【試乗記・岡崎五朗】「ホンダインサイト」3代目は質感でプリウスに挑戦!

モデルチェンジのたびにボディタイプを変えてきたホンダインサイトの3代目は上級セダンとして登場した。常にプリウスの後塵を拝してきたインサイトだが、ようやく手に入れた最新のハイブリッドシステムで打倒プリウスの悲願は達成できるのだろうか。岡崎五朗さんの試乗レビューをお届けしよう。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

コンパクトセダンから上級セダンに

インサイトってコンセプトがクルクル変わるよね、と言う人は多い。外側だけ見ているとたしかにそうだ。初代は2シーターの燃費スペシャル、2代目はお買い得なコンパクトセダン、そして3代目はプチ贅沢なセダンへと変遷した。ハイブリッド専用モデルという共通点を除けば、そこにはなんら一貫性がないように見える。

しかし僕はちょっと違う見方をしている。初代は燃費、2代目は価格、3代目は質感と、手段は違えど「先行するプリウスをなんとかキャッチアップしたい」というホンダの意地がインサイトの歴史だと思うからだ。そういう意味では、きわめて一貫性のあるクルマという見方もできるだろう。

もちろん、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)という世紀の大発明に正面から対抗するためにはかなりの時間がかかった。簡易型のハイブリッドを使いつつ燃費でプリウスと競争するために、初代は軽さと低い空気抵抗を必要とした。2代目は内外装の質感を極端に落として低燃費と低価格を実現した。しかし2シーターが数売れるはずはなく、また目を覆いたくなるような安っぽい2代目も、プリウスの対抗価格戦略によって見事に撃沈されてしまった。言うなれば、インサイトの歴史とはホンダの対プリウス戦略における敗北の歴史でもあったわけだ。

切り札は新しいハイブリッドシステム

ところが、ここに来て風向きが変わり始めた。切り札となるのはホンダの「i-MMD」と呼ぶ優秀なハイブリッドシステムだ。詳細な解説は控えるが、トヨタのTHSと日産のe-powerのいいとこ取りをしたシステムと理解しておけばいいだろう。加減速の多い街中ではモーター主体でEVのように走り、高速道路の一定走行時のようなエンジン駆動が有利な場面ではエンジンを上手く使って燃費を稼ぐ。

プリウスと対照的、真っ当ないまどきのセダン

i-MMDはすでにCR-Vやステップワゴンが搭載しているが、セダンへの搭載は新型インサイトが初めて。そして新型インサイトは、実に真っ当ないまどきのセダンに仕上がっている。

低めの車高と伸びやかなプロポーションで構成されるデザインには奇をてらった部分がない。とはいえ退屈かといえばそんなことはなく、適度な主張をしつつも街の風景に自然に溶け込むといった感じ。美しいとかエレガントとか、そんな言葉が似合うデザインだ。このあたりは、マイナーチェンジで幾分マシはなったとはいえ依然として奇抜さが先行するプリウスと大きく異なる部分だ。

インテリアの仕上げも上質だ。素材にも仕立てにもデザインにも作り手のセンスとこだわりが感じられる。

インパネにウルトラスウェードを張った上級グレードになるとさらに上質感と大人っぽさが増す。これなら上等なスーツを着て乗り込んでもサマになる。

シャシーの余裕がもたらす上質な乗り味

走り出すと、まずは静粛性の高さに感心し、次いで高いボディ剛性に支えられた上質な乗り味に驚かされる。プラットフォームはシビックと共通だが、シビックはもともと300psオーバー級のエンジンを搭載するタイプRを視野に開発されている。もともと高い資質を持っているプラットフォームだから、味付け次第で上質側にももっていけるのだろう。シャシーがここまで上質だと、CR-Vやステップワゴンの2Lエンジンを組み合わせたグレードも欲しくなるぐらい。1.5Lでもとくに不足はないが、上り勾配の加速時などにはさすがにエンジンノイズが気になってくるからだ。

セダンの良さが忘れられない人に

ハイブリッド用バッテリーを後席下に収めたためトランクは「これがハイブリッド?」と思えるほど巨大。その影響で後席の座面はちょっと薄くなったが、違和感を覚える人はほとんどいないだろう。プリウスの購入を考えている人だけでなく、上質かつ手頃なサイズで燃費のいいセダンに興味があるならインサイトは大注目の一台だ。

岡崎 五朗

この記事の執筆者

岡崎五朗(おかざきごろう)

大学在学中から自動車雑誌での執筆を開始し、卒業後は一貫してフリーランスのモータージャーナリストとして活動。「生活をともにして気持ちがいいクルマかどうか」という評価軸での評論にはファンが多い。現在はテレビ神奈川「クルマでいこう!」に出演中。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)理事。日本カーオブザイヤー選考委員・ワールドカーアワード選考委員・ワールドエンジンオブザイヤー選考委員。

「【試乗記・岡崎五朗】「ホンダインサイト」3代目は質感でプリウ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【試乗記】「トヨタアルファード&ヴェルファイア」選ぶならハイブリッドか、3.5Lガソリンエンジンか?

【特集】ホンダS660という軽自動車スポーツカーの居住性、内装、実用性は?

【特集】ホンダS660のおすすめグレードは?燃費も良くなったMRスポーツカーのグレードを徹底比較!

【特集】ホンダS660の実燃費と乗り心地、走行性能をチェック

0円マイカーって?カーシェアやサブスクなど、現代のマイカー事情とは

【試乗記】「スズキスペーシアギア」追加されたSUVテイストのスペーシアは個性満点!

【大阪オートメッセ2019】カスタムカーを彩った美女カタログ厳選20+α

【試乗記】「スズキアルト」安全装備が進化した軽自動車のベーシックモデルは軽さが魅力

【徹底レビュー】「トヨタパッソ」軽自動車並みの価格が魅力のコンパクトカー、そのスタイルから燃費まで

【特集】スズキジムニーの安全装置を徹底解説!

もっと見る

PAGETOP