【燃費・走り】ジムニー シエラの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

出典:スズキ「ジムニーシエラ」

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

孤高の存在ともいえるコンパクトサイズの本格オフローダー、ジムニー シエラは熱烈なファンに支持される個性的なモデルです。エクステリアやオフロードでの走破性に注目されがちなジムニー シエラですが、燃費性能もしっかりと確認しておきましょう。
ここではスズキ「ジムニー シエラ」の燃費性能についてご紹介します。

ジムニー シエラの特徴

ジムニー シエラは今では珍しくなったラダーフレームを使用する本格オフローダーです。「プロの道具」をコンセプトに開発された現行モデルは機能性を重視しながらも都会にも溶け込む洗練されたエクステリアのデザインが高く評価され、軽自動車のジムニーとともにスズキ初となる「グッドデザイン金賞」を受賞しました。

2018年に登場した現行モデルにはオフロードでの走破性の確保に必要な高い動力性能と時代に合わせた燃費性能の両立を目指し、樹脂製インテークマニホールドや電子制御スロットルの採用、吸排気システムが最適化された新開発の1.5L直列4気筒エンジンを搭載しています。

ジムニー シエラのカタログ燃費

ジムニー シエラは非常にシンプルなグレード構成で、「JL」と「JC」の2つのグレードしかありません。駆動方式は4WDのみ、いずれのグレードにも5MTと4ATの2種類のトランスミッションがラインナップされています。エンジンは1.5L直列4気筒ガソリンエンジンのみで、ターボ車やハイブリッド車はありません。

グレードによる燃費の差はありませんが、トランスミッションの種類よる燃費の差があります。
ジムニー シエラのJC08モードカタログ燃費は以下の通りです。

・1.5Lガソリン車 4WD

5MT15.0km/L
4AT13.6km/L

ジムニー シエラとライバル車のカタログ燃費を比較

ジムニー シエラは孤高ともいえる存在で、国産車にはジムニー シエラのライバルといえる車は存在しない、というのが実情です。ラダーフレームを使用した本格オフローダーという点ではトヨタ「ランドクルーザー」が存在しますが、ランドクルーザーは4.6LのV型8気筒エンジンを搭載した大型車であり、ライバル車としてジムニー シエラと比較するのは無理があります。

そこでSUVやクロスオーバータイプも視野に入れ、同クラスのトヨタ「アクア クロスオーバー」、スズキの「エスクード」と比較してみます。

トヨタ「アクア クロスオーバー」

出典:トヨタ「アクア クロスオーバー」

トヨタの人気コンパクトカー「アクア」のSUVグレードである「アクア クロスオーバー」はプリウス譲りの高い燃費性能はそのままに、専用デザインのフロントグリルやバンパー、サイドマットガードやルーフモールなどを装備したモデルです。

アクア クロスオーバーのカタログ燃費は34.4km/L。トヨタ自慢のハイブリッドシステムを搭載しているのでかなりの燃費性能を誇ります。

コンセプトも想定されている使用シーンもまったく異なるのでサイズが同クラスというだけで比較することそのものに無理があったかもしれませんが、ジムニー シエラの燃費とはかけ離れた数値となっています。

スズキ「エスクード」

出典:スズキ「エスクード」スタイリング

ジムニー シエラと同じスズキのエスクードは、電子制御4WDシステムや4モード走行切替機能、車両運動協調制御システムの3つのテクノロジーで構成された独自の四輪制御システム「ALLGRIP」を採用し、オフロード性能とオンロード性能の両立を目指したクロスオーバーSUVです。

燃料をシリンダー内に直接噴射する技術を採用し、燃費効率を良くした1.4Lのブースタージェットエンジンを採用し、低燃費を実現しています。

エスクードのカタログ燃費は16.0km/L。エスクードとの比較においてもジムニー シエラはわずかながら後れを取った結果となりました。

ジムニー シエラの実燃費

燃費性能をチェックする際にはカタログ燃費だけでなく実燃費も必ずチェックするようにしましょう。

JC08モード燃費とは平坦でまっすぐな道でライトやエアコンなどを使わずに一定の条件下で計測されているもので、いわば指標に使われる数値、といった意味合いが強いものになっています。しかし、日常生活ではさまざまな場所で走行するのはもちろん、エアコンやナビなどを使用することからカタログ燃費と実燃費との差が生まれるのが一般的です。

路面の状態や運転の方法によって実燃費は変わりますが、だいたい平均3割程度は実燃費が低くなるといわれていることを覚えておきましょう。

オーナーの実燃費データを収集して公表しているe燃費によると、ジムニー シエラの実燃費は5MTが13.56km/L、4ATが15.31km/L。ジムニー シエラにおいてはカタログ燃費と実燃費の乖離はほぼないといっていい数値になっています。

ジムニー シエラの乗り心地をチェック

出典:スズキ「ジムニーシエラ」

本格オフローダーとはいえ、車内の静粛性や乗り心地なども気になるポイントです。

静粛性確保のためのさまざまな工夫

床面にはフェルトを施した一体型カーペットを採用しロードノイズやトランスミッションの透過音を低減、さらにフロントとリアにダッシュアウターサイレンサーを取り付けてエンジン透過音の低減、吸音性の高い素材を天井材に採用して風騒音や雨音の低減を実現するなど、高いレベルでの静粛性を確保しています。

先進安全機能を搭載し安全・快適な運転をサポート

ジムニー シエラには道路標識を認識してドライバーに注意を促す機能や車両のふらつきを察知して危険を知らせる機能など、安全運転を支援するとともに急ハンドルや急ブレーキなどを防いで安定した快適な乗り心地をサポートする機能も備えています。

燃費性能のチェックは忘れずに

ライバル車との比較からも読み取れるように、車種によって燃費性能は大きな差があります。車選びの際にはカタログ燃費、実燃費とも必ずチェックするようにしましょう。

ジムニー シエラの燃費は取り立てて優れている、というわけではないかもしれませんが実燃費とカタログ燃費の差も少なく、高い静粛性や先進安全機能を備えるなど、現代にマッチしたバランスの取れたモデルであるといえるでしょう。

※記事の内容は2019年6月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「【燃費・走り】ジムニー シエラの燃費はどのくらい?実燃費を徹...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【ニューモデル速報】「ダイハツタント」スーパーハイトワゴンのパイオニアが4代目へと進化!

【試乗記】「日産GT-R」進化を続ける日本の誇り、2020年モデルの走りは?

【試乗記】「トヨタスープラ」エンジンが異なる3グレードの走りを全比較!

【試乗記】「ホンダステップワゴン モデューロX」人気ミニバンの純正カスタムグレードの実力を試す

【試乗記】「ホンダシャトル」初のマイナーチェンジを受けた小型ステーションワゴンの実力チェック

【徹底レビュー】「トヨタヴォクシー/ノア」ベストセラーミニバンの人気の秘密に迫る

【注目のクルマ】「トヨタルーミー/タンク」が売れている理由を徹底解説

【ニューモデル速報】「マツダ3」新たな次元へ進化したアクセラ後継の世界戦略車

【グレード情報】エルグランドのグレードをリサーチ!

【燃費・走り】エルグランドの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP