディカラーとなったのはパールホワイトⅢです。

白(パール)系はボディタイプや車種を問わず人気色となっていますが、ウェイクでも第1位となっています。このパールホワイトIIIは2万7000円の有償色となっています。

第2位はブラックマイカメタリックです。

白(パール)の次に定番カラーとなっているブラックがウェイクでも第2位というランキング上位となりました。軽ハイトワゴンの中で最大級の室内空間を誇るウェイクだけに、ブラックのボディカラーで引き締めたいと思う人が多いのかも知れません。

第3位はタングステングレーメタリックでした。

オレンジやグリーンといった個性的なボディカラーを用意しているウェイクですが、定番色の白(パール)、黒、シルバーが上位を占める平凡な結果に逆に驚きを隠せません。

ウェイクのカラーバリエーションを全紹介!

パールホワイトⅢ

ウェイクで人気ボディカラー第1位となったのはパールホワイトⅢ。全グレードに設定されている有償色で、2万7000円となっています。

ブラックマイカメタリック

人気ボディカラー2位に輝いたのがブラックマイカメタリックです。車中泊ができる広い室内空間が特徴のウェイクですが、購入するユーザーは保守的な人が多いのでしょうか、定番カラーが上位を占めています。

タングステングレーメタリック

ウェイクの人気ボディカラー第3位はタングステングレーメタリック。濃いグレーですが、ウェイクのツール感とマッチしたボディカラーで人気となっています。

フレッシュグリーンメタリック

ウェイクのイメージカラーとなっているのが、フレッシュグリーンメタリックです。ぶどうのマスカットのような鮮やかなグリーンとなっています。圧倒的な存在感を誇るボディカラーです。+5万4000円でホワイトルーフの2トーンカラー仕様も選べます。

ミストブルーマイカメタリック

最近ではグレー系のボディカラーは濃さの異なる2色を用意するのがトレンドで、明るいグレーのボディカラーがミストブルーマイカメタリックです。+5万4000円でホワイトルーフの2トーンカラー仕様も選べます。

トニコオレンジメタリック

南国の太陽のような鮮やかなオレンジ色がトニコオレンジメタリックです。ウェイクの中でフレッシュグリーンメタリックと同じぐらい存在感を主張するボディカラーです。このトニコオレンジメタリックも+5万4000円でホワイトルーフの2トーンカラー仕様も選べます。

ブルーマイカメタリック

ブルーマイカメタリックはいわゆる紺です。+5万4000円でホワイトルーフ仕様の2トーンカラー仕様も選ぶと、フロントバンパーの一部やドアミラーカバーもホワイトになり、オシャレ度が高まります。

プラムブラウンクリスタルマイカ

赤茶色のボディカラーであるプラムブラウンクリスタルマイカは+2万7000円の有償色。今、注目のアースカラーで、落ち着いた雰囲気が漂います。

オフビートカーキメタリック

汚れを気にしなくて良さそうなボディカラーがこのオフビートカーキメタリック。こちらも注目のアースカラーで、アクティブさとオシャレさが同居した色です。+5万4000円でホワイトルーフの2トーンカラー仕様も選べます。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全14色用意されているウェイクのボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」、「気取らないカラー」、「クールなカラー」、「個性的なカラー」という4つの視点でオススメのボディカラーを選んでみました。

「売るときに有利なカラー」

人気ランキングでは白(パール)、黒、シルバー(グレー)という定番カラーが上位を占めました。アウトドアユースのウェイクでも売却時に有利となるのはやはり、人気色のパールホワイトⅢ、ブラックマイカメタリック、タングステングレーメタリックは外せないでしょう。

「気取らないカラー」

薄いグレーのミストブルーマイカメタリック、ブルーマイカメタリックのモノトーンそして2トーンカラーは気取らないカラーと言えるのではないでしょうか。+5万4000円の2トーンカラー仕様を選べば、ルーフだけでなく、フロントバンパー、ドラミラーもホワイトとなり、オシャレ度がアップします。

「クールなカラー」

今注目のアースカラーである、オフビートカーキメタリックと、+2万7000円の有償色であるプラムブラウンクリスタルマイカを挙げましょう。この2色のボディカラーはウェイク本来のアウトドアテイストを弱めて、落ち着いたモード感を演出してくれるからです。広い室内はほしいけど、アウトドアには使わない。という人にオススメです。

「個性的なカラー」

やはり、イメージカラーのフレッシュグリーンメタリック、そしてビビッドなトニコオレンジメタリックでしょう。この2色の ボディカラーなら街中はもちろん、自然の中でも非常に映えるでしょう。旅行先の記念写真でも“映え”ること間違いなし。さらに+5万4000円のツートンカラー仕様ならば、さらに個性を主張できます。

実は落ち着いたカラーが人気のウェイク

TV-CFなどで、車中泊などアクティブなイメージが強いダイハツウェイク。しかし、シックなボディカラーを選べば落ち着いた雰囲気のスーパーハイトワゴンへと変わります。ただ、ウェイクでも人気色は定番の白(パール)、黒、シルバーの3色。手放すことを考えると、個性的なボディカラーは敬遠されていまします。しかし、カルモのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係ないので、自分の好きなボディカラーを選べるというメリットがあるのです。

萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【愛車は色で選ぶ!】「ダイハツウェイク」の人気カラーランキン...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【試乗記】「トヨタアルファード&ヴェルファイア」選ぶならハイブリッドか、3.5Lガソリンエンジンか?

【特集】ホンダS660という軽自動車スポーツカーの居住性、内装、実用性は?

【特集】ホンダS660のおすすめグレードは?燃費も良くなったMRスポーツカーのグレードを徹底比較!

【特集】ホンダS660の実燃費と乗り心地、走行性能をチェック

0円マイカーって?カーシェアやサブスクなど、現代のマイカー事情とは

【試乗記】「スズキスペーシアギア」追加されたSUVテイストのスペーシアは個性満点!

【大阪オートメッセ2019】カスタムカーを彩った美女カタログ厳選20+α

【試乗記】「スズキアルト」安全装備が進化した軽自動車のベーシックモデルは軽さが魅力

【徹底レビュー】「トヨタパッソ」軽自動車並みの価格が魅力のコンパクトカー、そのスタイルから燃費まで

【特集】スズキジムニーの安全装置を徹底解説!

もっと見る

PAGETOP