【ニューモデル速報】「スズキスペーシアギア」登場、SUVテイストで王者N-BOXを包囲!

人気の軽自動車のスーパーハイトワゴン。王者・ホンダN-BOXを追撃するスズキスペーシアにSUVテイストのスペーシアギアが追加された。アクティブな外観デザインとアウトドアユースに適したインテリアを武器にN-BOXに挑むスペーシアギアの詳細を紹介しよう。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

躍進するスペーシアの第三のモデルはSUV!

かつてはママワゴンと呼ばれて、小さいお子さんのいるファミリーがメインターゲットだった軽スーパーハイトワゴン。しかし現在ではスーパーハイトワゴンの主力モデルであるホンダN-BOXが新車販売台数No.1に輝き、軽自動車の王道モデルの地位を築きつつあります。

軽スーパーハイトワゴンはホンダN-BOXを中心に、このカテゴリーのパイオニアであるダイハツタント、日産と三菱が共同開発した日産デイズルークス/三菱eKスペース、そしてスモールカー造りに長けたスズキスペーシアで四強を形成しています。

先代までのスペーシアは良いクルマでしたが独自性が薄かったために、販売台数は軽スーパーハイトワゴンの中で万年4位でした。しかし、2017年12月に登場した現行型スペーシアはアウトドアユーザー向けのデザインや装備、そしてクラストップレベルの室内空間を確保することによって販売台数は王者N-BOXに次ぐ第2位へと躍進しました。

そして、その勢いに乗って2018年12月にSUVテイストを強めたスペーシアギアを追加し、さらなる商品ラインナップを強化したのです。ここではノーマル、カスタムに続く第三のモデルであるスペーシアギアについて紹介しましょう。

ジムニー、ハスラー、スペーシアギアの共通点

スズキスペーシアギアは軽の主力モデルであるスーパーハイトワゴンのスペーシアにタフでアクティブなSUVデザインを採用したモデルです。スーパーハイトワゴンの特徴である広い室内空間とSUVのアクティブスタイルを融合したスペーシアギアは、軽スーパーハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいと思っているユーザーをターゲットにしたモデルです。

外観はスズキジムニーやハスラーといったスズキのSUVモデルの特徴である丸型ヘッドランプを踏襲。そしてフロントグリルやフロント&リアバンパー、サイドドアガーニッシュ、ルーフ色などをアウトドアテイストの強いガンメタリックに統一した専用装備、荷物の積載に便利なルーフレーフを標準装備することで、SUVらしいタフでアクティブなデザインとなっています。

アウトドアでガンガン使えるインテリア

一方のインテリアはブラックを基調としたシックな雰囲気が特徴で、シート表皮は撥水加工が施されており、アウトドアでの汚れ対策も万全です。

メーターやシートステッチなどにレスキューなどに使用されるオレンジのアクセントカラーを施し、ツールボックスをモチーフとしたインパネアッパーボックスを採用。タフでアクティブな中にも遊び心が感じられる空間を演出しています。

加えて、スペーシアギアのラゲージルームは荷室のフロアとリアシートの背面は汚れに強い防汚仕様となっています、泥の付いたマウンテンバイクや濡れたトレッキングシューズなどを積んでも、サッと拭くだけで汚れを取ることが可能。たくさん積んで、ガンガン使えるタフな空間が広がっています。

エンジンはノーマルとターボ、4WDは全モデルに用意

スペーシアギアに搭載されているエンジンは2種類。最高出力64psを発生し、JC08モード燃費24〜25.6km/Lを実現する0.6L直列3気筒ターボ。そして最高出力52ps、JC08モード燃費26.4〜28.2km/Lを実現する0.6L直列3気筒の2種類。

どちらのエンジンにもISGと呼ばれるモーター機能付発電機とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載。加速時にはエンジンのパワーに加えて、モーターがアシストするので、重量級のスペーシアギアでも軽自動車とは思えないパワフルな加速を実現しています。組み合わされるトランスミッションはCVTのみで、駆動方式は全モデルで2WDと4WDを用意しています。

トップレベルの安全装備

注目の安全装備は、全車に前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」に加え、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を全車に標準装備したほか、フロントガラス投影式の「ヘッドアップディスプレイ」をオプション設定するなど、軽ハイトワゴントップレベルの安全装備の充実度を誇っています。

スズキスペーシアギア価格表(2019年1月現在)

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格
ハイブリッドXZ2WD28.2161万4600円
4WD26.4173万2320円
ハイブリッドXZターボ2WD25.6169万5600円
4WD24181万3320円

ボディカラーは全8色を用意するスペーシアギア車両本体価格は161万4600円〜181万3320円となっています。プレーンな魅力のN-BOXそして、荷物を積むことに特化して開発されたN-VANに対して、アウトドアテイストを強力にプッシュするスペーシアギア。今後、さらに激しい販売競争が繰り広げられそうです。

萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【ニューモデル速報】「スズキスペーシアギア」登場、SUVテイ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【3人のプロによる座談会】2018年、本当に良かった新型車はコレだ!

【試乗記】「日産ノートe-Powerオーテック」鍛えられた走りの実力は?

【徹底レビュー】「トヨタエスクァイア」ワンランク上のミニバン、そのインテリアから使い勝手まで

【試乗記】「レクサスRC」初めてのマイナーチェンジで洗練を増した2ドアクーペ

【試乗記】「ダイハツブーン」がマイナーチェンジ! 第三のモデル「スタイル」は女性にうれしいクルマ

【ニューモデル速報】「スズキスペーシアギア」登場、SUVテイストで王者N-BOXを包囲!

【ニューモデル速報】「三菱デリカD:5」外観も走りもビッグマイナーチェンジで大変貌を遂げる!

【ニューモデル速報】「トヨタスープラ」がついに復活!夏頃発売へ

【東京オートサロン2019】カスタムカーを彩った美女カタログ厳選20

本当はどうなの?利用者の感想からカーリースのどこがいいかを探る!

もっと見る

PAGETOP