車の維持費は何がかかるの?安く車に乗るために知っておきたいこと

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

マイカーを所有するとき、必ず必要となる維持費。税金や保険料、ガソリン代や駐車場代以外にもさまざまな維持費が発生しますが、少しでも車の維持費を下げるためには、どのような費用がかかるのかを知っておくことが大切です。
ここでは、車の維持費の種類や新車と中古車の維持費の違い、維持費を下げるためにできることなどをご紹介します。

車の維持費とは?

車の維持費とは、車に乗り続けるために必要な費用のこと。維持費は大きく分けて、「走行するために必要な費用」「税金」「保険料」「整備・メンテナンスなどの費用」となります。それでは、それぞれの維持費について種類別に詳しくみていきましょう。

走行するために必要な費用

車の走行に関わる費用には、ガソリン代・駐車場代・高速代などの費用があります。車の使用頻度や走行地域などによってガソリン代や高速代は異なりますが、駐車場代とガソリン代のおおよその利用金額は以下の通りです。

  • 駐車場代
    月極駐車場の駐車場代の全国の平均相場は、1ヵ月約8,000円といわれています。都心部に近づくほど駐車場代は高くなるように、地域によって差があります。また、機械式やコンクリート、砂利など、駐車場の種類によっても金額は異なります。雨風にさらされない駐車場のほうが高く、砂利などの区間のみを借りる場合のほうが安い傾向があります。
  • ガソリン代
    ガソリン代は、車種によって1L当たりの走行距離(燃費)が異なるため、月々のガソリン代にも差が生じます。
    ガソリン150円/L、1ヵ月に1,000km走行した場合、軽自動車やコンパクトカー、SUVのおおよそのガソリン代のシミュレーションをしてみましょう。
ボディタイプ車種燃費月額ガソリン代
軽自動車ホンダ N BOX燃費27km/L約5,500円
コンパクトカー日産 マーチ燃費23km/L約6,500円
SUVマツダ CX-5燃費16km/L約9,500円

(※カタログ燃費を基に算出。2019年4月の情報です)

自動車税などの税金

車を所有することでかかる税金は、購入時の自動車取得税と消費税の他に、所有者が支払わなくてはいけない自動車税と自動車重量税があります。

  • 自動車税
    4月1日時点の車の所有者に課せられる税金のこと。自動車税は車の排気量によって異なります。排気量1L以下は29,500円、1Lを超え1.5L以下は34,500円。そこからは排気量が0.5L増えるごとに加算され、最大6L超えの111,000円となります。
    また、軽自動車を所有している場合は、一律10,800円がかかります。
    さらに、2019年10月1日に予定されている消費税10%への増税時に、自動車税率の引下げ(恒久減税)を実施する見込みとなっています。(2019年4月現在)
  • 自動車重量税
    自動車重量税は新規登録や車検の際にかかる税金のことです。自家用車の場合、車両の重さが0.5トンごとに年間4,100円の税金がかかります。また、軽自動車の場合は重量にかかわらず、年間3,300円となっています。
    なお、自動車重量税は新車登録から13年目と18年目で増額するしくみになっています。

自賠責保険などの保険料

車の保険料には、強制保険と呼ばれる自賠責保険と事故などに備えて加入する任意保険があります。

  • 自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)
    自賠責保険は、車の所有者全員に義務付けられている保険のことで、加入は車検を受ける条件にもなっています。保険期間や車種によって金額が異なり、24ヵ月の場合、普通車は25,830円、軽自動車は25,070円などと定められています。また、事故などの被害者を救済することを目的としているため、保険の対象は対人のみ。金額は、4,000万円が上限となっています。
  • 任意保険
    任意保険は、名前の通り加入は任意の保険のこと。保険の対象は、自賠責保険で補償の対象外となる対物や、対人への補償額が無制限のものなど、保険会社のプランによって内容が異なります。また、保険料は保険会社のプランだけでなく、車の所有者の年齢によっても変わります。

整備・メンテナンス費用

安全に車に乗るためには、車の整備やメンテナンスは欠かせません。定期的な点検や車検での整備、消耗品の交換など、さまざまなメンテナンス費用がかかります。

  • 自動車検査登録制度(車検)
    新車購入から3年目、それ以降は2年ごとに実施が義務付けられている車検は、安全に走行できる基準を満たしているかどうかをチェック・整備する制度です。車検は、ディーラーや車検専門店、カー用品店など、さまざまな場所で行うことができます。車種ごとに法定費用という基準金額が定められており、車検を行う場所によって法定費用に基本費用や部品費用が加算されます。
  • 消耗品の交換
    車を維持するうえで最も交換頻度が高いのは、エンジンオイルとオイルフィルターです。どちらも、エンジンの働きを良くするためのもので、エンジンオイルは半年に1回、オイルフィルターは1年に1回は交換することが推奨されています。

新車と中古車、どんな維持費がかかるの?

新車は中古車と比べて車両価格が高額のため、お金がかかるイメージがありますが、それぞれどんな維持費がかかるのでしょうか。予想される維持費の特徴をみてみましょう。

新車は車両価格が高い

車両価格が高額となる新車は、車両自体の価格こそかかりますが、故障や消耗品などの劣化の心配はありません。また、最初の車検は購入から3年目なので中古車に比べて期間も長く、車検費用も安くなります。

中古車はメンテナンス費用がかかる

車は、年数が経過するごとに劣化していくものなので、中古車の場合は新車に比べてメンテナンス費用がかかる可能性があります。購入時は問題なかった部品なども、走行していくうちに故障や不具合などが出てくることも考えられます。また、新車に比べて最初の車検までの期間も短く、新車登録から年数が経っている中古車ほど、メンテナンス費用がかさむことが予想されます。

維持費を下げるためにできること

車を維持するためにはさまざまな費用がかかることがわかりましたが、維持費を下げることは可能なのでしょうか。
維持費が安い車の選び方や、車の使い方など、維持費を抑えるための方法をご紹介します。

1. 軽自動車やエコカーを選ぶ

ここまでの情報でわかるように、税金や保険料、燃費などを考えると、軽自動車は総合的に維持費が安く済むことがわかります。また、エコカーと呼ばれる環境に配慮した車は、自動車取得税と自動車重量税が免税となるため、維持費のなかでも高額となる税金を抑えることができます。

2. ガソリンの入れ方を工夫する

ガソリンを入れるとき、多くのガソリンスタンドではメンバー料金が設定されています。会員になることで、1L当たり数円安くなる場合があるので、決まった場所でまとめて給油することで節約につながります。

3. 中古車の場合は年式の新しい車を選ぶ

車は、13年を超えると重量税が上がるだけでなく、整備箇所が増えるため車検費用も増える可能性があります。古い車であれば車両価格は安くなることが多いですが、その分メンテナンス費用がかさむことも考えられます。できるだけ年式の新しい車を選ぶことで維持費を軽減することができるでしょう。

4. 定期的に点検や整備をする

車は、時間が経つごとに劣化していくため、定期的に点検や整備をして、良い状態で走行できるようにしておくことが大切です。車の心臓部であるエンジンの故障などを防ぐためにも、定期的なオイル交換やオイルフィルターの交換は欠かせません。

カーリースを使えば維持費は大幅ダウン可能

購入の場合、修理や消耗品の交換などで急な出費が発生することがありますが、月々定額で利用できるカーリースであれば、毎月の車の維持費は大幅ダウンができるでしょう。カーリースなら必要な維持費のほとんどが定額料金に含まれているため、家計の管理がしやすいだけでなく、安心・安全に車を利用することができます。
その他にも、毎月の維持費をおさえて利用できるマイカー賃貸「カルモ」の特徴についてご紹介します。

頭金なしでマイカーライフが楽しめる

「カルモ」では、頭金不要で月々定額制で車を利用することが可能です。通常、マイカー購入時には頭金の他にも自動車取得税や自賠責保険料などがかかりますが、「カルモ」のサービスには税金や保険料も定額料金に含まれています。そのため、急な出費などに備える必要もなく、家計管理もしやすくて安心です。

メンテナンスプランで維持費を定額化

修理や消耗品の交換などは予想することが難しいため、まとまって修理が必要となることもありますが、カーリースであればメンテナンス費用も定額になります。「カルモ」には、2種類のメンテナンスプランがあり、提携業者で点検や消耗品の交換などを行うことができます。
ゴールドメンテプラン、シルバーメンテプランそれぞれの内容は以下の通りです。

ゴールドメンテプラン・シルバーメンテプラン共通

  • 返却時の原状回復費用補償
  • 車検料
  • 法定12ヶ月点検料
  • エンジンオイル交換費
  • オイルフィルター交換費

ゴールドメンテプランのみ

  • タイヤメンテナンス費
  • エアコンフィルター交換費
  • ワイパーゴム交換工賃
  • ブレーキオイル交換費
  • ブレーキパット交換費
  • バッテリー交換工賃
  • ウォッシャー液補充費
  • クーラント液補充費

万全のサポート体制だから手間いらず

車を維持するためには、メンテナンスだけでなく税金や保険などさまざまな知識が必要となります。「カルモ」では、LINEなどで相談できるサポート体制が整っているため、疑問や質問も気軽に行うことができるので安心です。
また、購入申し込みから納車、車検や契約満了後の乗り換え、返却などの手続きもオンラインで行うことができるので、忙しい方でも簡単に契約することができます。

マイカー賃貸カルモ 連絡先

 

 

 

カーリースと購入を徹底比較した記事はこちら

カーリースと購入ってどっちがお得?シミュレーションで徹底比較してみた!

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「車の維持費は何がかかるの?安く車に乗るために知っておきたいこ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【燃費・走り】ヴォクシーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【ライバル対決】「日産ノートvsトヨタアクア」ベストセラーコンパクトカーはどちらが買いか?

【徹底レビュー】「ホンダS660」世界でただひとつの軽オープン2シーターミッドシップスポーツカー

【徹底レビュー】「トヨタハリアー」依然として魅力を放つ日本専用プレミアムSUV

【徹底レビュー】「トヨタシエンタ」使い勝手が光る、コンパクトミニバンのベストセラー

【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベストセラー

【試乗記】「三菱eKクロス」プレミアムといってもいい軽SUV

【試乗記】「三菱eKワゴン」激戦の軽ハイトワゴンで光る実力!

【グレード情報】CX-5のグレードをリサーチ!

【燃費・走り】ホンダフリード+の実燃費とカタログ燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP