【燃費・走り】ハリアーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

画像出典:トヨタ「ハリアー」

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

ガソリンの高騰がささやかれる昨今、燃費性能のチェックはデザインや走行性能と並んで車選びにおいて欠かせないポイントとなってきています。ここでは1997年の登場以来高い人気を誇るトヨタのクロスオーバーSUV、ハリアーの燃費についてご紹介します。

高級クロスオーバーSUVの元祖ともいえる「ハリアー」

1997年にデビューしたハリアーは当時としては斬新であった「ラグジュアリーなクロスオーバーSUV」というジャンルを開拓した車です。2代目、3代目とフルモデルチェンジを経て、現在はダウンサイジングされた2.0Lのエンジンにアイドリングストップシステムを標準装備し、さらにトランスミッションにCVTを組み合わせたことによって燃費性能を向上させながらもSUVにふさわしい力強い走りを実現しています。

ハリアーのカタログ燃費はライバル車と比べてどうなのか

ハリアーにはガソリンエンジンとターボエンジン、そしてハイブリッドの3つのパワートレインがラインナップ。グレードはすべてのパワートレイン共通で「PROGRESS “Style BLUEISH”」「PROGRESS」「PREMIUM」「ELEGANCE」の4種類と、ガソリンエンジンとターボエンジンで「ELEGANCE “GR SPORT”」を用意していますが、グレードによる燃費の差はありません。

ハリアーのカタログ燃費

ハリアーのJC08燃費は以下のとおりです。

ガソリン車16.0   km/L
ターボ車13.0km/L
ハイブリッド車21.4km/L

ハリアーのライバル車とカタログ燃費を比較

ハリアーのライバル車と燃費を比較してみます。トヨタ「ハリアー」のライバル車としては日産「エクストレイル」やレクサス「NX」などが挙げられるでしょう。

・日産「エクストレイル」

出典:日産「エクストレイル」

高い悪路走破性が人気の日産「エクストレイル」にはガソリン車とハイブリッド車がラインナップされています。JC08燃費はガソリン車で16.0~16.4km/L、ハイブリッド車で20.0km/Lです。ハリアー同様、グレードによる燃費の違いはありません。
ガソリン車においてはハリアーよりもエクストレイルのほうが低燃費ですが、ハイブリッド車ではハリアーが逆転しています。

・レクサス「NX」

出典:レクサス「NX」

トヨタが展開する高級ブランド、レクサスの「NX」はハリアーと共通のプラットフォームを使用する兄弟車の関係にあるモデルです。ターボ車とハイブリッド車がありますが、ターボ車で13.0km/L、ハイブリッド車で19.8~21.0km/Lという燃費になっています。
ターボ車はハリアー、NXともにまったく同じ数値ですが、ハイブリッド車ではハリアーの燃費がNXを上回り、ハリアーに軍配が上がる形になりました。

ハリアーの実燃費は?

実燃費とは、実際に使用した際の燃費をいいます。一方でカタログ燃費とは平坦でまっすぐな道でライトやエアコンなどを使わずに一定の条件下で計測されている指標に使われる数値ですから、どの車でもカタログ燃費と実燃費との乖離が生まれます。
路面の状態や運転の方法によって実燃費は変わりますが、だいたい平均3割程度は実燃費が低くなるといわれています。

オーナーからの燃費情報を集めているe燃費によると、ハリアーの平均実燃費はガソリン車が11.7km/L、ターボ車が10.4km/L、ハイブリッド車が14.5km/Lです。
この情報とカタログ燃費を比べると、ハリアーの場合、カタログ燃費と実燃費の差はガソリン車とターボ車においては概ね平均値の範囲内に収まっているといえますが、ハイブリッド車ではカタログ燃費と実燃費の差が大きくなりました。

<あわせて読みたい>

ハリアーの乗り心地も気になる

出典:トヨタ「ハリアー」

燃費性能はもちろんですが、車を日常的に使用していくにあたって乗り心地も快適なカーライフのための大切な要素です。ここではハリアーの乗り心地についてご紹介します。

静粛性の高い快適でクラス感のある乗り心地

ハリアーはこれまでよりもボディ剛性を高めてコーナリング時の操縦安定性や直進安定性を確保。さらにフロント・リアの両方に走行時の振動を吸収・減衰するパフォーマンスダンパーを搭載、加えてばね上制振制御を採用することによって静粛性の高い快適なクラス感のある上質な乗り心地を実現しています。

運転アシスト機能も万全

ハリアーには夜間のヘッドランプ点灯時にウインカー操作をすると連動して点灯し障害物や歩行者などの視認性を確保するLEDコーナリングランプや、駐車場・交差点などの死角ができやすい場所でも運転をサポートするパノラミックビューモニターなどの運転アシスト機能を採用。視認性を高めることで急ブレーキなどの機会を減らしてスムーズで快適な乗り心地の実現に貢献しています。

トヨタ自慢のハイブリッドの燃費性能が光るハリアー

出典:トヨタ「ハリアー」

車は一般的に長期間にわたって使用するものです。そのため、わずかな燃費の違いも、積み重なると大きな金額の差になってしまいます。
近年の新型車は多くの車種が燃費性能や環境性能の向上に力を入れていますが、まだまだ車種によって燃費の良さで差が出ます。ハリアーの3種類のパワートレインの中でもハイブリッド車の燃費性能はライバル車と比較しても優秀な存在といえるでしょう。

※記事の内容は2019年5月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「【燃費・走り】ハリアーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【燃費・走り】ヴォクシーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【ライバル対決】「日産ノートvsトヨタアクア」ベストセラーコンパクトカーはどちらが買いか?

【徹底レビュー】「ホンダS660」世界でただひとつの軽オープン2シーターミッドシップスポーツカー

【徹底レビュー】「トヨタハリアー」依然として魅力を放つ日本専用プレミアムSUV

【徹底レビュー】「トヨタシエンタ」使い勝手が光る、コンパクトミニバンのベストセラー

【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベストセラー

【試乗記】「三菱eKクロス」プレミアムといってもいい軽SUV

【試乗記】「三菱eKワゴン」激戦の軽ハイトワゴンで光る実力!

【グレード情報】CX-5のグレードをリサーチ!

【燃費・走り】ホンダフリード+の実燃費とカタログ燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP