【グレード情報】トヨタ ノアのグレードをリサーチ!

出典:トヨタ「ノア」外観

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

あなたが車に求めている装備にはどんなものがあるでしょうか。グレード選びの際には自分の欲しい装備が搭載されているグレードを見極める必要があります。そのためにしっかりとグレード別の装備内容を把握しておきましょう。

ここではトヨタのミニバン「ノア」のグレード別装備についてご紹介します。

ノアのグレード構成

ノアにはハイブリッド車とガソリン車があります。ガソリン車には7人乗りと8人乗り、さらに駆動方式は2WDと4WDの両方がラインナップされるのに対し、ハイブリッド車では7人乗り、2WDのみとなっている点をまず把握しておきましょう。

グレード構成は大きく分けてベーシックグレードの「X」、快適装備などが充実する上級グレードの「G」、エクステリアに手が加えられた「Si」の3種類です。このグレード構成はハイブリッド車、ガソリン車ともに変わりありません。

加えて「Si」グレードをベースとした特別仕様車「Si“W×B II”」がハイブリッド車とガソリン車の両方に、ボディ剛性をアップして足回りにも手を加えた「Si“GR SPORT”」がガソリン車に設定されています。

ここからノアのグレード別装備についてご紹介します。

必要装備は一通りそろう「X」

出典:トヨタ「ノア」価格&グレード

「X」グレードはノアの基本となるグレードですが、オートレベリング付きのLEDヘッドランプやアクセサリーソケット、充電用USB端子、左右独立温度コントロール機能付きのフルオートエアコン、助手席側のパワースライドドアなどが標準装備され、通常必要となる基本的な装備はそろっている印象です。上級グレードにしか搭載されないことも多いLEDヘッドランプが標準装備されている点は評価できるポイントでしょう。

残念なのはガソリン車にはスマートエントリーシステムが装備されていないこと。オプションの設定はあるので、追加は可能です。ハイブリッド車には標準装備されています。

先進安全パッケージ「Toyota Safety Sense」は全グレードに標準装備されていますが、このパッケージにはアクセルとブレーキの踏み間違い時の急発進・急加速防止をサポートする誤発進抑制機能に相当する機能が含まれていません。

トヨタの誤発進抑制装置にあたる機能はインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]ですが、この「X」グレードではこの機能は標準装備ではなくオプションになっている点に注意が必要です。

シート素材はファブリック、ホイールは15インチのスチールホイールになります。

快適装備や安全装備が充実する「G」

出典:トヨタ「ノア」価格&グレード

エアコンにナノイー機能がプラスされ、シート素材が消臭機能付きのハイグレードファブリックになるなど快適装備が充実するのがこの「G」グレードです。スマートエントリーシステムがガソリン車でも標準装備になります。

バックドアイージークローザーも装備され荷室の使い勝手も向上。「X」ではモノクロだったマルチインフォメーションディスプレイは4.2インチのカラーになり、オプティトロンメーターもハイグレード仕様のものになります。

またインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が標準装備され、安全機能も充実しました。

エクステリアではLEDフォグランプが追加されホイールも15インチのアルミホイールになるなど、ルックスにおいても「X」グレードとの差別化が図られているといえるでしょう。

エクステリアにこだわったエアログレードの「Si」グレード

出典:トヨタ「ノア」価格&グレード

「Si」グレードではスモークメッキのフロントグリルや大型フロントバンパー、フロントフェンダー、リヤ大型バンパー、リヤスポイラー、大型サイドマッドガードなどのエアロパーツが追加され、ホイールは16インチアルミホイールになるなどエクステリアにいっそうの迫力をもたらしています。

シート素材が消臭機能付きのエアロ専用のものになるほか、エアコンにナノイー機能が付属しないことを除いてそのほかの装備はほぼ「G」グレードに準じます。

専用のエクステリアやインテリアのデザインが目を引く「Si“W×B II”」

出典:トヨタ「ノア」価格&グレード

カバーに黒艶塗装を施したLEDフロントフォグランプやスモークメッキエクステンション仕様のLEDヘッドランプ、メッキのアウトサイドドアハンドルにスモークメッキのバックドアガーニッシュやリヤコンビネーションガーニッシュなどの専用のエクステリアの輝きがスタイリッシュさを感じさせる特別仕様車です。

インテリアもホワイトステッチ付きの合成皮革とファブリックの専用シートや合成皮革巻きのドアトリムオーナメント、メッキのインサイドドアハンドルなどが装備されエクステリアのスタイリッシュな雰囲気をそのまま体現したものになりました。

パワースライドドアが左右両方に装備されるなど、ルックスの良さだけでなく快適装備も充実した特別仕様車です。

スポーツ性能を身につけた「Si“GR SPORT”」

出典:NOAH GR SPORT | TOYOTA GAZOO Racing

モータースポーツでの「戦闘力」を表現した専用エクステリアはモータースポーツでの走りをイメージさせるデザインが特徴です。

専用のフードモールやフロントグリル、ダークメッキ加飾付きの大型バンパー、専用のLEDイルミネーションビームや専用スモークメッキ加飾が施されたバックドアガーニッシュ・リヤコンビネーションランプなどがストイックに走りを追求するモータースポーツ直系のデザインとなっています。

インテリアも専用のスポーツシートや専用小径本革巻き3本ステアリングホイール、アルミペダルなどスポーティテイストあふれる仕上がりです。

ホイールはノアで唯一18インチのアルミホイールが採用され、専用チューニングされたサスペンションや専用スポーツブレーキパッドなどが装備されるなど足回りも強化。ボディの前後バランスの最適化や剛性アップも行われ、ミニバンであることを感じさせないような高い走行性能を実現しています。

標準グレードの「X」がノアのおすすめグレード

ノアは標準グレード「X」でも必要十分な装備がそろっているので、エクステリアやインテリアに特にこだわりがないのであれば「X」グレードで十分でしょう。

「X」グレードに誤発進抑制装置に相当するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]やスマートエントリーシステムをオプションで追加すればかなり満足度の高い装備になるのではないでしょうか。

オプションの追加も積極的に検討しよう

グレードを選ぶ際にはオプションの追加も視野に入れると選択肢の幅が広がり、より満足度の高い車選びができるのではないでしょうか。

グレード内容を把握するとともにさまざまなオプションを組み合わせて、自分にとって使い勝手のいいノアを手に入れてください。

※記事の内容は2019年6月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「【グレード情報】トヨタ ノアのグレードをリサーチ!」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【ニューモデル速報】「ダイハツタント」スーパーハイトワゴンのパイオニアが4代目へと進化!

【試乗記】「日産GT-R」進化を続ける日本の誇り、2020年モデルの走りは?

【試乗記】「トヨタスープラ」エンジンが異なる3グレードの走りを全比較!

【試乗記】「ホンダステップワゴン モデューロX」人気ミニバンの純正カスタムグレードの実力を試す

【試乗記】「ホンダシャトル」初のマイナーチェンジを受けた小型ステーションワゴンの実力チェック

【徹底レビュー】「トヨタヴォクシー/ノア」ベストセラーミニバンの人気の秘密に迫る

【注目のクルマ】「トヨタルーミー/タンク」が売れている理由を徹底解説

【ニューモデル速報】「マツダ3」新たな次元へ進化したアクセラ後継の世界戦略車

【グレード情報】エルグランドのグレードをリサーチ!

【燃費・走り】エルグランドの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP