【ニューモデル速報】「三菱デリカD:5」外観も走りもビッグマイナーチェンジで大変貌を遂げる!

唯一のミニバンSUVである三菱デリカD:5のディーゼルモデルが大幅に刷新された。ヴェルファイアのように派手なフロントマスクに気をとられがちだが、エンジン、オートマ、4WDシステム、そして弱点とされていた先進安全運転支援装置も大きく進化を遂げている。新設定された都会派向けのアーバンギアにも注目だ。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

刷新はディーゼルモデルのみ

【ニューモデル速報】「三菱デリカD:5」

三菱デリカは運転席より前にエンジンルームを搭載するミニバンになる以前の1BOX時代から、広い室内空間とクロカン4WDに匹敵する高い悪路走破性を兼ね備えたモデルとして、コアなファンに支持されてきたモデルです。

このデリカシリーズ、通算5代目にあたるデリカD:5は2007年1月に発売され、現在も販売されているロングセラーミニバンです。そして、登場から約12年が経過した2018年11月21日、大幅な変更を行いニューモデルの予約が開始されました。販売開始は、2019年2〜3月といわれています。

三菱 デリカD:5 ニューモデル速報

三菱 デリカD:5 ニューモデル速報 アーバンギア

こちらがアーバンギア

今回、外観をはじめ、内装、パワートレインを変更するのは、ディーゼルモデルだけ。ガソリンエンジン搭載モデルは継続販売されることがアナウンスされています。

また、スタンダードモデルのデリカD:5に加えて、エアロパーツを纏ったデリカD:5アーバンギアを設定し、多様化したユーザーニーズに応えています。それでは、個性派ミニバンの三菱・デリカD:5のディーゼルモデルがどのように変わったのかを紹介します。

あっと驚くフロントの外観デザイン

新型デリカD:5は様々な道路状況において、乗員や荷物を目的地まで確実に運べるクルマという歴代デリカの商品コンセプトを継承し、低速から力強いパワーを発生するクリーンディーゼルエンジンや三菱が培ってきた4WD技術、特徴的なフォルムなどによる圧倒的な走破性能に加えて、最新の予防安全技術を採用したオールラウンドミニバンへと進化しています。

大幅に変更された外観は、現在の三菱自動車のフロントデザインコンセプトであるダイナミックシールドとマルチLEDヘッドライトを採用し、ずいぶん派手になったものの、ひと目で新型デリカD:5とわかる個性的なデザインです。

またボディカラーはエメラルドブラックパールを新開発すると同時に、歴代モデルで採用してきたグリーンを継承。さらにデリカらしさを引き立てる2トーンのエメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリックをイメージカラーとしています。

今回の大幅変更で追加されたもう一つの新しい個性「デリカD:5アーバンギア」は洗練されたモダンなイメージが特徴で、より都会的で高級感を求めるユーザーにお勧めのモデルとなっています。

上質さを増したインテリア

デリカD:5 ベージュ内装

ノーマルのベージュ内装

デリカD:5 黒内装

こちらはノーマルの黒内装

デリカD:5 アーバンギアのダッシュボード

アーバンギアはダッシュボードのパネルも異なる

インテリアはインストルメントパネルのデザインを一新。運転しやすくダイナミックな直線基調で構成されたインストルメントパネルに、生命力あふれる力強いサバ杢柄の立体木目を採用し、オールラウンドミニバンとしての機能性と上質さを兼ね備えたとしています。

見た目だけでなくステッチを施したソフトパッドや削りだしの金属がもつ重厚なイメージのセレクトモードダイヤル、立体盤面によるメーターデザインなど、触って感じるしっかり感と上質さも盛り込まれています。

デリカD:5 内装イメージ

デリカD:5 黒内装

こちらはアーバンギア。本革シートはオプション

シート生地は凹凸のあるラミ付エンボスを施し、上部で上質な仕立てです。さらにオプションで設定されている本革シートはダイヤキルティングを施し、力強さとオーセンティックな高級感を演出しています。

このほかにもフロントウィンドウシールドに遮音ガラスを採用し、防音性能や吸音機能を強化することなどで快適な室内空間を実現しました。

エンジン、AT、4WDシステムのいずれも進化!

新型デリカD:5に搭載されている2.2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンは、現行モデルに対して、最大トルクを5%アップさせ、よりスムーズな加速力を発揮するとともに、排出するガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを三菱車として初めて採用。アドブルー(高品位尿素水)により、窒素酸化物を安定して浄化することが可能となりました。

環境性能が高まったディーゼルエンジンに組み合わされるトランスミッションは新開発の8速AT。定評のある電子制御4WDシステムは新たな機能を追加することで、車両の旋回運動を的確に判断すると同時にドライバーのハンドル操作に対して、忠実な車両挙動を実現しています。

大幅にアップデートされた安全性能

予防安全技術は従来からユーザーからの声が多かった予防安全技術「e-アシスト」を新規採用。衝突被害軽減ブレーキシステムの(FCM)をはじめ、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)、後退時車両検知警報システム(RCTA)、レーダークルーズコントロールなどクラストップレベルの予防安全技術を搭載し、大幅にアップデートを図っています。

さらにディーラーオプションで10.1型のデリカD:5オリジナルナビを設定するなどエンターテイメント性も向上しています。

正式には発表されていませんが、新型デリカD:5の車両本体価格は約385万〜約425万円と予想されています。

萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【ニューモデル速報】「三菱デリカD:5」外観も走りもビッグマ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【3人のプロによる座談会】2018年、本当に良かった新型車はコレだ!

【試乗記】「日産ノートe-Powerオーテック」鍛えられた走りの実力は?

【徹底レビュー】「トヨタエスクァイア」ワンランク上のミニバン、そのインテリアから使い勝手まで

【試乗記】「レクサスRC」初めてのマイナーチェンジで洗練を増した2ドアクーペ

【試乗記】「ダイハツブーン」がマイナーチェンジ! 第三のモデル「スタイル」は女性にうれしいクルマ

【ニューモデル速報】「スズキスペーシアギア」登場、SUVテイストで王者N-BOXを包囲!

【ニューモデル速報】「三菱デリカD:5」外観も走りもビッグマイナーチェンジで大変貌を遂げる!

【ニューモデル速報】「トヨタスープラ」がついに復活!夏頃発売へ

【東京オートサロン2019】カスタムカーを彩った美女カタログ厳選20

本当はどうなの?利用者の感想からカーリースのどこがいいかを探る!

もっと見る

PAGETOP