残価設定型ローンとカーローンの違いは?それぞれの特徴やメリットを解説!

残価設定型ローンとカーローンの違いは?それぞれの特徴やメリットを解説!
通常記事_コミコミ1万円バナー

月々の支払額を抑えられる残価設定型ローンですが、通常のカーローンとの違いはわかりにくいものです。そこで、残価設定型ローンとカーローン、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説します。また、同じように残価を設定するカーリースとの違いについても見ていきましょう。

カーリースなら残価を差し引いて安く新車に乗れるだけでなく、頭金やボーナス払いなし、維持費もコミコミにできるので、車にかかる費用の負担を減らしたい方にもおすすめです!

カルモくんなら新車が

【この記事のポイント】
✔残価設定型ローンは、車両価格から残価を据え置いて残りを分割で支払う方法
✔月々の支払額が抑えられる一方で、残価精算が発生する
✔カーリースなら残価精算なしでもっとお得に新車に乗れる

残価設定型ローンとは?

残価設定型ローンとは?

残価設定型ローンとは、契約時にローン期間終了後の下取り価格を設定し、車両価格から下取り価格を据え置いて、残った金額を分割で返済するローンです。月々の支払額を抑えられるというメリットがありますが、そのほかのメリットやデメリット、特徴について詳しく見ていきましょう。

残価設定型ローンの特徴

残価設定型ローンの特徴

残価設定型ローンでは、残価を据え置いた残りの金額を分割で支払うので、月々の返済額が少なくできるのが特徴です。しかし、残価分の支払いが不要なわけではなく、最終返済時の下取り価格と残価に差額が生じた場合には、支払いが発生する場合があります。

そのため、車の状態によっては、実際の査定額が契約時に設定した残価を下回ってしまうことがあります。そういったことを防ぐため、ローン期間中は車のカスタマイズが禁止されていたり、月間の走行距離に上限があったりと、制限がかけられることが多くあります。

また、ローン期間満了後は車を売却や乗換え、再ローンなどの選択肢が用意されているのが一般的です。

メリット・デメリット

残価設定型ローンでは、頭金やボーナス払いを設定しなくてもローンが組めるのもメリットといえるでしょう。さらに、契約満了時に別の車に乗り換えるという選択ができるので、短期間で同じメーカーの車に乗り換えたい方にお得な方法となっています。

一方で、デメリットとしては、残価を含めた車両価格全体に金利がかかるため、利息の総額が高くなることが挙げられます。そのほかにも、下取り価格を担保するために走行距離やカスタマイズなどに制限があったり、場合によっては残価精算が必要になったりすることもあります。

残価設定型ローンとカーローンの違いは?

これまでは車を購入する方法としてカーローンを利用するのが一般的でしたが、最近では残価設定型ローンを利用する方も増えています。そこで、残価設定型ローンとカーローンについて、特徴や料金の違いを見ていきましょう。

残価設定型ローンとカーローンの特徴を比較

カーローンは車両価格全額に対して分割払いをする方法です。基本的には契約者は購入した車の所有者になるので、走行距離やカスタマイズなどの制限なく自由に車を利用できます。また、選択するローンによっては、頭金なしでローンを組むことも可能です。しかし、ローンの契約内容によっては所有者がディーラーやローン会社になることもあります。

一方、残価設定型ローンでは、下取り価格を据え置いた残りの車両価格を分割払いで支払います。下取り価格を担保するため、走行距離やカスタマイズなどが契約上制限されていることが多く、基本的にはディーラーやローン会社が車の所有者になります。

残価設定型ローンの場合、契約者は使用者として登録されるので、ローンの契約中はカーローンのように車を売却したり譲渡したりすることができません。ローン契約満了後は、車を売却もしくは買取り、乗換えなどの選択肢から選ぶのが一般的です。また、カーローンと同じように、残価設定型ローンも頭金なしでローンを組むことが可能です。

どちらも車両価格に対してローンを組む方法なので、毎月の返済に加えてメンテナンス費用などの維持費がかかります。

それぞれのローンでコンパクトカーを購入したときの費用の違い

ルーミー

残価設定型ローンとほかのカーローンでは支払額にどのような違いがあるのかを見ていきましょう。トヨタ「ルーミー」のベースグレードである「Xグレード」の価格(155万6,500円)を基に、頭金やオプションなしで5年間ローンを組んだ場合の月々の支払額や総支払額などをご紹介します。
〈コンパクトカー購入時の支払いシミュレーション〉

 月々の支払額総支払額金利
残価設定型ローン23,500円(*¹)
(初回 28,382円・
最終回52万9,210円)
192万592円0.068
ディーラーローン32,100円(*¹)
(初回35,668円
192万9,568円0.088
銀行系ローン28,013円(*²)168万780円0.02975
*¹トヨタモビリティ東京「見積りシミュレーション」を使用
*²三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」を使用、156万円でシミュレーションした支払額

金利を比較すると、銀行系ローン、残価設定型ローン、ディーラーローンの順に高くなっており、金利によって総支払額も増加していることがわかります。また、月々の支払額は残価設定型ローンが最も安い一方で、総支払額ではカーローンとあまり差がないという結果になりました。これは、最終回の残価精算での支払いが理由となっています。なお、同メーカーで乗り換える際など、選択肢によっては支払いが発生しないこともあります。

これらのローン購入では、上記の金額に加えて、各種税金や保険料などの維持費が発生します。そのため、最も月々の返済額が少ない残価設定型ローンでも、家計への負担を感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、同じように残価を設定して月々の料金を決めるカーリースなら、税金や車検費用なども月額料金に含められます。もっとお得にルーミーに乗りたい方には、月々22,270円から乗れる定額カルモくんのカーリースがおすすめです!

ルーミーリース

カーリースと残価設定型ローンとの違いは?

カーリースと残価設定型ローンとの違いは?

残価設定型ローンとカーリースは、どちらも残価を設定して月々の料金を算出するため、類似する車の利用方法となっていますが、金額などに大きな違いがあります。
ここではカーリースと残価設定型ローンの違いについて、さまざまな視点からみていきましょう。

1. 名義や権利

カーリースは所有権を持たない利用方法のため、所有者がリース会社となり、使用者が契約者名義となります。中には、リース期間満了後に車がもらえる場合もあり、その際には所有者も契約者名になります。

一方、残価設定型ローンも所有権を持たないため、カーリースと同様に所有者は販売店など、使用者が契約者になります。

2. 月々の費用に含まれる内容

月々支払

残価設定型ローンでは車両価格全体に対してローンを組みます。そのため、月々の返済にはそのほかの維持費などは含まれていません。一方で、カーリースの月額料金には自賠責保険料や税金、登録費用、サポート料などが含まれているので、車にかかる費用をフラットにできるのが特徴です。

また、カーリースの料金を算出する際には、残価を差し引いた車両価格を基に月々の返済額を計算します。そのため、残価精算を前提に、残価を据え置いて計算する残価設定型ローンとは、月々の料金の算出方法も異なることがわかります。

3. 初期費用

カーリースは、頭金不要で月々の定額料金のみのため、初期費用を用意する必要はありません。

残価設定型ローンでは、頭金を用意するかどうかを自分で決めることができます。頭金なしでフルローンを組むことも可能ですが、利息の支払いを考慮して頭金の有無を検討する必要があります。

4. 維持費用

カーリースでは、リース会社によっては車検や消耗品の交換などのメンテナンス費用も定額料金の中に含むことができる場合があります。

残価設定型ローンでは、車両代金のみが月額料金に含まれるため、メンテナンス費用はすべて自己負担となります。

5. 走行距離

カーリースでは、1ヵ月ごとや返却までの期間の走行距離が定められている場合があります。そのため、自身の使う頻度や距離などを考えたうえで契約することが大切です。
また、残価設定型ローンもカーリースと同様に走行距離が制限されている場合があります。

6. 車のカスタマイズ

カーリースは、所有権を持っていないので契約満了時に車をリース会社に返却する必要があります。また、返却の際には、契約時と同じ状態にする「原状回復」が義務付けられています。

残価設定型ローンでは、ローン終了後は返却もしくは乗り換え、買取りのいずれかを選択することになります。返却もしくは乗り換えの場合は、想定していた残価よりも査定額が下がる場合があるのでカスタマイズは避けたほうが良いでしょう。

残価設定型ローンとカーリースにはそれぞれにメリットがありますが、カーリースの定額カルモくんなら、オプションプランの追加でリース契約満了後に0円で車をもらうことができるなど、月々の料金を安く抑えながらマイカーを手に入れることができます。

車がもらえる

こんな方にはカーリースがおすすめ!

ずっと定額

カーリースは、ローンでのマイカー購入と違って、定額制で利用できる車の使用権を持つサービスです。そのため、月々の費用を抑えたい場合やメンテナンス費用を一定にしたいという方にもおすすめです。そのほかにも、カーリースがおすすめのケースをご紹介します。

1. 月々の費用を抑えたい

カーリースの大きな特徴のひとつは、月々の支払額を抑えられること。
車両代金だけでなく、自動車税(種別割)や環境性能割、自動車重量税などの税金、自賠責保険料などが月額料金に含まれているため、毎月の支払額を一定にすることができます。また、頭金や初期費用もなく、まとまった費用を用意する必要もないので、購入時のハードルも低くなります。

2. メンテナンス費用も一定にしたい

安心して長く車に乗るためには、メンテナンスが欠かせません。維持費といわれるメンテナンス費用には、消耗品の交換費用や点検、車検などのメンテナンス、返却時の原状回復費用などがありますが、どれも予測するのが難しい費用でもあります。

しかし、個人向けカーリースの定額カルモくんでは、オプションのメンテナンスプランをつけることで、それらの費用も定額にすることができるので、急な出費の心配もありません。

メンテバナー

3. 手続きの手間を省きたい

カーリースでは、税金や保険料、車両代金などをすべてリース会社に定額で支払うため、いろいろな窓口とやりとりする必要もありません。好きな車を選んで購入するだけでマイカーのように車を利用することが可能なため、めんどうな手続きが苦手な方にもおすすめです。

カーリースなら車がもらえる定額カルモくんがおすすめ!

カルモくん_new

通常、カーリースは返却することを前提にリース契約を結びます。しかし、カーリースの定額カルモくんでは、7年以上の契約の場合、月々500円で契約満了後に車がマイカーになる「もらえるオプション」があります。

長年乗った車には愛着がわく方も多く、乗り慣れた車のほうが安心という方にもおすすめのプランです。また、「もらえるオプション」に加入すると、走行距離制限を気にすることなく利用できるため、よりマイカーに近い感覚で利用することができます。

定額カルモくんは自宅からオンラインで申込みができて、簡単に利用できるかどうかを確かめられるので、まずは審査に通るかを試してみてはいかがでしょうか

まずは審査

月々の負担を抑えてお得に車に乗る方法を検討しよう

月々の支払い負担を抑えて車を購入したい場合、残価設定型ローンは選択肢のひとつになるでしょう。しかし、同じように残価を設定する方法を選ぶなら、カーリースがおすすめです。定額カルモくんなら乗りたい車にいくらで乗れるのか簡単にわかるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:残価設定型ローンとは?

A:残価設定型ローンとはローン終了時の車の価値(残価)を設定し、月々の支払額を抑える購入方法です。カーリースと似ていますが、税金や車検など定期的に大きなお金がかかるのがカーリースとの違いです。

Q2:カーローンと残価設定型ローンの違いは?

A:カーローンは、車両代金と金利に対して分割払いを行う方法です。一方で、残価設定型ローンはあらかじめ残価を設定して車両代金から据え置いた残りの分に対して、分割払いを行います。ローン契約満了時は車を乗り換えるか、返却するか、または残価を精算して買い取るなどの選択肢から選びます。

Q3:カーリースと残価設定型ローン、どっちがお得?

A:残価設定型ローンでは車両代金のみを返済するため、税金や保険料などの諸費用は別途必要です。一方で、カーリースは月額料金に各種税金や自賠責保険料が含まれています。同じように残価を設定していても、車にかかる費用を定額にできるカーリースのほうがお得に利用できるといえるのではないでしょうか。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー