【徹底レビュー】「トヨタヴォクシー/ノア」ベストセラーミニバンの人気の秘密に迫る

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

実は販売台数隠れNo.1

ヴォクシーのエアログレードZS

こちらはノアのノーマルグレードG

クルマの人気の目安となるのが、新車の販売台数です。一般社団法人日本自動車販売協会連合会が発表している軽自動車、輸入車を除いた登録車の2018年(暦年)の販売台数では日産ノートが13万6,324台で総合トップでしたが、ボデイタイプ別では9万9,865台を販売した日産セレナがミニバンNo.1に輝きました。

しかし、見方を変えると販売台数No.1カーは別の車種なのです。そのクルマがトヨタの5ナンバーサイズミニバンであるヴォクシー/ノアです。2018年の年間販売台数はヴォクシーが9万759台、ノアが5万6,719台で、合計すると14万7478台となり、ミニバンNo.1のセレナはおろかノートを超える台数を販売しているのです。

内外装が多少異なるものの基本的には同じクルマ

このヴォクシー/ノアはトヨタの異なる販売チャンネルで扱われている兄弟車で、基本的なシャシーやパワートレインは共通。それぞれのモデルの個性に合わせて、内外装のデザインが多少異なっているのです。装備や仕様が同じモデルだとグレード名が違うだけで車両販売価格は同じとなります。ちなみにもう一台の兄弟車・エスクァイアはワンランク上のミニバンという設定です。ヴォクシー/ノアとは装備や価格が異なりますので、今回は除外しています(エスクァイアも2018年は4万224台を販売していますので、それを加えると3車種で18万7702台。ノートを遥かに凌ぎ、軽自動車のホンダN-BOXの23万9,706台に次いで、日本で2番目に売れているクルマということになります)。それでは、そんなベストセラーミニバン、トヨタヴォクシー/ノアを徹底レビューしていきましょう。

リアの乗降性の良さは依然クラス最良

ヴォクシーのエアログレードZSのド派手なインパネ(写真のカラーはヴォクシーのZSのみに用意される別注色。通常はブラック)

こちらは落ち着いた雰囲気のノアのノーマルグレードG(写真のカラーはノアGのみに用意される別注色。通常はブラック)

現行型のヴォクシー/ノアは2014年1月に登場しています。同じカテゴリーとなる日産セレナが2016年8月、ホンダステップワゴンは2015年4月登場なので、同じカテゴリーの中で、最も古いモデルとなります。しかし、販売台数に陰りが見られません。この長続きする好調はたんにトヨタの販売力の強さということだけで片付けられないでしょう。価格設定がライバル車に対して割安なこと、燃費の良いハイブリッドを当初からラインナップしていること、そして同じカテゴリーの中で最も床が低く、リアのスライドドアの乗降性が高いなど工夫が施されていることなど、その魅力はいまだに色あせていないのです。

乗車定員もハイブリッド車は7人乗りのみですが、ガソリンエンジン車はグレードによって7人乗りと8人乗りを用意するなど幅広いニーズに応えているのが特徴です。そしてヴォクシー/ノアは5ナンバーサイズモデルに加えて、エアロパーツを装着した3ナンバーサイズモデルがあります。さらにボディ補強などを施し、走りに磨きをかけたGRスポーツも設定しています。



ノーマルグレードとエアロ系グレードでは内装の雰囲気を大きく変えたカラーリングを用意するなど、ユーザーの嗜好をきっちり捉えているのも、さすがトヨタです。


一方でライバルのセレナやステップワゴンに比べると、収納スペースや3列目シートの格納方法、バックドアの工夫などの点でやや見劣りします。

いまだに水準以上の燃費性能

ハイブリッドのエンジンルーム

こちらは2.0Lガソリンエンジン

ヴォクシー/ノアに搭載されるパワートレインは最高出力99ps、最大トルク142Nmを発生する1.8L直列4気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステム、そして最高出力152ps、最大トルク193Nmを発生する2L直列4気筒エンジンの2種類。駆動方式はハイブリッド車が2WD(FF)のみですが、ガソリンエンジン車は2WDに加えて、4WDを用意。JC08モード燃費はハイブリッド車が23.8km/L、ガソリンエンジン車が14.8〜16.0km/Lと登場から5年が経過しても水準以上の燃費性能を誇っています。

内外装の刷新に加えて安全装備もアップデート済み

2014年の登場以降、ヴォクシー/ノアは一部改良やマイナーチェンジを行い、商品力に磨きをかけ続けています。例えば2016年1月の一部改良では衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」を採用し、安全性を向上させました。同じタイミングでそれまでヴォクシー/ノアのガソリンエンジン車のみにしか設定されていなかった3ナンバーのエアロ仕様が、ハイブリッド車にも拡大設定されています。続く2017年7月には内外装の大幅変更を伴うマイナーチェンジを行い、それぞれの個性を際立たせたエクステリアデザインの採用をはじめ、操縦安定性、静粛性の向上、そして室内装備を充実させています。

2019年1月の一部改良では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」の機能を向上。衝突回避軽減ブレーキであるプリクラッシュセーフティの検知対象に昼間の歩行者が加わりました。同時に駐車場などのアクセルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突を抑制するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ・静止物)を新たに設定し、安全性も向上させています。

エアログレードは3ナンバーサイズ

ヴェルファイアを彷彿とさせるヴォクシーのエアログレードZS

ヴォクシー/ノアのグレード構成を見てみましょう。先程も書いたようにグレード名はヴォクシーとノアで異なりますが、基本的には同じグレード構成となっています。ヴォクシーでZS、ノアでSiというグレードはエアロパーツを装着した3ナンバーボディでハイブリッド車、ガソリン車ともに最上級グレードとなります。そしてヴォクシーはV、ノアはGが中間グレードとなり、エントリーグレードのXは共通となっています。車両本体価格は2.0X 8人乗り2WD車の250万9,920円〜ハイブリッドZS(ノアはSi)が328万6,440円となっています。

ハイブリッドとの価格差は大きい。特別仕様車にも注目

マイナーチェンジで雰囲気が大きく変わったノアのノーマルグレード

ハイブリッド車の23.8km/Lという燃費性能は魅力かもしれませんが、人気のエアロモデルで比較すると価格差は49万3,560円となります。エコカー減税などでその価格差は縮まりますが、2Lのガソリン車も実燃費は高く満足できると思います。したがっておすすめのグレードは人気のエアログレード、ヴォクシーならZS、ノアならSiのガソリン車です。またカタログモデルではありませんが、ヴォクシー/ノアは良く特別仕様車を設定するので、タイミングが合えば、そちらがおすすめです。

ヴォクシー価格表

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格(東京)
ハイブリッド ZS (7人乗り)2WD23.8328万6440円
ハイブリッド V (7人乗り)316万80円
ハイブリッド X (7人乗り)300万3480円
2.0ZS (7人乗り)2WD16.0279万2880円
4WD14.8298万7280円
2.0ZS (8人乗り)2WD16.0276万2640円
4WD14.8295万7040円
2.0V (7人乗り)2WD16.0280万3680円
4WD14.8300万8880円
2.0V (8人乗り)2WD16.0277万3440円
4WD14.8297万8640円
2.0X (7人乗り)2WD16.0254万160円
4WD15.0274万5360円
2.0X (8人乗り)2WD16.0250万9920円
4WD15.0271万5120円
ZS“GR SPORT” (7人乗り)2WD324万6480円

ノア価格表

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格(東京)
ハイブリッド Si (7人乗り)2WD23.8328万6440円
ハイブリッド G (7人乗り)316万80円
ハイブリッド X (7人乗り)300万3480円
2.0Si (7人乗り)2WD16.0279万2880円
4WD14.8298万7280円
2.0Si (8人乗り)2WD16.0276万2640円
4WD14.8295万7040円
2.0G (7人乗り)2WD16.0280万3680円
4WD14.8300万8880円
2.0G (8人乗り)2WD16.0277万3440円
4WD14.8297万8640円
2.0X (7人乗り)2WD16.0254万160円
4WD15.0274万5360円
2.0X (8人乗り)2WD16.0250万9920円
4WD15.0271万5120円
Si“GR SPORT” (7人乗り)2WD324万6480円
萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【徹底レビュー】「トヨタヴォクシー/ノア」ベストセラーミニバ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【海外試乗記】「マツダCX-30」ジャストサイズのSUVは、噛めば噛むほど「うまみ」が出てくる(岡崎五朗レポート)【海外試乗記】「マツダCX-30」ジャストサイズのSUVは、噛めば噛むほど「うまみ」が出てくる(岡崎五朗レポート)

【海外試乗記】「マツダCX-30」ジャストサイズのSUVは、噛めば噛むほど「うまみ」が出てくる(岡崎五朗レポート)

【ニューモデル速報】「マツダ2」デミオから名称変更、安全装備も充実【ニューモデル速報】「マツダ2」デミオから名称変更、安全装備も充実

【ニューモデル速報】「マツダ2」デミオから名称変更、安全装備も充実

【試乗記】「マツダ3」イチオシはSKYACTIV-X、デザインも走りも欧州の一流どころと互角だ(岡崎五朗レポート)【試乗記】「マツダ3」イチオシはSKYACTIV-X、デザインも走りも欧州の一流どころと互角だ(岡崎五朗レポート)

【試乗記】「マツダ3」イチオシはSKYACTIV-X、デザインも走りも欧州の一流どころと互角だ(岡崎五朗レポート)

【ニューモデル速報】「マツダ6」アテンザから名称変更、新エンジンも搭載【ニューモデル速報】「マツダ6」アテンザから名称変更、新エンジンも搭載

【ニューモデル速報】「マツダ6」アテンザから名称変更、新エンジンも搭載

【徹底レビュー】「スズキソリオ」いまだ人気上昇中のコンパクトワゴン、その使い勝手から燃費まで【徹底レビュー】「スズキソリオ」いまだ人気上昇中のコンパクトワゴン、その使い勝手から燃費まで

【徹底レビュー】「スズキソリオ」いまだ人気上昇中のコンパクトワゴン、その使い勝手から燃費まで

【ニューモデル速報】「日産スカイライン」大幅マイナーチェンジで新プロパイロット搭載【ニューモデル速報】「日産スカイライン」大幅マイナーチェンジで新プロパイロット搭載

【ニューモデル速報】「日産スカイライン」大幅マイナーチェンジで新プロパイロット搭載

【徹底レビュー】「トヨタエスティマ」根強い人気を誇るスタイリッシュミニバン、その使い勝手から安全性能まで【徹底レビュー】「トヨタエスティマ」根強い人気を誇るスタイリッシュミニバン、その使い勝手から安全性能まで

【徹底レビュー】「トヨタエスティマ」根強い人気を誇るスタイリッシュミニバン、その使い勝手から安全性能まで

【燃費・走り】カローラスポーツの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!【燃費・走り】カローラスポーツの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【燃費・走り】カローラスポーツの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【グレード情報】カローラスポーツのグレードをリサーチ!【グレード情報】カローラスポーツのグレードをリサーチ!

【グレード情報】カローラスポーツのグレードをリサーチ!

【内装・使い勝手】カローラスポーツの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!【内装・使い勝手】カローラスポーツの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

【内装・使い勝手】カローラスポーツの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

もっと見る

PAGETOP