【徹底レビュー】「ホンダN-WGN」熟成されたホンダのトールワゴン、その走りから室内空間まで

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

軽自動車の王道「ハイトワゴン」へのホンダの回答

2013年11月に登場したホンダN-WGN(エヌ・ワゴン)は、ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第4弾となるハイトワゴンです。軽乗用車の「新しいベーシック」を目指して、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたモデル。大人4人がくつろげる快適な室内空間や誰もが安心して運転できる車両制御デバイスをすべてのタイプに装備しています。モデル体系は標準車のN-WGNと押し出し感を強めたN-WGNカスタムの2種類が設定されています。

現在でこそ軽自動車の主流はN-BOXやスペーシアといった広大な室内空間とリアスライドドアを採用し高い利便性を実現したスーパーハイトワゴンとなっていますが、スズキワゴンRの登場以降、長いあいだ主力のボディタイプだったのがダイハツムーヴ、日産デイズ、そしてN-WGNが属するハイトワゴンです。

ノーマル、カスタムとも落ち着きのある外観

N-WGN、N-WGNカスタムの外観は安心感、存在感を追求したデザインを採用しています。N-WGNは心に豊かさをもたらし、上質感のある「プラウド・オーセンティック・デザイン」を採用。存在感とともに安心感を表現しています。一方のN-WGNカスタムは「アバンギャルド・エモーション」をテーマに強い押し出しと上質なたたずまいを両立させています。

N-WGNのインテリアはインストルメントパネルの上の部分をブラックに、そしてインテリア全体を明るいベージュという2トーンカラーにすることにより、上質かつ開放的でクリーンな雰囲気が漂います。一方のN-WGNカスタムは外観と同じテーマでブラックとバーガンディの2トーンコーディネイトを採用し、落ち着いた中にもドライバーの心に訴えかける主張がある室内空間が特徴です。

ホンダ独自のセンタータンクレイアウトで広い室内空間

N-WGN、N-WGNカスタムともに、居住空間とカーゴスペースを高い次元で両立したパッケージングを実現。フロントシートはロングドライブでも疲れにくく座り心地の良さを追求し、ゆったりとしたサイズのドアアームレストを装着することで快適な居住空間となっています。

リアシートは当時「N」シリーズとして初めて前後200mmのスライド機構を採用。シチュエーションに応じて、リアの空間を自在にアレンジすることができます。また、リアシート下には傘や靴などを収納できる大きなトレイを装備しているのも特徴。

ラゲージスペースはホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用したことで、290mmの深さをもつアンダーボックスを確保し、スライド機構の付いたリアシートとの相乗効果により、荷物の大きさや量によってアレンジが可能となっています。

自然吸気とターボともに全グレードで4WDも選択可能

N-WGNに搭載されているエンジンは、最高出力58ps、最大トルク65Nmを発生する660cc直列3気筒DOHC自然吸気と最高出力64ps、最大トルク104Nmを発生する直列3気筒DOHCターボの2種類です。両エンジンともに組み合わされるミッションはCVTで、駆動方式は全グレードでFFと4WDを設定。JC08モード燃費は現在では自然吸気車のFF車が29.4km/L、4WD車は26.2km/L。ターボ車のFF車が26.0km/L、4WD車は24.2km/Lとなっています。

今となっては少々見劣りする安全装備

安全装備は約30km/h以下で前方車両との衝突の回避・被害軽減をサポートするシティブレーキアクティブシステムを設定。さらに、側面衝突時に頭部への衝撃を緩和するサイドカーテンエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステムを設定しています。現在の軽自動車のレベルからすると安全装備に関してはやや物足りない内容となっているのは否めません。

2013年に登場したN-WGN、N-WGNカスタムは2015年4月に一部改良を行い、燃費性能の向上と安全装備がセットになった「あんしんパッケージ」をオプション設定するなどの変更を行いました。続く2015年7月には装備を簡素化したベーシックグレードのCを追加しています。2016年6月の一部改良では内外装の質感を向上させました。N-WGNは外観にボディと同色でメッキ仕上げとしたニューデザインのフロントグリル、クロームメッキアウターハンドルを採用。インテリアはブラウン×ベージュの2トーンおよびブラックの2色を用意しました。一方のN-WGNカスタムは新作のメッキグリル、LEDフォグライト+クロームメッキ・フォグライトガーニッシュを採用。インテリアにはLEDルームランプを採用しました。装備面も充実化を図り、360°スーパーUV・IRカットパッケージやETC車載器、充電用USB搭載のナビ装着用スペシャルパッケージを設定しています。

そろそろ世代交代、特別仕様車ならお買い得

すでに登場から5年以上が経過し、そろそろフルモデルチェンジの噂も出ているものの、走行性能はホンダらしい安定性の高さが特徴です。しかし、ライバル車のスズキワゴンRや日産デイズ/三菱eKワゴン、ダイハツムーヴといったライバル車は世代交代を行っていたり、安全装備をアップデートしたりし進化しています。その結果、N-WGN/N-WGNカスタムは安全装備面ではかなり差を付けられています。

N-WGN/N-WGNカスタムは装備が充実してお買い得な特別仕様車も設定されていますが、モデルチェンジ前の現在はオススメできる状況ではないというのが正直なところです。そのような状況ですが、オススメのグレードを挙げるとすれば、特別仕様車のN-WGN /G SSパッケージII、N-WGNカスタムSSパッケージIIです。この特別仕様車ならば、安全装備がパッケージされた「あんしんパッケージ」と「運転席&助手席シートヒーター」が標準装備されながら、割安な価格となっているからです。

■ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム価格表(2019年4月現在)

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格
N-WGN C2WD29.4116万4000円
4WD26.2129万4000円
N-WGN G2WD29.4122万2000円
4WD26.2135万円
N-WGN G・Lパッケージ2WD29.4126万1000円
4WD26.2139万1000円
N-WGN G・ターボパッケージ2WD26132万円
4WD24.2145万円
N-WGN カスタム G2WD29.4138万円
4WD26.2151万円
N-WGN カスタム G・Lパッケージ2WD29.4145万円
4WD26.2158万円
N-WGNカスタム G・ターボパッケージ2WD26151万5000円
4WD24.2164万5000円
萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【徹底レビュー】「ホンダN-WGN」熟成されたホンダのトール...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【燃費・走り】ヴォクシーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【ライバル対決】「日産ノートvsトヨタアクア」ベストセラーコンパクトカーはどちらが買いか?

【徹底レビュー】「ホンダS660」世界でただひとつの軽オープン2シーターミッドシップスポーツカー

【徹底レビュー】「トヨタハリアー」依然として魅力を放つ日本専用プレミアムSUV

【徹底レビュー】「トヨタシエンタ」使い勝手が光る、コンパクトミニバンのベストセラー

【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベストセラー

【試乗記】「三菱eKクロス」プレミアムといってもいい軽SUV

【試乗記】「三菱eKワゴン」激戦の軽ハイトワゴンで光る実力!

【グレード情報】CX-5のグレードをリサーチ!

【燃費・走り】ホンダフリード+の実燃費とカタログ燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP