月々1万円台のカーリース人気の新車おすすめランキング【2019年1月更新】

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

いくら欲いと思っても、気軽に買うことができないマイカー。車の本体価格はディーラーローンで分割して支払うにしても、月々の維持費や毎年の自動車税や任意保険、そして定期的に受ける必要がある車検など、さまざまな出費が発生します。

しかし、カーリースであれば、頭金は不要ですし、税金などの法定費用や、メンテナンスパックに加入すれば車検費用も月々の支払いに組み込まれます。つまり、毎月の支払い+維持費を確保できれば、購入の目処はつけやすいと思います。特に、カーリースは、1万円台から契約できるプランがありますので、「新車は無理だから中古車でも買おうかな」と思っていた人も、十分射程圏内に入ると思います。

ここでは、マイカー賃貸カルモで1万円台から契約できる2018年の人気車種TOP3をご紹介します(2019年1月21日現在)。気になる一台がないか、ぜひご覧ください。

関連記事【2018年決定版!】カーリースで乗れる3~5万円台のハイグレード車ランキング

人気ランキング3位 ダイハツ ミライース

人気ランキング3位は、ダイハツの「ミライース」です。こちらは、このあとご紹介するTOP2とは異なり、軽自動車の王道をいくモデルです。ミライースの特徴としては、低価格でありながら高い燃費性能を実現し、「誰もが乗れる第3のエコカー」として開発されています。

また、「スマートアシストIII」という、世界最小サイズの高性能ステレオカメラを採用した運転支援システムを搭載しています。この安全性の高さも、ダイハツ ミライースの人気のひとつといえるでしょう。

ダイハツ ミライースの人気グレードは「2WD 5ドア L 4人 660cc ガソリン DCVT」で、月々の支払いは14,364円ですが、「2WD 5ドア B 4人 660cc ガソリン DCVT」になると、月々13,608円で乗ることができます。経済性、そして安心できる軽自動車として、選択肢のひとつとなる一台といえるでしょう。

ダイハツ ミライース(新車)のカーリース・マイカーリース

 

人気ランキング2位 ホンダ N BOX

人気ランキング2位は、ホンダの「N BOX」です。こちらの販売台数は、軽のハイトワゴン車の中でナンバー1となっています。

人気の理由は、特徴的なボディから生み出される居住空間の快適さ。軽自動車最大級ともいえる車内は、小型の普通自動車をしのぐとさえいわれています。特に、室内高は1,400mmとなっているので、子供の着替えなどは簡単に行えます。

また、リアシートを前に倒して足元に収納(ダイブダウン)したり、座面を跳ね上げ(チップアップ)たりと、シートアレンジも多彩ですから、大きい荷物を収納したり、大人が横になって寝たりすることもできます。

ホンダ N BOXの人気のグレードは「2WD 5ドア G・Honda SENSING 4人 660cc ガソリン DCVT」で、月々20,196円と1万円台では収まりません。しかし、グレードを「2WD 5ドア G 4人 660cc ガソリン DCVT」にすれば、月々19,440円となりますので、ご安心ください。

ホンダ N-BOX(新車)のカーリース・マイカーリース

 

人気ランキング1位 スズキ ワゴンR

2018年の月々1万円台で乗れるカーリース人気新車ランキング1位は、軽ハイトワゴンという新しいスタイルで1993年に登場したスズキの「ワゴンR」です。最新モデルとなる6代目ワゴンRは、2017年2月に登場し、現在でも不動の人気を誇っています。

人気の理由のひとつが、軽自動車でありながら「ワゴン」車を彷彿させるような車内の広さがあることです。これは、スズキの開発した新技術「ハーテクト」を採用したことで、エンジンルームの小型化に成功。車内空間の拡大を実現しました。室内長は、なんと2,450mm。大人4人が乗っても、まったくといっていいほど閉塞感を感じず、「最近の軽自動車はすごい!」と思う人もいるようです。

スズキ ワゴンRの一番人気のグレードは「2WD 5ドア FA 4人 660cc ガソリン DCVT」タイプで、月々17,064円からのプランがあります。このプランは2WDですが、4WDの「4WD 5ドア FA 4人 660cc ガソリン DCVT」でも、月々18,468円ですので、お好きなグレードを選んでもそれほど差額はありません。

スズキ ワゴンR(新車)のカーリース・マイカーリース

 

そのほかの注目車は?

人気ランキングの上位3位までは、居住性や安全面の両立が注目されています。また、4位以降のランキングも、ダイハツのハイトワゴン「ムーヴ」や、広い車内が特徴のダイハツ「タント」が続きます。

ですが、TOP10以降になると、個性的な車がランクインしており、特に女性向けの車が多くなっている結果となりました。

例えば、ダイハツの「ムーヴキャンバス」は、ムーヴをベースに往年の名車であるワーゲンバスをイメージした一台で、丸みのあるデザインだけでなくフロントとリアのバンパーやサイドモールなどにメッキ加飾を施しています(メイクアップグレード)。こちらは、「2WD 5ドア L SA III 4人 660cc ガソリン DCVT」が一番人気で、支払いも月々18,792円からとなっています。

車を選ぶ際は、ランキングを上位から選ぶと安心感がありますが、個性的な車も楽しいので、ぜひほかの車種も見てくださいね。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「月々1万円台のカーリース人気の新車おすすめランキング【201...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【徹底レビュー】「ホンダオデッセイ」元祖走りのミニバン。その走行性能から室内空間まで

【徹底レビュー】「ダイハツコペン」3つの顔を持つ軽オープンカー、そのスタイルから走りまで

【試乗記】「レクサスLC」一部改良が加えられたエレガントなクーペをチェック

【徹底レビュー】「レクサスLX」国産最高峰SUV、その走りから豪華装備まで

【試乗記】「三菱デリカD:5」 見た目はともかく中身の進化は素晴らしい(岡崎五朗レポート)

【試乗記】「日産エクストレイルAUTECH」オリジナル内外装の特別なエクストレイルの走りはいかに?

【試乗記】「日産デイズ」6年ぶりの新型の走りはワゴンRを超えたのか?

【試乗記】「トヨタRAV4」SUVを再定義するSUVの元祖(岡崎五朗レポート)

【安全性能】アルファードの安全性能を徹底解説!

【内装・使い勝手】アルファードの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深堀り!

もっと見る

PAGETOP