萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「三菱eKワゴン」 先進安全装置と上質さで、軽のトールワゴンに新風を巻き起こすか?

「三菱eKワゴン」 先進安全装置と上質さで、軽のトールワゴンに新風を巻き起こすか?

この記事は、 5 分で読めます。

三菱のノウハウと日産の先進技術の融合

2019年3月28日、三菱自動車は軽ハイトワゴンのeKワゴンのフルモデルチェンジを行いました。6年ぶりのフルモデルチェンジにより4代目となったeKワゴン。先代モデルから三菱と日産の合弁会社NMKVによって企画・開発された軽自動車となりましたが、今回もその枠組みは同じです。

新型eKワゴンは新たな開発・生産プロセスのもと、クルマの基礎にあたるプラットフォームをはじめ、エンジン、CVTといったパワートレインも一新。約60年にわたる三菱の軽自動車のノウハウと日産の先進技術を融合した、軽ハイトワゴンへと大幅に進化しました。

停止中eKワゴン

エアログレードのカスタム廃止、SUVの新モデル登場

エアログレードのカスタム廃止、SUVの新モデル登場

先代までは標準車のeKワゴンと派生モデルとして押し出し感を強めたeKカスタムという2タイプを設定していました。しかし、新型ではeKカスタムが廃止され、新しくSUVテイストを強調した「eK X(クロス)」という新モデルを発表し、eKワゴンとの差別化を図っています。ここでは新型eKワゴンを詳しく紹介しましょう。

*「eK X」については以下の記事を参照ください。

【ニューモデル速報】 「三菱eK X(クロス)」 派手な見た目と先進の装備で軽自動車SUVに殴り込み!

コンシェルジュに相談

長くなった室内空間、特にリアシートの足元に余裕が

長くなった室内空間、特にリアシートの足元に余裕が

新型eKワゴンは先代モデルよりホイールベースを65mm延長することで、快適なキャビンスペースを実現。特にリアシートの足元スペースは70mm拡大し、フロントシートを最も下げた状態でも大人が足を組んで座ることができます。また、足元は出っ張りや段差のないフラットな空間となっており、乗り降りがしやすいだけでなく、荷物も安定しておくことが可能です。

メリハリのある外観デザイン

メリハリのある外観デザイン

外観デザインは「THE CUTE CHIC(キュート・シック)をコンセプトに、軽ハイトワゴンのスタンダードモデルとして、おおらかで、張りのある曲面で全体を構成しています。

新色のミントブルーメタリック

いきいきとした躍動感に加えて、かわいらしく上質なデザインとしました。クロムメッキ処理を施した水平基調のグリルとヘッドライトが連続するデザインにより、ワイド感を表現しています。ボディカラーは新色のミントブルーメタリックをはじめ、上質感を引き立てるシックな7色を設定しています。

シンプルななかに上質を織り込んだインテリア

シンプルななかに上質を織り込んだインテリア

インテリアは「快適な空間」「わくわくするディテール」「スマートな使い勝手」をコンセプトに細部にわたっておしゃれさと実用性を追求。機能性と質感にもこだわりをもって作り込んでいます。インストルメントパネルに水平基調の「ホリゾンタルアクシス」というデザインコンセプトを採用し、スッキリとした形状で、良好な前方視界を確保しています。

マルチインフォメーションディスプレイ

タイヤアングルガイド

コクピット内にはマルチインフォメーションディスプレイを設置し、アクセルペダルの踏み具合を表示するエコペダルガイドや駐車時の前進/後退を繰り返す際にタイヤの向きや角度を表示するタイヤアングルガイドなど、イマドキのクルマらしく多様な情報をカラフルに表示します。

インテリア

インテリアカラーはライトグレーを基調として上質な空間を演出。加えてシートはボリューム感のある生地を採用することで、乗り心地を向上させるとともにシンプルな柄で明るくカジュアルな雰囲気を表現しています。

エンジンとCVTも刷新、ハイブリッドは搭載されず

エンジンとCVTも刷新、ハイブリッドは搭載されず

新型eKワゴンに搭載されているエンジンとトランスミッションのCVTは新開発で、低燃費、軽快な加速性能、そして加速時でも高い静粛性をすべて実現しています。

エンジンとトランスミッションのCVTは新開発

搭載されているエンジンは660ccの直列3気筒DOHC(自然吸気)の1種類で、ミッションは駆動方式を問わずCVTが組み合わされています。なお今回新たに登場したSUVモデル「eK クロス」に搭載されたハイブリッドの設定はeKワゴンにはありません。燃費性能はJC08モード燃費でFF車が29.4km/L、4WD車は24.6km/Lを実現しています。

大幅に進化した先進安全運転支援装置

大幅に進化した先進安全運転支援装置

先進の運転支援装置に関しては、新型eKワゴンには日産からの技術供与により、三菱車初となる高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロッット)をオプションで設定。高速道路においてクルマがアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援してくれるので、ドライバーのストレスや疲労を軽減し、ロングドライブをサポートしてくれます。

さらに、従来車に搭載されていた予防安全技術の衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)をはじめ、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報システム(LPW)、オートマチックハイビーム(AHB)に加えて、新たに車線逸脱防止支援機能(LDP)を設定することで、全車「セーフティサポートSワイド」に該当しています。

また、万が一の事故の場合に乗員を保護するエアバッグも、運転席&助手席のSRSエアバッグに加えて、側面衝突時の肩から腰まで保護する前席サイドエアバッグ、カーテンエアバッグを全車に標準装備。昨今話題の安全性の向上には著しいものがあります。

eKワゴン

クルマの基礎やパワートレインを一新し、先進の運転支援技術を搭載した三菱eKワゴン。グレード構成はMとGの2グレードで車両本体価格は129万6,000円〜150万6,600円となっています。

※記事の内容は2019年4月時点の情報で執筆しています。

三菱eKワゴンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他の三菱eKワゴンの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr