CX-3のグレードをリサーチ!

CX-3のグレードをリサーチ!

出典:マツダ「CX-3」

車選びは車種を絞り込んだからといって終わりではありません。車種にはいくつかのグレードがあり、そのグレードごとに装備内容が大きく異なることもありますし、見た目や性能もが大きく変わることもあります。
グレード選びの際にはそれぞれのグレードごとの特徴を把握するようにしましょう。

一本化用CX-3

まずはCX-3のグレード構成を確認しよう

CX-3にはまず基本グレードとしてガソリン車の「20S」とクリーンディーゼル車の「XD」があります。

加えてそれぞれに「PROACTIVE」「PROACTIVE S Package」「L Package」という3つのグレードと特別仕様車「Exclusive Mods」がラインナップされています。グレードはガソリン車、クリーンディーゼル車共通になっているのでわかりやすいグレード構成といえるでしょう。

ここからグレード別の装備を見ていきましょう。

基本グレードの「20S」/「XD」

基本グレードの「20S」/「XD」「20S」出典:マツダ「CX-3」グレード・価格

CX-3では基本グレードである「20S」「XD」においても衝突被害軽減(自動)ブレーキやAT誤発進抑制機能、先進ライトや車線逸脱警報システムなどの先進安全機能が充実し、「サポカーSワイド」に相当します。また運転席・助手席のエアバッグだけでなくカーテン&フロントサイドのエアバッグも標準装備され、予防安全と衝突安全を高いレベルで実現しています。これは非常に評価できる点といえるでしょう。

ヘッドランプにはオートレベリング機能付きのLEDヘッドランプが採用され、リアコンビランプにもLEDが使用されている上ルームミラーは自動防眩機能付きと、夜間の視認性もしっかりと確保。

さらに高精度なナビゲーションや燃費情報や各種メンテナンス情報の提供、ディスプレイやサウンド、一部安全装備の設定などを行えるマツダのコネクティング機能「マツダコネクト」を搭載しています。音声認識が可能でBluetooth機能も搭載しているので、スマートフォンと接続してハンズフリー会話を行ったり音声でナビゲーション操作やオーディオ操作を行ったりすることも可能です。

花粉除去フィルター付きのフルオートエアコンやアドバンストキーレスエントリーシステムも装備され、基本グレードといえどかなり充実した装備内容だといえるでしょう。

安全装備がさらに充実する「20S PROACTIVE」/「XD PROACTIVE」

安全装備がさらに充実する「20S PROACTIVE」/「XD PROACTIVE」「20S PROACTIVE」出典:マツダ「CX-3」グレード・価格

このグレードでは「20S」「XD」の装備に交通標識認識システムや全車速追従機能付きのマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール、ドライバーの運転と車の動きをシステムが学習して、パターンから外れるとドライバーに警告して安全運転をサポートするドライバー・アテンション・アラートが追加され、さらに安全機能が充実します。

ヘッドライトも対向車や先行車に影響がある部分だけを自動点灯・消灯するアダプティブ・LED・ヘッドライトになり夜間の視認性も向上しています。さらにドライバーの目線移動を少なくして安全運転に貢献するアダプティブ・ドライビング・ディスプレイを採用するなど、安全への配慮はかなりのものといえるでしょう。

インテリアではインナードアハンドルやエアコンルーバーベゼルにサテンクロームメッキがあしらわれ、「20S」「XD」とは差がつけられています。

シート周りの快適装備がプラスされる「20S PROACTIVE S Package」/「XD PROACTIVE S Package」

シート周りの快適装備がプラスされる「20S PROACTIVE S Package」/「XD PROACTIVE S Package」「20S PROACTIVE S Package」出典:マツダ「CX-3」グレード・価格

運転席と助手席にヒートシーターが装備され、運転席は10ウェイのパワーシートにシートメモリー機能がついたものになるなど、フロントシート周りの快適装備が充実するのがこのグレードの特徴です。ステアリングにもヒーターが装備されます。

エクステリアではLEDフォグランプが標準装備になり、フロントとサイド下側のメッキガーニッシュが追加装備されています。

質感の高いインテリアが特徴の最上級グレード「20S L Package」/「XD L Package」

質感の高いインテリアが特徴の最上級グレード「20S L Package」/「XD L Package」「20S L Package」出典:マツダ「CX-3」グレード・価格

最上級グレードにあたる「L Package」では「PROACTIVE S Package」の装備内容に加えドアトリムやインパネデコレーションパネルには高級人工ヌバック調素材のグランリュクスを使用、エアコンルーバーベゼルのビターレッドカラーなどでインテリアの質感をアップしたグレードです。

華美になりすぎない洗練されたラグジュアリーさが魅力です。

内外装ともに贅を尽くした特別仕様車「20S Exclusive Mods」/「XD Exclusive Mods」

内外装ともに贅を尽くした特別仕様車「20S Exclusive Mods」/「XD Exclusive Mods」「20S Exclusive Mods」出典:マツダ「CX-3」グレード・価格

気品を感じさせる色合いのディープレッドの専用ナッパレザーシート、ピュアホワイトの合成皮革のインパネデコレーションパネルやドアアームレストがブラック基調のほかのグレードのインテリアとは一線を画し、特別感を演出します。ドアトリムにもピュアホワイトのビニールレザーが使用されました。

この特別仕様車のみフロントドアのガラスがスーパーUV&IRカットガラスに、フロントガラスにはIRカットガラスが装備され紫外線・赤外線対策も万全です。

またアルミホイールのサイズは他グレードと変わりませんが、専用の高輝度ダーク塗装が施されたものになりエクステリアの印象をより引き締まったものにしています。

コンシェルジュに相談

CX-3は基本グレードであっても充実した装備がそろうのが特徴

CX-3は基本グレードの「20S」「XD」であっても「サポカーSワイド」に相当する充実した安全性能やLEDヘッドランプ、コネクティングシステムなど他メーカーでは上級グレードにのみ装備されるような機能も標準装備されており、日常使用するには十分な装備がそろいます。

この基本グレード、もしくは安全機能が充実する「20S PROACTIVE」「XD PROACTIVE」がおすすめグレードといえるでしょう。

基本グレードからしっかりとした装備を備えているCX-3では、機能面での使い勝手はそれほどグレードによる差はありません。自分が車に求める機能を明確にし、グレードごとにプラスアルファされている機能が必要かどうかで判断すると最適なグレードが選べるのではないかと思います。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

マツダCX-3の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダCX-3の記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr