頭金なしで新車に乗りたい!カーリースで家計を節約する方法とは?

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

「新しく出たジムニーに乗り替えたい」「家族が増えたので大きいクルマが欲しい」など、新車を購入したくなるタイミングはたくさんあります。しかし、新車を購入するとなると、購入資金が必要になります。
現金で一括払いせずに、ディーラーローンを利用するにしても、頭金や諸経費が必要になる場合もあります。
そんなときに頭をよぎるのがカーリースです。カーリースは、ディーラーローンと同様に毎月定額の支払いでありながら、頭金は必要ありません。つまり、毎月の支払い可能な額で設定できれば新車に乗ることも夢ではないのです。
ここでは、頭金が必要かどうかなどカーリースについての情報と、カーリースで家計を節約する方法をご紹介します。

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

 

新車購入時と取得後に必要となるお金

カーリースで家計を節約することを考える前に、まずはクルマを購入した場合、どのような費用が必要になるかを考えてみましょう。

まずは、自動車を購入した時点で必要となるのが、「車両本体価格」と「消費税」「自賠責保険料」です。そして、「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税」などの税金も必要です。
さらに、「車庫証明取得代行費用」「登録代行費用」「自動車リサイクル料金」「検査登録代行費用」など、登録に関係する費用もかかります。

取得が完了すれば、年間の「任意保険料」「駐車場代」がかかり、乗り続けることで「ガソリン代」や「高速料金」などが加わります。また、毎年支払うことになる「自動車税」や任意保険の更新費用に加え、定期点検や車検なども必要です。
中には、駐車場を持っているとか、任意保険に加入しないなど、カットできる予算もありますが、概ねこれらの支出があるのです。

新車を買うときに安くするにはどうしたらいい?

値切りの細かいテクニックはともかく、新車を安く買うのであれば、金利がかからないように現金で一括払いをするといいでしょう。分割払いであれば、支払い回数が増えた分、金利がかかってしまいます。

その点、現金一括払いであれば金利はかかりませんし、自動車ディーラーへの値引き交渉も有利に運ぶ可能性があります。また、フロアマットなどのオプションをサービスしてくれるかもしれません。

また、金利がかからない範囲であれば、クレジットカードなどを利用してポイントなどの恩恵を得て、実質的な割引きを得る方法もあるでしょう。ただしこの場合、「プラチナ」や「ブラック」など、クルマを一括で買うだけのステータスカードを持っている必要がありますし、自動車ディーラーがクレジットカード会社に支払う手数料を考えて、値引き幅が低くなる可能性も考えられます。ですが、どちらの方法をとるにせよ、支払いのタイミングでまとまった額が必要になることには変わりません。

新車が安く手に入る!カーリースのしくみ

支払う総額が一番安いのは、金利のかからない「一括払い」であることは間違いありません。
しかし、同じ分割払いでも、ディーラーローンとカーリースでは、支払う額が異なります。

例えば、カーリースには税金や初期費用が含まれているので、初回の支払い費用が安くなります。

なお、カーリースが安い理由は、「残価設定」というものがあり、契約期間で支払う額は、車両価格の全額ではないからです。残価設定は、契約期間が終了してクルマを返すときの車両価値を予測して決まります。契約期間終了後にクルマを買い取ってもらう額を決め、その分のお金を支払わないで済むというイメージです。

カーリースの価格算出イメージ

例えば、車両価格300万円のクルマを分割で買えば、300万円に金利が加わった額を分割して支払う必要があります。ですが、カーリースの場合、車両価格300万円のクルマで残価設定が100万円であれば、300万円から、100万円を引いた額を分割して支払うことになるのです。

カーリースが家計に優しいポイントとは?

カーリースを使えば、自動車の本体価格の一部を支払わないことで、リース料金が決定することがわかりました。ですが、カーリースを利用することで、さらに家計に優しくなるしくみがあるのです。

最初にご紹介したように、クルマを購入した後には、法定費用が必要になります。しかしカーリースは、月々の支払いの中に、税金などの費用が含まれています。このしくみにより、税金の支払いのタイミングで、月々の支払い以外に高額の支払いをすることはなくなります。

つまり、任意保険や駐車場代が必要なければ、必要な出費はカーリースの支払いと車検費用だけになるのです(ガソリン代や高速料金などは除く)。このように、支出の大きな増減がないカーリースは、家計に優しいクルマの乗り方といえるでしょう。

家計に優しく新車を手に入れるならカーリースも検討しよう

今回ご紹介したように、カーリースを使えば家計に大きなダメージを与えることなく、新車を手に入れることができます。
「お金がないから中古を購入する」という方法もありますが、無理のない範囲で新車が手に入れられるなら、それに越したことはありません。購入時に頭金もいりませんし、維持にかかる車検時の法定費用や税金も月々の支払に含まれるカーリース。

家計に優しいカーライフを送るなら、ぜひ一考してみてください。

 

カルモのカーリース契約は追加清算がなく安心
ネット割適用のおトクなカーリース、マイカー賃貸カルモのカーリース契約は、契約終了時のマーケット価格理由による追加清算のないクローズドエンド契約。安心してクルマをお選びいただけます。
ごでぃ

この記事の執筆者

後藤直樹(ごでぃ)

神奈川県在住、男児2人の親父のカルモ編集部員。休日に息子たちとアクティブに遊ぶことが生きがい。愛車はデリカD:5。趣味はサーフィン、ボルダリング、ゴルフ。

「頭金なしで新車に乗りたい!カーリースで家計を節約する方法とは...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【徹底レビュー】「ホンダオデッセイ」元祖走りのミニバン。その走行性能から室内空間まで

【徹底レビュー】「ダイハツコペン」3つの顔を持つ軽オープンカー、そのスタイルから走りまで

【試乗記】「レクサスLC」一部改良が加えられたエレガントなクーペをチェック

【徹底レビュー】「レクサスLX」国産最高峰SUV、その走りから豪華装備まで

【試乗記】「三菱デリカD:5」 見た目はともかく中身の進化は素晴らしい(岡崎五朗レポート)

【試乗記】「日産エクストレイルAUTECH」オリジナル内外装の特別なエクストレイルの走りはいかに?

【試乗記】「日産デイズ」6年ぶりの新型の走りはワゴンRを超えたのか?

【試乗記】「トヨタRAV4」SUVを再定義するSUVの元祖(岡崎五朗レポート)

【安全性能】アルファードの安全性能を徹底解説!

【内装・使い勝手】アルファードの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深堀り!

もっと見る

PAGETOP