スズキスイフトの居住性や車載能力を徹底解説

【内装・使い勝手】スズキスイフトの居住性や車載能力を徹底解説

出典:スズキ「スイフト」インテリア

車を選ぶ基準は、人それぞれ異なります。「ロングドライブを楽しみたい」という方は、エンジンや足回りが気になるでしょうし、「気に入ったデザインの車に乗りたい」という方は、フォルムやカラーを重視するでしょう。

登山やキャンプなどアウトドアに行く機会が多い方や、仕事で車を使う方は、車の居住性や車載能力を第一に考えるかもしれません。ここでは、スズキスイフトの居住性や車載能力、内装、収納スペースなどについてご紹介します。

コンパクトなサイズと居住性を両立させたスズキスイフト

コンパクトなサイズ出典:スズキ「スイフト」インテリア

2000年に初代モデルが誕生した、スズキのコンパクトカー「スイフト」。2016年12月にフルモデルチェンジして4代目モデルがデビュー、同年7月にはハイブリッドモデルも追加されました。

4代目モデルには、高い剛性と軽量化を両立させる新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が採用されています。これにより、エンジンルームの最小化を実現。「運転しやすいコンパクトなサイズと、ゆとりある室内空間を両立させた」と、スズキは胸を張ります。

室内空間は、ヒップポイントを下げることで、前席・後席ともにゆとりのある頭上空間(ヘッドクリアランス)を確保しました。前席は、足元空間(ニュークリアランス)も広々としています。
一方、後席は、他社のコンパクトカーに比べるとやや狭い印象。しかし、ルーフカラーがライトグレーで明るいため、圧迫感は感じません。

フロントドアの開き幅は広く、開口高は高めに設定されています。リヤドアも同じく、開口高を高めに設定することで、乗り降りしやすい仕様になっています。フロントは3段階、リヤドアは2段階に開くため、荷物の出し入れがスムーズにできそうです。

スイフト インテリア出典:スズキ「スイフト」インテリア

運転席のステアリングホイールには、チルトステアリングとテレスコピックステアリングが装備されており、操作しやすい角度と位置に調整することができます。さらに、運転席のシートリフターは上下に60mm調整が可能。シートスライドは前後に10mmずつ、最大240mmまで調整できるなど、細かい設定が可能となっています。

運転席の位置は、乗る人の身長や体格によって好みが違いますから、微妙な調節ができるのはメリットといえます。

内装色やシートはシンプルで飽きのこないデザイン

シンプルで飽きのこないデザイン出典:スズキ「スイフト」インテリア

スズキスイフトの内装は、全体的にブラックをベースにした、シンプルなデザインとなっています。やや面白みに欠けるかもしれませんが、長年使用しても飽きのこないデザインといえるでしょう。

前席には、体を包み込むようなホールド性の高いシートが装備され、体重をしっかり支えてくれます。シートの中央部にはエンボス加工が施され、標準モデルでは縞板のような柄を採用。RSグレードには、ダイヤモンド柄が採用されており、標準モデルに比べてよりスタイリッシュな印象を与えるデザインとなっています。

全車の運転席に、シートバックと座面を温める「シートヒーター」が標準装備されている点も高ポイント。4WD車では、助手席にもシートヒーターが装備されています。後席の足元に温風を送り込む「リヤヒーターダクト」も全車に標準装備されているため、寒い冬でも快適にドライブが楽しめます。

インパネはフルモデルチェンジで立体感あるデザインに

インパネはフルモデルチェンジで立体感あるデザイン出典:スズキ「スイフト」インテリア

インパネ(計器盤)部分は、ブラックを基調としたシンプルなデザインながら、目を引くポイントが散りばめられています。

ステアリングホイールは、スポーティーなデザインを意識して、D字型のシェイプハンドルを採用。ステアリングの底部がフラットなラインになっているため、スムーズに乗り降りすることができます。

以前のモデルでは、スピードメーターがインパネの中心に配置されるデザインでした。しかし、モデルチェンジに伴い、スピードメーターとタコメーターを左右に配した2眼タイプのメーターを採用。メーターの周囲には印象的な赤いラインが施されており、水温計や燃料計も配置されています。
スポーツカーが好きな方にとって、クロノグラフ時計のような立体感のあるデザインは、好感が持てるでしょう。

一本化用スイフト

スズキスイフトの車載能力は?

スイフトの車載能力出典:スズキ「スイフト」インテリア

ここからは、スズキスイフトの車載能力について見ていきましょう。モデルチェンジによって、開口部やスペースを確保したスズキスイフトですが、実際にはどのくらい車載能力があるのでしょうか。

スズキスイフトのトランクの広さは?

トランクの開口高は、荷物の積み下ろしやすさを考慮し、以前のモデルよりも低い715mmに設定されています。5名乗車時でも、トランク部分には最大で265Lの荷室容量を確保。小型のスーツケースが2つ入るほどのスペースです。家族旅行に出掛けるには、まずまずの収納力ですね。

リヤシートの背もたれを片方だけ倒せば、後席片側に人を乗せたまま、ゴルフバッグなど長いサイズの荷物を積むことができます。また、リヤシートの背もたれをすべて倒せば、最大579Lの荷物を載せることが可能に。ただし、ハイブリッドの一部グレードでは、荷室容量がやや狭くなります。
倒したリヤシートと荷室のあいだに、段差が生じてしまうのは難点。フラットにしたい場合は、ディーラーオプションである「ラゲッジアンダートレー」を装備する必要があります。

ホンダフィットの荷室容量が363L、日産ノートの荷室容量が330Lであることを考えると、スズキスイフトの車載能力はやや劣るかもしれません。しかし、日頃から大きな荷物を載せる方ならともかく、普段使いとして考えるなら、十分な車載能力といえるでしょう。

運転席まわりの収納スペースは最低限

運転席まわりの収納出典:スズキ「スイフト」インテリア

運転席まわりや後席に用意されている収納スペースについても見てみましょう。
グローブボックスには奥行きがあるものの、運転席まわりにある小物スペースは浅くて小ぶり。鍵やスマホなど、ちょっとした物を置くにとどまります。前席のドリンクホルダーは2つありますが、ストッパーがないため、やや安定性に欠けます。

普段車に乗る際に、どのくらい収納スペースを使用しているかを考え、それほど身の周りの物を置くことがない場合は、気にならないはずです。一方で、長時間運転することを踏まえて、車内にさまざまな物を置きたいと考える方にとっては、物足りない仕様かもしれません。

実際に試乗して、居住性や車載能力を確かめてみよう

走行性能の良さや、シンプルで飽きのこないデザインが魅力のスズキスイフト。コンパクトな見た目ですが、内装やレイアウトが工夫されており、圧迫感や窮屈感がない点も好印象です。
車の居住性や、収納スペースなどの使い勝手に対する感じ方は、今まで乗っていた車によっても変わってきます。スズキスイフトの運転席や後部座席に実際に座って、どのような印象を受けるか、ぜひご自身で確かめてみてください。

※記事の内容は2019年4月時点で執筆しています。

スズキスイフトの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスズキスイフトの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr