【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベストセラー

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車のパイオニアといえば、トヨタプリウスです。2015年12月より販売が開始された4代目となる現行型プリウスはトヨタのクルマ構造改革である「TNGA」を採用した第1号車。これまで弱点といわれてきた走りや乗り心地を大幅に進化させています。

そしてJC08モード燃費40.8km/Lという世界トップレベルの燃費性能を実現するだけでなく、優れた走行性能、そして従来FF(前輪駆動)しかなかった駆動方式にE-Fourと呼ばれる電気式4輪駆動を設定し、降雪地のユーザーに対応しているのも特徴です。

デザインの好き嫌いが分かれた現行型

そんな力作・現行型プリウスですが販売開始直後は順調なセールスを記録し、2016年度、2017年度の登録車の年間販売台数第1位に輝きます。しかし2017年12月を最後に販売台数第1位から遠ざかることになります。その理由のひとつは個性的すぎる外観デザイン。時代を先駆けるデザインとして採用された、シャープさや曲線美を活かしたヘッドランプやリアコンビネーションがあまりにも先鋭的すぎて、プリウスを購入していた保守的なユーザーの受けがイマイチだったのです。

マイナーチェンジで外観を大幅に手直し

そのため2018年12月に外装デザインを一新するマイナーチェンジを行いました。そして2019年4月には再び、販売台数第1位に返り咲いたのです。現行のプリウスは特徴である先進的なイメージは継承しつつ、多くの人が親しみやすく、より知的で、洗練された内外装デザインに変更されています。

質感が改善されたインテリア、話題のコネクティッドサービスも導入

インテリアもインストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用することで、上質感のある落ち着いたデザインに変更されました。

加えて、今回のマイナーチェンジで専用通信機「DCM」を全車に標準装備し、24時間365日カーライフを充実させるさまざまなサービスを利用することができる「コネクティッドカー」へと進化しました。

安全面では衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備したほか、駐車場から後退する際に左右後方から接近してくる車両を検知して、注意を促すリヤクロストラフィックアラートを新たに設定し、安全・安心装備を拡充しています。

見た目だけでなく乗り心地の改善も著しい

プレスリリースには書かれていませんが、マイナーチェンジしたプリウスは乗り味が大きく変わっています。2015年に登場した直後のプリウスに試乗した際に感じたのは、17インチホイールを装着したモデルの乗り味の硬さです。4代目プリウスは乗り心地と操縦性の向上を狙って、リアのサスペンションに路面追従性の高いダブルウィッシュボーン式を採用しました。

しかし、このリアサスペンションの味付けの熟成が足らず、特にリアシートに座ると路面からの衝撃を強く感じる、イマイチな乗り心地だったのです。なので当時は15インチホイールを装着したグレードをおすすめしていました。


しかし、マイナーチェンジ後のプリウスの「A“ツーリングセレクション”E-Four」に試乗してみると、やや硬めな味付けながら路面からの衝撃をいなすような乗り心地を獲得していました。運転していてもハンドル操作に対してのクルマの動きもドライバーにしっかりと伝わるため、ただ燃費の良いクルマから運転する楽しさを味わえるハイブリッド車へと進化を遂げています。

また、専任のオペレーターに24時間365日、口頭で目的地設定や情報検索を依頼できるオペレーターサービスや、リアルタイムな交通情報や地図データなどを基に、より最適なルートをナビゲーション車載機に配信するハイブリッドナビ機能など、カーライフを快適にするサービスが充実した点も見逃せません。

今度はツーリングセレクションがおすすめ

おすすめのグレードは前期型では15インチタイヤを装着した標準系モデルでしたが、マイナーチェンジ後のモデルではより走りを楽しめる17インチホイールを装着したツーリングセレクションがおすすめです。装備などを考えるとAもしくはAプレミアムが狙い目でしょう。

プリウス価格表

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格
EFF39251万8560円
SFF37.2256万5000円
4WD34275万9400円
SツーリングセレクションFF37.2273万2400円
4WD34292万6800円
AFF37.2284万2560円
4WD34303万6960円
AツーリングセレクションFF37.2300万6720円
4WD34320万1120円
AプレミアムFF37.2317万5200円
4WD34336万9600円
Aプレミアム        ツーリングセレクションFF37.2328万4280円
4WD34347万8680円

(2019年6月時点の情報で執筆した内容です)

萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【ニューモデル速報】「ダイハツタント」スーパーハイトワゴンのパイオニアが4代目へと進化!

【試乗記】「日産GT-R」進化を続ける日本の誇り、2020年モデルの走りは?

【試乗記】「トヨタスープラ」エンジンが異なる3グレードの走りを全比較!

【試乗記】「ホンダステップワゴン モデューロX」人気ミニバンの純正カスタムグレードの実力を試す

【試乗記】「ホンダシャトル」初のマイナーチェンジを受けた小型ステーションワゴンの実力チェック

【徹底レビュー】「トヨタヴォクシー/ノア」ベストセラーミニバンの人気の秘密に迫る

【注目のクルマ】「トヨタルーミー/タンク」が売れている理由を徹底解説

【ニューモデル速報】「マツダ3」新たな次元へ進化したアクセラ後継の世界戦略車

【グレード情報】エルグランドのグレードをリサーチ!

【燃費・走り】エルグランドの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP