プリウスαの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【燃費・走り】プリウスαの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

出典:トヨタ「プリウスα」ギャラリー

この記事は、 5 分で読めます。

燃費は車種によって大きく差があるものなので車選びの際には必ずチェックしたいポイントです。カタログ燃費はもちろん、実燃費も確認しておくとより安心でしょう。
ここではトヨタ「プリウスα」の燃費についてご紹介します。

プリウスに余裕を持たせたステーションワゴン、プリウスα

プリウスαはトヨタが世界初の量産ハイブリッド車として誕生させたプリウスの派生車種で、2011年にデビューしたハイブリッド専用のステーションワゴンです。プリウスよりも一回り大きく余裕を持たせた車内空間、広く使い勝手のいい荷室など、その名の通りプリウスにプラスαの要素を持たせた、といった印象のモデルです。

プリウスのカタログ燃費

プリウスαのパワートレインは1.8Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載した1種類のみです。グレードは大きく2種類に分けられますが、グレードによるカタログ燃費の差はありません。駆動方式は2WDのみとなっています。

プリウスαのカタログ燃費はJC08モードで26.2km/Lです。

停止中プリウスα

プリウスαとライバル車のカタログ燃費を比較

プリウスαとライバルとなる車種のカタログ燃費を比較して、プリウスαの燃費にどのようなメリットがあるのかチェックしてみましょう。

プリウスαのライバルとして挙げられる車の筆頭はホンダ「ジェイド」でしょう。そのほかでは同じトヨタの「シエンタ」などが考えられます。プリウスαはハイブリッド専用車種のため、ここではこの2車種のハイブリッド車と比較してみましょう。

ホンダ「ジェイド」

ホンダ「ジェイド」出典:ホンダ「ジェイド」

ジェイドにはホンダの独自開発のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」が採用され、ゼロ発進時からのモーター走行を可能にし、力強い加速や優れた燃費性能を実現しています。

ジェイドのハイブリッド車のカタログ燃費は24.2km/Lです。ジェイドとプリウスαの比較では、プリウスαの燃費にメリットがあることがわかりました。

トヨタ「シエンタ」

トヨタ「シエンタ」出典:トヨタ ニュースルーム

シエンタはトレッキングシューズをイメージしたという個性的なエクステリアデザインや燃費性能の良さに定評のある人気車種です。2018年に行われたマイナーチェンジでは3列シート車に加えて2列シート車がラインナップに加わりました。

シエンタのカタログ燃費は28.8km/L、プリウスαよりもわずかにシエンタが上回っています。いずれにしてもトヨタのハイブリッドシステムの優秀さを再認識できる結果となりました。

燃費は実燃費も必ずチェックしよう

燃費性能をチェックする際にはカタログ燃費だけではなく、実燃費もチェックするようにしたいものです。カタログ燃費は指標としての数値で、エアコンやライトなどを一定の条件下で平坦な道を走行して計測されますが車を実際に使用する際には荷物も載せますし、坂道を登ることもあります。ライトやエアコンの使用はもちろん音楽を聴いたりナビを使用したりすることもあるでしょう。

そのためほとんどの場合カタログ燃費と実燃費の差が生じます。一般的にJC08モード燃費の場合は約3割程度実燃費がカタログ燃費よりも低くなるといわれています。

オーナーの実燃費データを収集して公表しているe燃費によると、プリウスαの実燃費は19.40km/Lです。3割未満の差に収まっているので、プリウスαのカタログ燃費と実燃費の差は平均的な数値内であるといえるでしょう。

プリウスαの乗り心地について

プリウスαの乗り心地について出典:トヨタ「プリウスα」スタイル・カラー

車の乗り心地も見逃せない車選びのチェックポイントです。プリウスαはどんな乗り心地になっているのでしょうか。

選べる3つの走行モードで状況に合わせた快適な乗り心地を実現

プリウスαは低燃費とパワーをバランスよく調節して走行する「通常走行モード」に加えてエンジンを停止してモーターのみで走行する「EVドライブモード」、アクセル操作に対する駆動力を抑えるとともに空調も調節して環境に配慮した運転をサポートする「エコドライブモード」、俊敏で力強い走りを実現する「パワーモード」の3つの走行モードが選択できます。

パワーの必要な坂道やワインディングロードなどでは「パワーモード」を、エンジン音が気になるシーンでは「EVモード」を使用するなど、状況に応じた走行モードを選択することで滑らかで快適な乗り心地をサポートします。

先進安全機能によって快適な乗り心地をサポート

プリウスαではトヨタの先進安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備しています。

Toyota Safety Senseには安全な車間距離を維持しつつ先行車に追従走行したり、あらかじめ設定した速度で定速走行したりして安定した走行を支援する「レーダークルーズコントロール」やステアリング操作を支援して車線逸脱を抑制する「レーンディパーチャーアラート」などの機能が含まれ、安全とともに安定した快適な乗り心地を支援します。

トヨタのハイブリッドの底力を感じるプリウスα

プリウスαは2011年に発売されてから一度もフルモデルチェンジをしていませんが、それでもハイブリッドに定評のあるトヨタらしくライバル車に劣らない低燃費を実現しています。

燃費の差は車の維持費を大きく左右することにもなるので、車選びの際には実燃費やライバル車とも比較するなどさまざまな視点からチェックするようにすると、より満足できる車選びにつながるのではないでしょうか。

※記事の内容は2019年6月時点の情報で執筆しています。

トヨタプリウスαの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタプリウスαの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr