【燃費・走り】アルファードの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

画像出典:トヨタ「アルファード」

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

車選びの基準となる燃費性能は、コスパを優先する方だけでなく、走りを重視する方でも気になるポイントではないでしょうか。今回は、高級感と迫力のある外観と上質で広々とした空間が人気のアルファードについて、カタログ燃費や実燃費をもとに気になる燃費性能についてご紹介します。

低燃費を実現したアルファードの特徴

アルファードが力強い走りと低燃費という対極のメリットを叶えられたのは、すべての主要部品を一新して開発された3.5Lエンジンにあります。ここでは、グレードごとに異なるカタログ燃費や同クラスの車と比較したときのアルファードの燃費のメリットについてみていきましょう。

アルファードのカタログ燃費

アルファードのカタログ燃費は、モデルやグレードごとに異なります。また、アルファードのグレードには、「Executive Lounge」「GF」「G」「X」の4種類があり、ハイブリット車とガソリン車が用意されています。
それぞれのJC08モードでのカタログ燃費は以下となっています。

・ハイブリッド車

HYBRID Executive Lounge18.4km/L
HYBRID G ”Fパッケージ”18.4km/L
HYBRID G18.4km/L
HYBRID X 18.4〜19.4km/L

・ガソリン車

Executive Lounge 10.4〜10.6km/L
GF10.4〜10.8km/L
G11.6〜12.8km/L
X11.6〜12.8km/L

同クラスの他車との比較してみた

トヨタ「アルファード」と同クラスのLクラスミニバンというと、兄弟車種のトヨタ「ヴェルファイア」やホンダ「オデッセイ」などがあげられます。それぞれの車のカタログ燃費を比較してみましょう。

・トヨタ「ヴェルファイア」

出典:トヨタ「ヴェルファイア」

同じトヨタ車の「ヴェルファイア」もアルファードと同じくハイブリット車とガソリン車がありますが、ハイブリッド車の上位グレード「HYBRID Executive Lounge Z」は18.4km/L、もっともベーシックなガソリン車のグレード「Z」は11.6〜12.8km/Lと、JC08モードでのカタログ燃費はそれぞれのグレードごとに「アルファード」と同じ数値となっています。

・ホンダ「オデッセイ」

出典:ホンダ「オデッセイ」

未体験の走りと革新的な燃費性能が魅力のホンダ「オデッセイ」のJC08モードでのカタログ燃費は、ハイブリッド車の上位グレード「HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING」は24.4km/L、もっともベーシックなガソリン車のグレード「G・AERO」は12.6km/L〜13.2km/ Lとなっています。
ハイブリッド車はどのグレードも20km/Lと低燃費ですが、ガソリン車の最上位グレードは13.0〜13.6km/Lなのでガソリン車ではアルファードのほうが低燃費といえます。

アルファードの実燃費は?

アルファードを日常生活で使用した場合、平均燃費は11.84km/L。そのため、カタログ燃費は18.4~19.4km/Lなので、実燃費とカタログ燃費の差はおよそ7km/Lとなります。

そもそも、カタログ燃費とは平坦でまっすぐな道でライトやエアコンなどを使わずに一定の条件下で計測されているもので、指標に使われる数値です。しかし、日常生活ではさまざまな場所で走行することから、どの車でもカタログ燃費と実燃費との乖離が生まれます。路面の状態や運転の方法によって実燃費は変わりますが、だいたい平均3割程度は実燃費が低くなるといわれているため、アルファードのカタログ燃費と実燃費の差もおおよそ平均値といえるでしょう。

アルファードの乗り心地は?

出典:トヨタ「アルファード」

アルファードには、燃費の他にも快適な乗り心地を提供してくれる魅力的な性能があります。ここでは、静音性や安全性能の面から、アルファードの乗り心地についてみていきましょう。

ドライブ中も静かで快適

アルファードは、ドライブ中に気になる騒音や振動を抑えるためにボディに塗布型制振材を配置していたり、エンジンルームと室内の間のダッシュパネルにもエンジンノイズを軽減させる工夫をしていたりというように快適な環境作りが徹底されています。
その他にも、窓には高遮音性ガラスやドアミラーカバーの素材・形状も静粛性向上のために改良するなど、こだわりがつまっているため、ドライブ中はエンジン音などを気にせずに静かに過ごしたいという方におすすめです。

先進安全機能も搭載

アルファードは、トヨタの先進安全機能「TOYOTA SAFTY SENCE」を搭載することによって、人や先行車を認識する「単眼カメラ」や雨や霧などの悪天候でも感知できる「ミリ波レーダー」などによって、安心を提供しています。
また、高速道路走行時の車線維持をサポートしてくれる「レーントレーシングアシスト」では、車線中央の走行をアシストしたり、車線からの逸脱を車線逸脱警報機能で知らせてくれたりする他、渋滞時の停止と発進をサポートしてくれる追従ドライブ支援機能「レーダークルーズコントロール」など、快適な乗り心地を叶えてくれる性能も備わっています。

低燃費と走行性と兼ね備えたアルファード

外観や内装も車を選ぶうえで大切なポイントですが、カーライフには欠かせないのは車の燃費事情。快適なカーライフを送るためには、燃費についてもしっかり調べておくことが大切です。また、アルファードは、エンジンだけでなく内装の乗り心地にもこだわっているため、総合的に充実した機能を求める方におすすめの車といえます。

※記事の内容は2019年5月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「【燃費・走り】アルファードの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【徹底レビュー】「ホンダオデッセイ」元祖走りのミニバン。その走行性能から室内空間まで

【徹底レビュー】「ダイハツコペン」3つの顔を持つ軽オープンカー、そのスタイルから走りまで

【試乗記】「レクサスLC」一部改良が加えられたエレガントなクーペをチェック

【徹底レビュー】「レクサスLX」国産最高峰SUV、その走りから豪華装備まで

【試乗記】「三菱デリカD:5」 見た目はともかく中身の進化は素晴らしい(岡崎五朗レポート)

【試乗記】「日産エクストレイルAUTECH」オリジナル内外装の特別なエクストレイルの走りはいかに?

【試乗記】「日産デイズ」6年ぶりの新型の走りはワゴンRを超えたのか?

【試乗記】「トヨタRAV4」SUVを再定義するSUVの元祖(岡崎五朗レポート)

【安全性能】アルファードの安全性能を徹底解説!

【内装・使い勝手】アルファードの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深堀り!

もっと見る

PAGETOP