オートリースのメリットとは?購入よりも安く簡単に新車に乗る方法を紹介

オートリースとは
貯金ゼロでも

オートリースとは、一定期間、好きな車を月額料金でリースすることで、別名カーリースともいいます。カーローンとは違い、利息や頭金がかからず、車の維持費や税金なども月々の支払いに含めることができるので、家計管理がしやすいのが特徴です。

ここではオートリースのしくみや利用手順、月々の料金の設定方法などについて解説。また、実際の支払額をシミュレーションし、オートリースのメリットやデメリットについても詳しくご紹介します。

月額10,000円台で新車に乗れる!購入よりもお手軽なオートリースはこちら

【この記事のポイント】
✔オートリースは契約までのステップが少なくて簡単に利用できる
✔オートリースは車の維持費が月額料金にコミコミだから、家計管理がしやすい
✔オートリースなら、契約満了後に車がもらえる定額カルモくんがおすすめ

オートリースとは?

カーリースの仕組み

オートリースはカーリースとも呼ばれ、リース会社が購入した車を利用者が契約して、毎月定額の料金を支払うことで長期的に借りることができる車のサブスクリプションサービスです。

月額料金には、リース代だけでなく、リース前の整備・登録費用、毎年の自動車税(種割別)、車検時の自賠責保険料、自動車重量税なども含まれているのが特徴で、車にかかる費用をフラットにできるといったメリットがあります。

カーシェアリングやレンタカーではその都度車を借りる必要がありますが、オートリースの場合、契約期間中はマイカー同様、いつでも好きなときに車を使うことができます。また、好きな車種やボディカラーを選んだりオプションをつけたりすることができるので、購入するときと同じように自分らしいカーライフを楽しめるでしょう。

さらに、リース会社によっては、契約期間満了後に車をもらえるプランもあり、最終的に自分のものにできる点も大きな魅力です。実際にオートリースを利用するにはどのような手順を踏めばいいのか、契約までのステップを見ていきましょう。

オートリースの契約手順

オートリースの契約は、ネットで申し込みできる場合も多く、自分の都合の良い時間に契約手続きを進めることができます。それぞれの手順はリース会社によって異なるため、事前に調べておきましょう。
ここでは、一般的なオートリースの契約手順について詳しくご紹介します。

1. 乗りたい車種を選ぶ

まずは、リース会社のウェブサイトで乗りたい車を探しましょう。希望する車種が決まったら、カラー、グレード、オプションをチェックします。月々支払える料金を考えて、選んだ車がいくらになるのかを確認してみましょう。

国内メーカー全車種・全グレードをラインナップ!自分好みの車を選べるオートリースはこちら

2. 契約期間を決め、見積りを確認する

車が決まったら、契約年数を選びましょう。契約年数はリース会社によって選べる期間が変わり、1年ごとに選べる場合や3年、5年、7年などあらかじめ期間が決まっている場合もあります。車を利用するシーンやライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

なお、見積りもオンラインで確認できるリース会社が多く、車種や契約年数を変えてシミュレーションすることもできます。

3. 審査を受ける

見積りを確認した後は、審査の申込みをします。審査結果までの期間はリース会社によって異なりますが、1週間以内にわかる場合がほとんどでしょう。

なお、カーリースの定額カルモくんなら、見積もり画面からそのまま審査の申込みができるため、難しい手続きは必要ありません。また、審査結果も通常翌営業日、最大でも3営業日以内とスピーディーにわかるため、効率よく車を選べます。

5分程度で申込み完了!定額カルモくんでお試し審査はこちら

4. 契約する

審査に通った場合、リース会社から契約内容について確認の連絡が来ます。申し込んだ内容に間違いがないかを確認し、不明な点があればこのタイミングで質問して疑問を解欠しておきましょう。

契約内容が確定した後は、契約書が郵送で送られてくるので、内容を改めて確認して署名捺印した書類を返送し、リース会社が受け取ったら契約完了となります。

5. 納車

契約後、リース会社が自動車販売店に車を発注し、納品日が決まった段階でリース会社から連絡が来ます。その際、納車の希望日時を伝えておきましょう。

納車時は、契約者が指定する場所まで届けてもらえるのが一般的です。それまでに駐車場はきちんと用意しておきましょう。納車後は、車に傷や汚れがないか、また乗ってみて違和感がないかなども忘れずにチェックし、何か異常があればその場で伝えることが大切です。

定額カルモくんでは、契約後はもちろん、契約前であっても専門知識のあるスタッフが車選びの悩みをサポートしてくれるので、オートリースを初めて利用する方でも安心です。

契約前後のサポートも充実!顧客満足度98.9%のオートリースはこちら

オートリースの料金のしくみは?月額料金に含まれるものと費用目安

オートリース代金の計算方法

オートリースの月額料金には、車両本体価格だけでなく保険や税金なども含まれています。ここでは、オートリースの料金設定のしくみや月額料金に含まれる費用について詳しく解説します。

オートリースの料金設定のしくみ

リース料金の残価設定

オートリースは、契約満了時に車を返却することが前提のサービスです。そのため、車を購入する場合は車両本体価格を全額支払うのに対し、オートリースでは、実際の車両本体価格から契約満了時の想定残価(車の下取り価値)を引いた額となります。

例えば、車両本体価格が250万円の車の場合、一括購入やカーローンでは250万円全額を支払います。一方、オートリースの場合は、契約満了時の想定残価が150万円だとすると、「250万円-150万円=100万円」となり残価分が差し引かれる分、負担する車両本体価格を抑えられます。オートリースの月額料金は、この100万円を契約月数で割って算出します。

なお、契約年数が長いほど多い回数で車両本体価格を分割できるため、月額料金は安くなっていきます。カーローンでは支払い回数が多いほど利子がかさむデメリットがありますが、オートリースでは利子の支払いがないため、よりリーズナブルな料金で車を利用できます。

月額料金に含まれる費用やオプション費用の内訳は?

月々支払

基本的に月額料金には、車を維持するために必要な費用が最初から含まれています。そのため、まとまった出費がなく家計の管理がしやすいのが特徴です。

マイカー購入時には、新車登録手数料や税金などが発生しますが、それらも月額料金に含まれるほか、ローンを組んだときにかかる頭金や利息などを支払う必要もありません。月額料金に含まれている費用やオプションサービスに含まれていることの多い費用は以下のとおりです。

月額料金に含まれている費用

  •  税金(自動車税(種別割)・自動車重量税・環境性能割)
  •  保険料(自動車損害賠償責任保険)
  • ディーラー点検費用
  •  サポート料
  •  手数料(新車登録手数料・仲介手数料)

オプションサービスに含まれている費用

  • メンテナンス費(法定12ヵ月点検・車両点検)
  •  消耗品交換(エンジンオイル・ブレーキパッド・バッテリーなど)
  •  原状回復費用など

軽自動車を買ったときの月額費用のシミュレーション

実際にオートリースを契約した際、月々の支払いはどのようになるのでしょうか。燃費も乗り心地も良いとして、幅広い世代から人気を集める軽自動車、ダイハツ「ミライース」のLグレードを、定額カルモくんでリース契約した場合の支払い金額をシミュレーションしてみましょう。

ミライース

購入条件

賃貸期間9年
カーナビあり
メンテナンスプランゴールド
頭金・ボーナス払いなし

 

月額料金の内訳(2021年11月時点の情報です)

9年賃貸 月額料金14,570円
カーナビ968円
メンテナンスプラン(ゴールド)4,460円
合計月額19,998円

 

カーローンの場合、金利や税金、保険料などが別途発生することを考えると、人気の新車を月々10,000円台から利用できるのはうれしいポイント。ここでは、ゴールドのメンテナンスプランを選択していますが、用途に合わせてプランが選べるので、選ぶプランによってはさらに負担を抑えて利用することができます。

プラン次第でさらにお得!月々11,220円で新車に乗れる

10017_ミライース

オートリースのメリット・デメリット

オートリースには、月々の支出をおさえて車を利用することができる、ライフステージに合わせて乗り換えができる以外にも、さまざまなメリットがあります。そのほかのオートリースのメリット・デメリットについて購入した場合と比較しながらご紹介します。

オートリースのメリット

1. 車両本体価格の負担を抑えられる

オートリースでは、返却時の想定残価を引いた金額が車両本体価格となり、その金額を契約期間で分割して支払っていくため、月々の負担を抑えて車に乗ることができます。さらに、長期のリース契約になるほど、月額料金は安くなります

2. 定額制で利用できる

月々の料金に「税金」や「保険料」「点検・整備費用」など、車を維持するためのさまざまな費用が含まれているので、急な出費を気にせず定額制で利用することができ、家計管理がしやすいのが特徴です。

3. 頭金・初期費用がいらない

オートリースでは、車検や保険といった車の維持費や初期費用の一部が月額料金に含まれています。さらに、カーローンのように返済にかかる利息や頭金も必要ありません。

4. 新車・好きな車種を選べる

基本的にオートリースは新車を扱っているため、カーシェアリングやレンタカーのように誰かが乗った車ではなく、誰も乗っていない車に乗ることができ、なおかつマイカーのように好きなタイミングで乗ることができます

また、リース会社によっては国産車の全車種をカバーしているなど選べる車種も幅広く、購入するときと同じように自分が好きな車を選ぶことができます。

国産全車種・全グレードに10,000円台から乗れるオートリースはこちら

5. 乗り換えしやすく、いろんな車に乗れる

予め契約期間が定められているオートリースは、購入と比べて乗り換えに費用や手間がかからないのが特徴です。購入した車を手放す際には、廃車手続きや売却手続きが必要となりますが、オートリースであれば契約期間が満了になったら車を返却するだけで、新しい車にも簡単な手続きで乗り換えられます

6. 個人事業主は全額経費計上できる

個人事業主は、事業に関する支出を経費として計上できます。オートリースの場合、車の所有権は契約者本人ではなくリース会社になるので、利用者が支払う月額料金は、使用料として確定申告の際に全額経費として申請できます。そのため、節税効果も期待できるでしょう。

7.ナンバープレートも選択できる

オートリースのナンバープレートは、所有者が選択することができます。そのため、レンタカーのように、ナンバープレートは「わ」ナンバーにはなりません。一目でリース車とわかってしまうこともなく、マイカー同様に利用することができます。また、リース会社によっては、希望ナンバーを申請できる場合もあります。

デメリット

1. 契約年数の変更ができない

オートリースの場合、購入とは違い契約満了後は車を返却しなくてはいけません。基本的には申込み時に決めた契約期間を後から変更したり中途解約をしたりすることはできないため、契約前にライフプランなどを踏まえて契約期間を決めておく必要があります。

2. 走行距離制限がある

オートリースではほとんどの場合、車体の消耗や部品の劣化などで車の残価が下がらないよう、ひと月の走行距離が制限されています。規定の走行距離を超えた場合は、契約満了時に超過した距離を割り出して精算が必要になるため注意が必要です。

ただし、リース会社によっては、走行距離制限をなしにできるプランを用意している場合もあるため、毎日の通勤や週末のレジャーなどで、長距離走行が多くなることが想定される場合は、そのような会社を選ぶといいでしょう。

3. カスタマイズがしにくい

マイカーと違い、オートリースで借りている車は返却時に原状回復ができないようなカスタマイズはできません。例えば、タイヤのような消耗品は変更できますが、車のカラーを変える、ボディパーツを本体に加工して取り付けるといったカスタマイズは避けるべきでしょう。

4. 追加で費用が発生する場合がある

オートリースでは、リース契約が満了となったタイミングで車を返却しなければいけません。その際、車体に大きな傷をつけてしまった、事故を起こしてしまったなど、経年劣化以外の原状回復が必要な場合は、修復費用を負担しなければなりません。

オートリースには、このようなデメリットがありますが定額カルモくんなら、契約期間が7年以上の場合は走行距離無制限で距離を気にすることなく自由に車を運転できます。さらに、車がもらえるオプションを付けることで、契約満了後はそのまま車が自分のものになるため、 原状回復を考える必要もなく、カスタマイズもしやすいでしょう。

走行距離制限なし!もらえるプランもある定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

オートリースの契約期間満了後はどうなるの?

リース契約期間が満了後は、乗換えや買取り、返却などさまざまな選択肢があります。そのときの状況によって選ぶことができるので、契約前にどのような選択肢があるのかを知っておくことが大切です。

また、プランによっては、返却しなくてはいけないものや再リースができない場合もあります。契約期間満了時の選択肢が多いプランを選んでおくことで、当初、予定していた選択から変えたい場合にもストレスなく選ぶことができます。オートリースの契約期間満了後の選択肢についてみていきましょう。

1. 乗換え

オートリースは、利用したい年数に合ったプランを選ぶことができます。多くのリース会社では5年・7年・9年などと期間が定められていますが、契約期間が長くなるほど月々の支払額は安くなるため、乗り換えたい時期に合わせて契約期間を設定しましょう。

2. 車両返却

契約期間満了時には、車をリース会社に返却します。購入していた車を手放すときのように廃車手続きなどもいらないので、手間をかけずに車を手放すことができます。

3. 期間延長(再リース)

リース期間満了後も、このまま引き続きリース車を利用したいという場合には、再リースできる場合もあります。再リースの場合、契約満了時点の残価を改めて設定し、再契約期間に応じた月額料金で利用することになります。

4. 買取り

リース期間満了後も引き続き乗る方法として、乗っていた車を買い取ることもできます。その際には、契約時に設定した残価を支払って車を買い取ります。ただし、買取りは契約満了後のみの対応となるため、リース契約中に買い取ることはできません。

5. もらう

リース会社によっては、買取りのように残価を支払うことなく、車をもらえるプランもあります。ただし、買取りと同様、契約期間満了まで使用することが条件となります。定額カルモくんなら月々500円で契約満了後に車をもらえるので、家計への負担を抑えてマイカーを手に入れることができます。

車検代込みで月々10,000円台から新車に乗れるオートリース

カルモくん_new

数あるオートリースのなかでも、「おトクにマイカー 定額カルモくん」は月々10,000円台からという業界最安水準の月額料金で新車に乗ることができます。メンテナンスプランを選べば、車検代を含めた月額料金にできるため、月々の支払いが一定になり家計管理もしやすくなるでしょう。ここでは、定額カルモくんの魅力について、詳しくご紹介します。

走行距離無制限でマイカー同様に乗れる

オートリースでは、走行距離制限があるのが一般的ですが、定額カルモくんでは7年以上の契約で、走行距離が無制限になります。毎日の通勤や、週末の遠出で長距離走行する方でも、距離を気にせず安心して利用できるでしょう。

また、月額料金に500円プラスすれば、契約満了時に車をもらう*ことも可能です。返却時に元の状態に戻す必要がないため、自分好みの車にカスタマイズできマイカー同様に車を利用できます。

*契約満了時に「返却」を選んだ場合や中途解約した場合、内容により原状回復対応が必要になります。

走行距離制限なしのオートリースについて詳しく知りたい方はこちら

走行距離制限なしのカーリース

申込みから納車までネットと郵送で完結

定額カルモくんは、ネットから車を選んで申込みができるだけでなく、契約手続きも郵送で完結。店頭に足を運ばなくても、自分のタイミングに合わせて車選びから納車まで行うことができます。
また、お試し審査も5分程度で申込むことができ、審査結果は通常翌営業日、最大3営業日以内に連絡が来ます。審査が通った段階で、選べる車種の範囲も教えてもらえるので効率が良く、車選びもスムーズになります。

なお、お試し審査は通過しても契約を結んだことにはならずキャンセルも可能なので、特に早く車を乗り換えたい方は先に審査を進めておくのがおすすめです。

24時間いつでも申込み可能!まずは5車種から選んで審査してみよう

まずは審査

自分に合ったプランを選んでオートリースでカーライフを楽しもう

オートリースは、頭金や保険などの初期費用が必要なく、手元にまとまった資金がなくても車に乗れるため、若い世代を中心に利用者がどんどん増えています。貯金がなく、車の購入や新車への乗換えを諦めていた方でも月々の負担が軽いオートリースであれば、手軽に車を利用することができるでしょう。

定額カルモくんは、顧客対応満足度が98.9%と口コミ評価が高く、オートリースが初めての方でも安心して利用できるサービスが充実しています。乗換えも簡単にできるので、詳しく知りたい方は、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

※2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

カルモくん_詳しくみる

よくある質問

Q1:オートリースはどんなサービスですか?

A :リース会社が購入した車を契約年数を決めてユーザーに貸し出すサービスを「オートリース」といいます。契約期間中は使用者として自動車税や自賠責保険量などを負担することになりますが、その費用も月々のリース代に含まれています。

Q2:オートリースのメリット・デメリットは?

A:メリットは頭金なしで車に乗り始められて、月額料金で、税金、自賠責保険料などがコミなので車に関する出費の管理がしやすいことです。車は好きな時に自由に乗ることができます。デメリットは使用途中に契約年数の変更ができないことです。また、原状回復で車を返却が原則ですが、リース会社によってはオプションで免除になったり、車がもらえることもあります。

Q3:オートリースをより軽い負担で利用するには?

A:オートリースでは契約年数が長くなるほど月々の支払額を安くすることができます。また、メンテナンスプランのあるオートリースを選べば、月額料金に車検代を含めることができるので、まとまった費用を用意する必要がなくなり、家計が管理しやすくなるでしょう。キャンペーンなど、期間限定でおトクな料金で利用できることもあるので、サイトをこまめにチェックしてみましょう。

※記事の内容は2021年11月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

サポート充実