【安全性能】エルグランドの安全性能を徹底解説!

出典:日産「エルグランド」外観・内装

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

少しでも交通事故の可能性を減らし、万一の事故の際に被害を軽減してくれる車の安全性能にはさまざまなものがあります。車種ごとに搭載されている先進安全機能は異なるので、車選びの際には内容をしっかりチェックするようにしましょう。
ここでは日産の最上級ミニバン「エルグランド」の安全性能について詳しくご紹介します。

先進安全装備を全グレードに標準装備したエルグランド

現行のエルグランドは2010年にデビューした3代目モデルですが、2018年の12月に自動ブレーキや車線逸脱警報、前方の歩行者にも対応する踏み間違い衝突防止アシストなどの先進安全装備が全グレードに標準装備されました。

経済産業省や国土交通省が普及を進めている自動ブレーキなどの先進安全運転機能を装備した安全運転サポートカー、通称「サポカー」制度の分類の中で最も安全性能が充実した「サポカーSワイド」に対応するようになり、高い安全性がエルグランドの魅力として加わったといえるでしょう。

エルグランドに装備されている先進安全機能

ここではエルグランドに装備されている先進安全機能をご紹介します。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

出典:日産「エルグランド」先進安全装備

フロントに設置されたマルチセンシングカメラで前方の歩行者や先行車を検知し、衝突の危険性がある場合には段階を踏んで自動ブレーキを作動させるシステムです。

まずはブザーとメーター内表示でドライバーに注意喚起し、衝突の危険性がより高まった場合は弱い自動ブレーキを作動させてドライバーの回避操作をサポートします。それでも衝突が避けられないとシステムが判断した場合は強力な自動ブレーキを作動させて衝突の回避、または被害軽減を図ります。

車両に対しては約10~80km/h、歩行者に対しては約10~60km/hの速度域で作動します。夜間の検知には対応していません。

インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)&LDW(車線逸脱警報)

出典:日産「エルグランド」先進安全装備

マルチセンシングカメラで左右の車線を認識し、ウィンカー操作なしに車線を逸脱する可能性があればブザー音とメーター内の警告灯の表示でドライバーに注意を促すと同時に車線内に車両を戻そうとする力を発生させて、ドライバーに車線内走行を維持するように働きかける機能です。

約60km/h以上で走行時に作動します。

踏み間違い衝突防止アシスト

出典:日産「エルグランド」先進安全装備

駐車などでの低速走行時、センサーが壁などの障害物を検知している状態でアクセルペダルを一定以上の強さで踏み込むとブザー音とメーター内表示で警告するとともにエンジン出力の抑制、ブレーキ制御を行って急発進や急加速を抑制し、障害物への衝突被害の軽減をサポートするシステムです。

前方、後方の両方に対応。さらに前方に限り、歩行者や車両の検知によっても作動します。

また踏み間違い衝突防止アシストに付随する機能として、フロントカメラで前方の「進入禁止」標識を読み取り、誤って進入禁止路に進入しようとした場合はブザー音とディスプレイ表示でドライバーに注意を促す進入禁止標識検知機能もあります。

ハイビームアシスト

出典:日産「エルグランド」先進安全装備

周辺の明るさや対向車、先行車のライトを検知し、自動でハイビームとロービームの切り替えを行う機能です。ハイビームを使用する割合を増やして夜間の視認性を確保するとともに手動切り替えの手間をなくし、ドライバーの安全運転に貢献します。

インテリジェントクルーズコントロール(「250XG」除く)

出典:日産「エルグランド」先進安全装備

先行車を検知している状態であらかじめ設定した車速の範囲内で先行車との適切な車間距離を維持しながら追従走行するシステムです。0~約100km/hの範囲内で作動し、先行車が停止した場合は自車も停止します。

ドライバーの負担を減らし安全運転をサポートするとともに、安定した快適な走行を提供するシステムです。

インテリジェント アラウンドビューモニター(「350Highway STAR Premium」/ 「350Highway STAR Premium Urban CHROME」に標準装備、その他のグレードにメーカーオプション)

出典:日産「エルグランド」先進安全装備

4つのカメラを使用して視認しにくい車両周囲の映像をディスプレイ上に映し出し、安全確認をサポートするシステムです。上から見下ろすようなトップビューやフロントワイドビュー、リヤワイドビューなどの6つのビューを用意し、状況に応じて最適なものに切り替えることで見通しの悪い場所や駐車時などの視認性を確保します。

静止物だけではなく、歩行者や自転車などの移動物の検知機能やスムーズな駐車をサポートする駐車ガイド機能もついています。

小学校付近の安全運転ガイド(「350Highway STAR Premium」/ 「350 Highway STAR Premium Urban CHROME」に標準装備、その他のグレードにメーカーオプション)

出典:日産「エルグランド」先進安全装備

小学校周辺などのスクールゾーン(通学路)などで車速やアクセル開度、ブレーキ状態などの車両の状態をリアルタイムにモニターし、システムが安全運転への注意喚起が必要だと判断した場合には音声とディスプレイ表示によってドライバーに警告するシステムです。

特に安全への配慮が必要なシーンでの安全運転をサポートします。

エルグランドの衝突安全性について

もしもの交通事故の際の被害軽減を図る衝突安全性についても見ていきましょう。

出典:日産「エルグランド」先進安全装備

エルグランドでは運転席・助手席のエアバッグはもちろんのことフロントシートのサイドエアバッグやフロントシートからサードシートの頭部をカバーするカーテンエアバッグを全車に標準装備しています。

「サポカーSワイド」に相当し、充実した先進安全性能を備えたエルグランド

エルグランドには自動ブレーキや踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報などの一般的な先進安全機能はそろっている印象です。グレードによってはオプションでさらに安全装備を充実させることも可能です。

日産の最上級ミニバンとして君臨する「エルグランド」は時代に合わせて進化し、充実した安全性能を備えたモデルであるといえるでしょう。

※記事の内容は2019年6月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「【安全性能】エルグランドの安全性能を徹底解説!」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【ニューモデル速報】「ダイハツタント」スーパーハイトワゴンのパイオニアが4代目へと進化!

【試乗記】「日産GT-R」進化を続ける日本の誇り、2020年モデルの走りは?

【試乗記】「トヨタスープラ」エンジンが異なる3グレードの走りを全比較!

【試乗記】「ホンダステップワゴン モデューロX」人気ミニバンの純正カスタムグレードの実力を試す

【試乗記】「ホンダシャトル」初のマイナーチェンジを受けた小型ステーションワゴンの実力チェック

【徹底レビュー】「トヨタヴォクシー/ノア」ベストセラーミニバンの人気の秘密に迫る

【注目のクルマ】「トヨタルーミー/タンク」が売れている理由を徹底解説

【ニューモデル速報】「マツダ3」新たな次元へ進化したアクセラ後継の世界戦略車

【グレード情報】エルグランドのグレードをリサーチ!

【燃費・走り】エルグランドの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP