萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎわらふみひろ

「三菱eK X(クロス)」 派手な見た目と先進の装備で軽自動車SUVに殴り込み!

「三菱eK X(クロス)」 派手な見た目と先進の装備で軽自動車SUVに殴り込み!

この記事は、 5 分で読めます。

カスタムやめました、SUV始めました

2019年3月28日、三菱自動車は軽ハイトワゴンのスタンダードモデルeKワゴンの6年ぶりのフルモデルチェンジと同時に、新たな派生車種としてSUVテイストを強調した新型車のeK X(クロス)を発売しました。

eKクロスはeKワゴンと同様に三菱と日産の合弁会社NMKVが企画・開発を行った軽自動車です。これまでeKワゴンにはエアログレードのカスタムが存在していましたが、今回のモデルチェンジで廃止され新たな車種としてSUVタイプのeKクロスが誕生しました。

*「eK ワゴン」については以下の記事を参照ください。
【ニューモデル速報】 「三菱eKワゴン」 先進安全装置と上質さで、軽のトールワゴンに新風を巻き起こすか?

まるで小さなデリカD:5!

まるで小さなデリカD:5!

外観デザインは「THE CUTE BEAST(キュート・ビースト)」をコンセプトに、三菱ならではのアクティブさを遊び心いっぱいで存在感のあるSUVテイストを表現しています。

eKクロス外観

フロントマスクはSUVらしい力強さを表現した最近の三菱SUV共通のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。薄いポジションランプ、縦型のヘッドライトを採用したフロントフェイスは、先日大幅なマイナーチェンジを行ったデリカD:5によく似ていて、軽自動車とは思えない圧倒的な存在感を演出しています。

eKクロス外観 リア

リアは張りのあるアッパーキャビンを厚みのあるバンパーで支える構成により、SUVらしい安定感を実現。Cピラーから連続するリアコンビランプも特徴的な形状で、ワイドなゲート開口との両立を図っています。ボディカラーは11通りのカラーを用意。新色を含む6色のモノトーンに加えて、イメージカラーのサンドイエローメタリック/ホワイトソリッドなどSUVテイストを一層引き立てる5通りの2トーンカラーを用意しています。

2種類あるインテリア

2種類あるインテリア

インテリアはeKワゴン同様にインストルメントパネルに水平基調の「ホリゾンタルアクシス」というデザインコンセプトを採用し、スッキリとした形状で、良好な前方視界を確保、インテリアカラーはブラックを基調として、ブルーをアクセントカラーとしたスポーティかつスタイリッシュな空間としています。

凹凸のある生地にハニカム調エンボス加工を施したシート

シートは凹凸のある生地にハニカム調エンボス加工を施し、タフで機能的なイメージを表現。

プレミアムインテリアパッケージ

さらにメーカーオプションで、プレミアムインテリアパッケージが設定されました。こちらはブラックとタンのカラーコンビネーションとして、カラフルなストライプパターンを生地にタンカラーの合成皮革と組み合わせ、遊び心のある空間を演出しています。

eKワゴンにはないハイブリッドとターボを設定

eKワゴンにはないハイブリッドとターボを設定

eKクロスに搭載されているパワートレインはeKワゴンとは異なります。新開発の660cc直列3気筒自然吸気とターボの2種類で、どちらのエンジンにも最高出力2.7psを発生するモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

オートストップ&ゴー(AS&G)採用

加速時はバッテリーに蓄えた電力を利用し、モーターが駆動力をアシスト、減速時には電気エネルギーをリチウムイオンバッテリーへ効率的に充電します。さらに車速が約13km/h以下になるとエンジンを停止させるオートストップ&ゴー(AS&G)と呼ばれるアイドリングストップ機構も採用しています。

eKクロスに搭載されているNAエンジンのハイブリッドシステムは最高出力がエンジン52ps+モーター2.7psを発生し、JC08モード燃費はFF車が29.4〜29.8km/L。4WD車は25.4km/Lです。ターボエンジンのハイブリッドシステムはエンジン64ps+モーター2.7psで、JC08モード燃費はFF車が25.2km/L、4WD車は22.8km/Lを実現しています。

ek_x

日産との共同開発で手に入れた「先進性」

日産との共同開発で手に入れた「先進性」

先進の運転装備に関しては、新型eKワゴン同様にeKクロスにも三菱車初となる高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」をオプションで設定。また、滑りやすい路面での発進・加速をサポートしてくれるグリップコントロールを全車に標準装備。

デジタルルームミラー

さらに駐車をサポートしてくれるマルチアラウンドモニターに加えて、後方が見やすいデジタルルームミラーを軽自動車で初めて採用しました。

安全装備も納得の充実ぶり

安全性に関しては最新モデルらしく非常に充実しており、従来車に搭載されていた予防安全技術の衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)をはじめ、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報システム(LDW)、オートマチックハイビーム(AHB)に加えて、新たに車線逸脱防止支援機能(LDP)を設定することで、全車「セーフティ・サポートカーSワイド」に該当しています。

本命はこちら?

本命はこちら?

ベースとなったeKワゴンに比べて、外観や内装、そしてエンジンなどの走行性能もずいぶん異なった仕立ての三菱eKクロス。グレードもeKワゴンより多くM、G、Tの3種類で車両本体価格は141万4,800
円〜176万5,800円となっています。

 

※記事の内容は2019年4月時点の情報で執筆しています。

三菱 eKクロス の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他の三菱 eKクロスの記事

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す