カーリースの保険はどうする?仕組みや必要性を徹底解説

カーリースの保険はどうする?仕組みや必要性を徹底解説

車を運転するにあたり、気になるのは万が一事故が起きた時のこと。
それはもちろん、カーリースでも同じです。「カーリースに興味はあるけれど事故が怖い」「保険についてよくわからないから不安」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方のために、ここではカーリースの保険の仕組みや必要性について徹底解説します。

カーリースの保険はどうなっている?

車の事故に備えた保険には、法律によってすべての車の所有者に加入が義務付けられている「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」とドライバーが任意で加入する「任意保険」があります。
一般的なカーリースでは、自賠責保険の保険料はリース料金に含まれているので自動的に加入することになります。一方、任意保険の保険料はリース料金に含まれていないので必要に応じて自分で契約しなければいけません。

自賠責保険と任意保険の違いは?

自賠責保険と任意保険の違いは?

自賠責保険と任意保険という2つの保険が存在しているのは、それぞれの保険でカバーできる範囲が異なるからです。
まずは、自賠責保険と任意保険それぞれの保険について詳しくみていきましょう。

車の所有者に加入義務がある「自賠責保険」

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法によってすべての車の所有者に加入が義務付けられている保険のことで、交通事故が起こった際に被害者を救済することを目的としています。交通事故が起こった時、加害者に資産がなければ被害者は十分な賠償を受けられないかもしれません。そのため、加害者の資産の有無によって受け取れる賠償額が変わらないように、加害者の経済的な負担を補填する役割を担っています。

このように、自賠責保険は対人賠償の確保を目的とするものなので、補償金が支払われるのは交通事故で相手を死亡させた又は怪我をさせた時のみです。そのため、自身の車や壊してしまった物、ドライバー自身の怪我や死亡、同乗者の怪我や死亡、壊した相手の車などは保障の対象にはならず、相手のいない自損事故も対象外になります。

また、支払限度額は被害者1人あたり、傷害による損害が120万円、後遺障害による損害が4,000万円、死亡による損害が3,000万円となっています。

ドライバーが任意で補償内容を選ぶ「任意保険」

任意保険とは、名前の通りドライバーの任意で加入する保険のこと。自賠責保険ではカバーできない自身の怪我の治療費や車の修理費用、相手の車や壊した物の修理費用など、対人賠償以外などが補償範囲となっています。
一般的に任意保険でカバーできる内容は以下の通りですが、すべてセットになっているのではなく、必要な補償内容や補償金額を選んで契約し、保険料は契約内容によって異なります。また、契約期間は1年間が一般的で、その都度契約を更新します。

<任意保険でカバーできる内容>
・対人賠償…相手方を死亡させた又は怪我させた場合の賠償
・対物賠償…相手方の車やものを壊した場合の賠償
・人身傷害補償…ドライバー自身が死亡した又は怪我をした場合の補償
・搭乗者傷害補償…同乗者が死亡した又は怪我をした場合の補償
・自損事故補償…自損事故の損害に対する補償
・車両保険…自身の車が壊れた場合の補償

カーリースに決まり

カーリースに任意保険は必要か?

カーリースに任意保険は必要か?

2017年の損害保険料率算出機構の統計データによると、車を運転する方の任意保険への加入率は9割に近いという結果が推定されています。言い換えると、自賠責保険だけでは補償内容が足りないと考える方が多くいるということでもあります。また、リース車の修理費用は借主負担になるため、カーリースを利用する場合にも任意保険に入っておくと安心です。その他にも、カーリースに任意保険が必要な理由は次の通りです。

1. リース車の修理費用は借主負担になる

一般的に、カーリースの車はリース会社から借りている状態です。契約満了時には、契約時のように原状回復した状態で返すことが契約となっています。そのため、事故による傷や故障は借主が自身の負担で修理をしなくてはいけません。そのため、任意保険に加入しておくと修理費用などをカバーできるので安心です。

2. 事故による全損に備える

万が一、契約期間中にリース車が全損した場合、リース契約は強制解除となります。そのため、借主はリース会社に対して違約金や解約手数料を払わなくてはいけません。自賠責保険ではこれらの費用をカバーすることはできませんが、任意保険の契約に準じて賄うことができます。

3. 事故を完全に防ぐことはできないため

どんな優良ドライバーでも、事故を完全に防ぐことはできません。「常に安全運転を心がけているから大丈夫」という自信があっても、巻き込み事故に合う可能性や子どもの急な飛び出しなどは、ドライバーの努力では防ぐことができない事故もあるため、万が一に備えることが大切です。

カーリースでは任意保険に入るのがおすすめ

カーリースでは任意保険に入るのがおすすめ

カーリースはさまざまな費用が月額料金に含まれていますが、任意保険はドライバーの意思による加入となります。
リース料に含まれている自賠責保険だけでは、事故が起きた際にカバーできない部分が多く、思わぬ負担が発生する可能性があります。カーリースを安心して利用するためにも、任意保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

ここでは、カーリースの任意保険の補償内容例やマイカー専用の任意保険との違いを見ていきましょう。

カーリースの任意保険の補償内容例

これはリース車に限ったことではありませんが、事故や盗難などに備えてリース車の車両保険の加入はしておいたほうがいいでしょう。特にカーリースでは返却や原状回復が義務付けられているため、車を盗まれた場合は解約扱いとなり、基本的に一括で残りのリース料金を払うことになります。

おトクにマイカー 定額カルモくんの場合は以下の計算式で求められる費用を支払います。

規定損害金=リース料総額 +所定残存価格-支払い済みリース料-自動車車両評価額(または売却金額)+売却諸費用
※ちなみに、追加金はありません。

こういったことから車両保険に加入したほうが良いのですが、その場合、車の補償金額によって月々の保険料が異なるので、補償金額をしっかりと見定めることが大切です。
また、任意保険は車両を補償する目的のほかに、相手方への賠償、自身や同乗者のための補償など、内容や金額は保険によって異なります。自身で必要な補償項目を選びましょう。

ここでは、車を利用する用途を通勤や通学、年齢が34歳以下などの契約条件をもとに、補償内容や保険料例をシミュレーションしてみました。

<契約条件>
用途:通勤や通学
年齢:34歳以下
免許の色:ブルー
運転者:契約者のみ
対象の車:軽自動車
車の登録番号の運輸支局:川口

<補償内容>
・基本補償
対人賠償:無制限
対物賠償:2,000万円
搭乗者傷害保険:1,000万円
自損事故保険:1,500万円
無保険車傷害保険:2億円

・追加補償
車両保険:100万円
人身傷害保険:5,000万円

<保険料>
基本保険料:年間 45,040円
車両保険追加の場合:年間 73,420円
人身傷害保険追加の場合:年間 51,260円

(参考)三井ダイレクト損保のシミュレーションによる|2019年12月

保険料の支払いも月々分割にできる

任意保険の支払い方法は一般的に1年分をまとめて払う一括払いもしくは、月々払う分割があります。支払い方法や回数は保険会社や契約によって異なりますが、リース料金と同じように定額にすることもできるので、まとまった費用を用意しなくても大丈夫です。
また、任意保険の保険料は、年齢が若いほど高く、長く利用するほど安くなります。そのため、過去に利用していた保険がある場合は料金を抑えることができる可能性があります。

カーリース向けの任意保険

マイカー所有時に加入する任意保険の中にはリース車でも使えるものもありますが、カーリース専用の任意保険を用意している保険会社もあります。ソニー損保自動車保険とSBI損保自動車保険の2種類の自動車保険についてご紹介します。

・ソニー損保自動車保険

ソニー損保自動車保険では、マイカーはもちろん、リース車やディーラーローンなどでドライバーに所有権がない場合にも、車検証の使用者が契約者であれば契約することができます。また、補償内容は相手方や自分、同乗者などの対人補償と自分の車への補償のほかに、加害者となった場合の弁護士費用、他人に怪我をさせてしまったときなどの個人賠償特約というオプションの補償もあります。

・SBI損保自動車保険

SBI損保自動車保険では、ソニー損保自動車保険と同様にリース車でも利用することができる自動車保険です。従来の保険会社のような代理店型ではないため、人件費が削減されたことで保険料が安くなったりインターネット申込みや証券不発行で割引になったりと、さまざまな割引で保険料が抑えられるのもこの保険の魅力です。
これまでに加入している任意保険がある場合には、保険証券をスマホで撮影して見積りがとれる「カシャッピ」というサービスを利用するのがおすすめです。

定額カルモくんなら安全に乗れて良いことだらけ!

月々支払

おトクにマイカー 「定額カルモくん」では、毎月のリース代金に車両代金や自賠責保険料、環境性能割や重量税などの税金、手数料などがコミコミ!面倒な手続きや支払い忘れの心配もありません。
その他にも知っておきたい、定額カルモくんの3つのメリットをご紹介します。

1. 定額制で新車に乗れる!

車を定額で利用できるのは、カーリースの大きなメリット。定額カルモくんでは、全国産車種の全てのグレードを取り扱っているため、定額制で好きな新車に乗ることができます。毎月決まった金額で使用することができるので、家計管理もしやすく、急な出費の心配もありません。

2. メンテナンスプランで維持費もカバー

メンテプランおすすめ

定額カルモくんでは、オプションのメンテナンスプランに加入することで車検や修理費などの維持費もカバーすることができます。全国30,000店舗以上の指定大手事業者の中から、自宅に近い店舗を選んでメンテナンスを受けることができるので、愛車のメンテナンスもラクラク!

メンテナンスプランの詳しい内容はこちら

3. サポートが充実しているので安心

サポートが充実

定額カルモくんでは、購入前はもちろん、購入後のアフターサービスも充実!電話はもちろんLINEで気軽に相談することもできるので、ちょっと困ったときなどでもいつでもご相談いただけます。

定額カルモくんについて、詳しくはこちら

よくある質問

Q1:カーリースの保険はどうなっているの?

A:一般的にカーリースでは、月額料金に事故対象者の救済を目的とした自賠責保険料が含まれています。しかしながら、それ以外の運転者や同乗者、車などを補償してくれる任意保険は、自身で加入しなくてはいけません。これまでに利用していた保険やリース会社が提携している保険などを利用するといいでしょう。

Q2:任意保険はどうして必要なの?

A:カーリースは契約満了時の返却を前提としたサービスです。また、返却時には原状回復をする必要があるため、契約期間中についた傷などは修理しなくてはいけません。ほかにも、事故によって車が全損する可能性もあるので、万が一の場合に備えておくことが大切です。

Q3:任意保険の選び方は?

A:任意保険では、基本の補償内容に加えて追加の補償などから必要な補償項目を選んで契約をします。また、車両の補償や賠償金額も必要に応じて選ぶことができるので、備えておきたい内容や範囲を考えた上で契約をしましょう。できるだけ料金を抑えたいという場合には、ベースの補償内容をもとに契約内容を考えるのがおすすめです。

Q4:おすすめの自動車保険は?

A:契約しているリース会社で取り扱っている任意保険を紹介してもらうのもいいですが、マイカーだけでなくリース車も利用できる「ソニー損保自動車保険」や「SBI損保自動車保険」などの自動車保険を利用するのがおすすめです。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr