フォレスターの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

【内装・使い勝手】フォレスターの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

出典:スバル「フォレスター」インテリア デザイン

フォレスター

車のタイプや車種によって大きく個性が異なる車の内装は車選びの際に必ずチェックしておきたいポイントのうちのひとつです。インテリアはもちろん、収納などもグレードによって異なる場合があるのでグレードごとの違いはしっかりと確認しておきましょう。
ここではスバル「フォレスター」のグレード別の内装についてご紹介します。

フォレスターの内装の特徴

フォレスターは高い悪路走破性とオンロードでの快適性を両立させたミドルサイズ本格SUVです。2018年に登場した5代目モデルとなる現行型では先代デザインからの正常進化やインテリアの細部へのこだわりや適切なカラー、素材、加工、そして上質感が評価され2018年度のグッドデザイン賞を受賞しました。

これは先代モデルに続いて2代連続での受賞となり、近年のフォレスターは走行性能だけではなくデザイン性においても高く評価されていることがうかがえます。

スバルのデザインコンセプト「Dynamic × Solid」を表現したインテリアは立体的な構成で室内の広さや包み込まれる安心感を演出するとともに随所につやのある加飾を施すなど、上質感を感じさせるものになっています。

ここからはグレード別のフォレスターの内装を見ていきましょう。

随所に施されたシルバーが際立つ「Touring」

随所に施されたシルバーが際立つ「Touring」出典:スバル「フォレスター」インテリア デザイン

インテリアカラーはブラック、ピラーや天井のカラーはホワイトで落ち着きと開放感を感じさせる室内です。Touring用のトリコット素材と合成皮革のコンビシートにはシルバーステッチが施され、シンプルながらも気品を感じさせる仕上がりになっています。

マルチインフォメーションディスプレイ付きメーターやインパネアッパートリム、本革巻きのステアリングホイールやシフトブーツにもシルバーステッチがあしらわれ、ピアノブラック調のシフトパネルには光輝シルバー加飾、インパネやセンタートレイ、ベンチレーショングリル部分などの加飾部分にもシルバー塗装が施されるなどシルバーの輝きが印象的なインテリアです。

レザーシートが選択肢に加わる「Premium」

レザーシートが選択肢に加わる「Premium」出典:スバル「フォレスター」インテリア デザイン

このグレードではシート素材がPremium&Advance用のトリコット&合成皮革のコンビシートになり、インパネ加飾パネルがパンチングメタル調になるのとアクセルとブレーキ、フットレストがアルミパッド付きのスポーツペダルになるほかは「Touring」に準じたインテリア内容となります。

オプションでブラックのレザーシートが選択できることがこの「Premium」の最も大きな特徴といえるでしょう。

随所に施されたレッドオレンジがアクティブさを感じさせる「X-BREAK」

随所に施されたレッドオレンジがアクティブさを感じさせる「X-BREAK」出典:スバル「フォレスター」インテリア デザイン

オフローダーらしいアクティブさを感じさせる「X-BREAK」ではエクステリア、インテリアともにレッドオレンジがアクセントとして使用されています。

本革巻きステアリングホイールやシフトブーツ、インパネアッパートリムやもちろんシートにもレッドオレンジステッチがあしらわれ、シフトパネルやベンチレーショングリルもレッドオレンジ塗装になります。

センタートレイ加飾はアルミ調にレッドオレンジステッチが入った表皮巻き、フロアコンソールリッドはソフトパッドタイプになるとともに、ここにもレッドオレンジステッチが使用されています。

シート素材は撥水加工ファブリックと合成皮革のコンビシートです。撥水加工が施されたシートはこの「X-BREAK」のみの装備です。レザーシートオプションは選択できません。

ブラウンのレザーシートがラグジュアリーさを感じさせる「Advance」

ブラウンのレザーシートがラグジュアリーさを感じさせる「Advance」出典:スバル「フォレスター」インテリア デザイン

フォレスターのラインナップの中で唯一水平対向エンジン+電動モーターのハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載した「Advance」では、標準装備のシートはPremium&Advance用トリコット&合成皮革のコンビシートですが、オプションでブラックのレザーシートに加えブラウンのレザーシートが用意されています。

ブラウンのレザーシートが選択できるのはこの「Advance」だけです。ほかのグレードとは一線を画したラグジュアリーさを室内にもたらします。このブラウンのレザーシートはフォレスターでは現行型で初めて採用されました。

その他の内装はセンタートレイ加飾がアルミ調になるほかは、ほぼ「Premium」の装備に準じます。

停止中バナー

フォレスターの収納も確認しておこう

収納は車の使い勝手を左右する大切な要素です。一般的に近年の新型車は収納が工夫され、以前よりも使い勝手が向上している傾向にありますが、車種ごとに異なる部分が多いので必ずチェックしておきましょう。

フォレスターの座席周りの収納をご紹介します。

オーバーヘッドコンソールボックス(シャワーライト付き)

オーバーヘッドコンソールボックス(シャワーライト付き)出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ

フォレスターのオーバーヘッドコンソールボックスはシャワーライトが付属します。炎天下では高温になる可能性があるライターやメガネなどの保管は避けるようにしてください。タオルなどの収納にいいかもしれません。

センタートレイ(USB電源付き)

センタートレイ(USB電源付き)出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ

それほど広くはないですがセンタートレイにも小物を置けるスペースがあります。USB電源が用意されているので充電しながらスマートフォンが保管できます。

前席カップホルダー

前席カップホルダー出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ

運転席・助手席のどちらからも取りやすい位置にセットされています。深さがあるので安定感に優れ、悪路でも安心です。

グローブボックス

助手席前の定番収納、グローブボックスには照明がついています。こうした細かい部分に配慮があるのは評価できるポイントです。

フロアコンソールボックス

フロアコンソールボックス出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ

小物入れだけでなく着脱式のコイントレイや電源ソケットがあります。コインパーキングの利用時などに役立つでしょう。

カップホルダー付きリヤシートセンターアームレスト

カップホルダー付きリヤシートセンターアームレスト出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ

後席にもカップホルダーが2個装備されています。

フロントシートバックポケット

フロントシートバックポケット出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

フロントシートの背面に仕切りの付いたポケットを装備。一般的な仕切りのないシートバックポケットと違い、スマートフォンやタブレット端末などをそれぞれ分けて収納できます。

後部USB電源

後部USB電源出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

後部座席にもUSB電源が2個装備されています。スマートフォンなどをシートバックポケットに収納したままで充電が可能です。

フロント&リヤ大型ドアポケット(ボトルホルダー付き)

500mlのペットボトルが収納できるボトルホルダーとA4サイズの書類が収納可能な大型のドアポケットが装備されています。

安く手に入れる

フォレスターの荷室の収納&座席アレンジ

フォレスターの荷室容量は520L(Advanceのみ509L)という大容量を確保しています。荷物が多くなりがちなアウトドアやマリンレジャーなどでの使用が想定されているサイズといえるでしょう。開口部も広く、荷物の出し入れが楽にできるほか大人2人がベンチのようにゆったりと並んで座ることも可能です。

床下収納も十分なサイズのものが装備されています。汚れたものなどを収納するのに最適です。出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

床下収納も十分なサイズのものが装備されています。汚れたものなどを収納するのに最適です。

フォレスターはリアシートが6:4分割可倒式になっているので荷物の大きさや量に応じて荷室を自在に拡張できます。リアシートをすべて倒せば自転車が収納できますし、助手席側のリアシートのみを倒せば4名乗車でもスノーボードなどの長さのある荷物が積み込めます。出典:スバル「フォレスター」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

フォレスターはリアシートが6:4分割可倒式になっているので荷物の大きさや量に応じて荷室を自在に拡張できます。リアシートをすべて倒せば自転車が収納できますし、助手席側のリアシートのみを倒せば4名乗車でもスノーボードなどの長さのある荷物が積み込めます。

後部座席の使い勝手もよく考えられたフォレスター

フォレスターは前席にはもちろん、後部座席にもUSB電源やスマートフォンの収納場所が確保されるなど、乗員全員が快適にドライブを楽しめるような工夫が感じられました。カップホルダーばかりが充実しがちなモデルが多い中、これは大きなアドバンテージになるでしょう。

内装ではシート素材やアクセントカラーにグレードごとの特徴が表れています。フォレスターのアクティブさを引き立たせるグレード、レザーシートでラグジュアリーさをもたらすグレードなど、グレードごとの個性を把握して最適のフォレスターを見つけましょう。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

スバルフォレスターの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスバルフォレスターの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー