【安全性能】クラウンの安全性能を徹底解説!

出典:トヨタ「クラウン」

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

近年の新型車には欠かせなくなってきている先進安全機能。車を使用していく上で誰にでも起こりうる万一の事故の危険性に備えるためにも、車選びの際には先進安全性能をはじめとする車の安全性能についてよく検討する必要があります。
ここではトヨタ「クラウン」の安全性能について、詳しくご紹介します。

クラウンの安全性能の特徴とは

クラウンはトヨタのフラッグシップセダンとして君臨するモデルですが、フラッグシップの名にふさわしく全グレードにトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備し、高い安全性を誇るモデルとなっています。
また、政府が普及を推進する安全運転サポート車「サポカー」の中でも最も充実した安全装備の区分に当たる「サポカーSワイド」に相当します。

予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」

クラウンに搭載されているトヨタの予防安全パッケージToyota Safety Senseは単眼カメラとミリ波レーダーを使用して周囲の状況を把握し、5つの先進機能によって衝突事故の回避や衝突被害軽減、運転支援などを行う次世代のシステムです。
Toyota Safety Senseに含まれる機能は次のようになっています。

・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)

出典:トヨタ「クラウン」安全性能

プリクラッシュセーフティは先進安全機能の代表的なもので、「ぶつからないブレーキ」などともいわれる機能です。自車の速度が約10~80km/hの速度で作動し、システムが先行車や歩行者との衝突の危険を察知すると警告、ブレーキアシスト、自動ブレーキと段階を踏んで作動します。
クラウンに搭載されている最新のプリクラッシュセーフティでは従来よりも検知角度が広がっており、死角からの横断などに対する歩行者も検知します。
ちなみに、歩行者と車両に対しては夜間も検知可能であり、自転車の検知は昼間のみとなっています。

・レーントレーシングアシスト(ハンドル操作サポート)

レーントレーシングアシストはシステムが自動で車線や縁石を認識し、車が車線からはみ出しそうになると警告音とディスプレイ表示でドライバーに注意喚起するとともにステアリングを制御してはみだしを防止します。
また、ふらつきパターンを検知した際には休憩を促すディスプレイ表示を行い、安全運転に貢献する機能も付属しています。

・ロードサインアシスト(標識読み取りディスプレイ)

ロードサインアシストはカメラが標識を認識し、カラーヘッドアップディスプレイやマルチインフォメーションディスプレイに表示して標識の見逃しを防ぐ機能です。ただし、すべての標識が認識できるわけではなく、対応している標識は最高速度、はみだし通行禁止、車両侵入禁止、一時停止の4つです。
また、標識の速度を超えた場合はブザーやディスプレイの表示によってドライバーに注意を促す機能もあります。

・前車速追従機能付きレーダークルーズコントロール(追従ドライブ支援機能)

出典:トヨタ「クラウン」安全性能

前車速追従機能付きレーダークルーズコントロールは、システムが先行車を認識し、適正な車間距離を保って追従走行する機能です。クラウンには最新式の前車速追従機能がついています。
この機能は先行車が停止した際には自車も停止し、先行車が発進した際にはアクセル操作もしくはボタン操作で発進するもので渋滞時にも対応できるのが特徴です。
自動車専用道路や高速道路で使用する機能になりますが、ドライバーの疲労軽減を支援し安全運転に貢献する機能といえます。

・オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム(自動ハイビーム)

自動でハイビームとロービームを切り替え、対向車や先行車に対する眩惑を防ぐとともにハイビームの仕様頻度を高めて夜間の視認性を確保する機能(オートマチックハイビーム)です。
3眼LEDヘッドライドが搭載されている上位グレードにおいては、光検出用カメラで周囲の明るさを判別し先行車や対向車に直接光が当たる部分のみ光線を遮るアダプティブハイビームシステムが装備されています。いずれのシステムにおいてもヘッドライトの手動切り替えの手間をなくし切り替え忘れを防ぎます。

Toyota Safety Senseはこの5つの機能から成り立っていますが、Toyota Safety Senseに付帯する機能として先行車発進告知機能も装備されています。これは自車が停止している状態で先行車との距離が4m以上開いても自車が発進しない場合、ブザー音とディスプレイ表示でドライバーに知らせるシステムです。渋滞時や信号待ちでのうっかりを防ぎます。

クラウンに装備されているそのほかの安全装備

クラウンにはToyota Safety Sense以外にも事故を事前に防ぐための予防安全機能が搭載されています。おもなものをご紹介しましょう。

・インテリジェントクリアランスソナー/パーキングサポートブレーキ(静止物)

出典:トヨタ「クラウン」安全性能

ペダル踏み間違え時誤発進抑制装置に当たる機能です。フロントとリアに設置された8個のソナーが障害物を検知している状態でアクセルが強く踏み込まれるとエンジン・ハイブリッドシステムの出力を抑制して急発進・急加速を回避します。
それでも障害物との距離が縮まった場合には自動ブレーキを作動させて衝突被害の回避・軽減を図るシステムです。
クラウンでは前方だけではなく後方にも対応しています。

・リヤクロストラフィックオートブレーキ・アラート/パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)

バックで駐車場から出る際、レーザーで自車の後ろに接近してくる車両をキャッチするとドアミラーのインジケーターとブザー音でドライバーに注意喚起し、衝突の危険性が生じれば自動ブレーキを作動させるシステムです。事故の起こりやすい駐車場での衝突被害軽減をサポートします。

・ブラインドスポットモニター

出典:トヨタ「クラウン」安全性能

レーダーで隣の車線を最大後方60mまでモニターして死角になりやすい位置にいる車両の存在をドアミラーのインジケーターに表示して知らせてくれます。急接近する車両も検知してくれるので、巻き込み事故防止や安全な車線変更に貢献する機能です。

万が一の事故の際に必要になる衝突安全性能も

出典:トヨタ「クラウン」安全性能

事故を未然に防ぎきれず、衝突してしまった場合の衝突安全性能として運転席・助手席のエアバッグに加え運転席ニーエアバッグ、運転席と助手席のサイドエアバッグと前席から後部座席にかけて広がる前後席サイドエアバッグを全車に標準装備しています。
またプリクラッシュセーフティと連動し、システムが衝突の危険性が高いと判断した場合にシートベルトを巻き取り、乗員の体をしっかりとシートに固定して衝突の衝撃に備えるプリテンショナー機能を搭載したELR付3点式シートベルトを全席に採用。万一の際にもしっかりと乗員を守ります。

先進安全性能が充実したクラウンでカーライフを楽しもう

Toyota Safety Sense以外にもたくさんの先進安全機能を搭載し、これからの車のあるべき姿の見本のようなクラウンの安全性能。楽しく快適なカーライフはまず安全があって成り立つものです。
いざというときの乗員の命はもちろん、歩行者などの命も守ったり被害を軽減したりしてくれる安全性能は必ずしっかりとチェックしておくようにしましょう。

※記事の内容は2019年5月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「【安全性能】クラウンの安全性能を徹底解説!」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【燃費・走り】ヴォクシーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【ライバル対決】「日産ノートvsトヨタアクア」ベストセラーコンパクトカーはどちらが買いか?

【徹底レビュー】「ホンダS660」世界でただひとつの軽オープン2シーターミッドシップスポーツカー

【徹底レビュー】「トヨタハリアー」依然として魅力を放つ日本専用プレミアムSUV

【徹底レビュー】「トヨタシエンタ」使い勝手が光る、コンパクトミニバンのベストセラー

【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベストセラー

【試乗記】「三菱eKクロス」プレミアムといってもいい軽SUV

【試乗記】「三菱eKワゴン」激戦の軽ハイトワゴンで光る実力!

【グレード情報】CX-5のグレードをリサーチ!

【燃費・走り】ホンダフリード+の実燃費とカタログ燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP