カローラスポーツの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

出典:トヨタ「カローラスポーツ」デザイン・スタイル

この記事は、 5 分で読めます。

トヨタといえば世界初となる量産ハイブリッド専用車のプリウスを開発したことで世界的にハイブリッドのイメージが定着し、高い燃費性能や環境性能に定評があるメーカーです。
それはカローラスポーツの燃費性能に対してもあてはまることでしょうか。
ここではカローラスポーツのカタログ燃費や実燃費はもちろん、ライバル車と燃費を比較してカローラスポーツの燃費性能はどのようなレベルなのかをご紹介します。

「初代コネクティッドカー」として誕生したカローラスポーツ

カローラスポーツは2018年の6月にデビューしたモデルで、全グレードに車載通信機を標準搭載しLINEと連携してスマートフォンからナビの設定や燃料の確認を行ったり、オペレーターサービスを利用したり、さまざまなコネクティッド機能を利用できる「初代コネクティッドカー」として誕生しました。

歴史あるカローラの名を冠し、車と人との新しい関係性を感じさせる“新時代のベーシック“カーとしてこれからのトヨタの方向性を象徴するような存在といえるモデルです。

カローラスポーツ

カローラスポーツのカタログ燃費

カローラスポーツには1.2Lの直噴ターボガソリンエンジンと1.8Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類のパワートレインがラインナップされています。

4WDはターボガソリン車にのみ設定。組み合わされるトランスミッションはハイブリッドではCVTのみ、ターボガソリン車には10速CVTと発進時やシフトチェンジ時の操作をアシストする機能を搭載したiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)が採用されています。

カローラスポーツJC08 モードカタログ燃費は以下のとおりです。

・ターボガソリン車 2WD

グレード駆動方式WLTCモード燃費(km/L)車両本体価格
XD FF15.8319万6800円
4WD15.4342万9000円
XD プロアクティブFF15.8353万7000円
4WD15.4376万9200円
XD LパッケージFF15.8395万8200円
4WD15.4419万400円

・ターボガソリン車 4WD

グレード駆動方式価格
E2WD2,429,018円
S2WD2,479,091円
4WD2,673,491円
S“ツーリングセレクション”2WD2,628,327円
4WD2,822,727円
A2WD2,777,563円
4WD2,971,963円
A“ツーリングセレクション”2WD2,926,800円
4WD3,121,200円
Aプレミアム2WD3,107,455円
4WD3,301,855円
Aプレミアム“ツーリングセレクション”2WD3,199,745円
4WD3,394,145円
特別仕様車 S“Safety Plus”2WD2,607,120円
4WD2,801,520円
特別仕様車 S“Safety Plus・Two Tone”2WD2,733,480円
4WD2,927,880円

・ハイブリッド車、2WDのみ

グレード駆動方式価格
S2WD3,261,600円
S“ナビパッケージ”2WD3,666,600円
A2WD3,807,000円
A“レザーパッケージ”2WD4,066,200円
Aプレミアム2WD4,222,800円
特別仕様車
S“Safety Plus”
2WD3,325,320円
特別仕様車
S“ナビパッケージ・Safety Plus”
2WD3,730,320円
特別仕様車
A“Utility Plus”
2WD3,829,680円

ライバル車とカタログ燃費を比較

カローラスポーツのライバル車としては、スバル「インプレッサスポーツ」やホンダ「シビックハッチバック」などが代表的な存在といえるでしょう。

ここではこの2車種とカローラスポーツのカタログ燃費を比較してみます・

スバル「インプレッサスポーツ」

スバル「インプレッサスポーツ」出典:スバル「インプレッサスポーツ」エクステリア : 次世代スバルデザイン

2016年に登場した5代目となる現行モデルのインプレッサスポーツは新世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、質感の高い走りと高い衝突安全性を実現しました。

搭載されるエンジンはスバル伝統の水平対向4気筒エンジン。1.6Lと2.0Lの2種類のガソリンエンジンがラインナップされ、ハイブリッド車は設定されていません。

インプレッサスポーツのJC08 モードカタログ燃費は16.0~18.2km/L。カローラスポーツのガソリン車と同程度の燃費性能となっています。

ホンダ「シビックハッチバック」

ホンダ「シビックハッチバック」出典:ホンダ「シビックハッチバック」デザイン・カラー

2010年のシビックの日本国内販売終了から7年の歳月を経て再び日本に導入されたシビックハッチバックの現行型は10代目。非常に歴史のあるモデルです。

全グレードに先進安全機能パッケージ「Honda SENSING」を標準装備し、高い安全性が自慢のこのモデルのパワートレインは専用チューニングが施された1.5L直噴VTECターボエンジンのみとなっています。

シビックハッチバックのJC08 モードカタログ燃費は17.4~18.0km/L。こちらもカローラスポーツのガソリン車とそれほど差はありません。

インプレッサスポーツ、シビックハッチバックともにガソリン車しかありませんが、カローラスポーツにはかなりの燃費の良さを誇るハイブリッド車がラインナップされている点で、カローラスポーツにはこの2車種よりも燃費性能にメリットがあるといえるでしょう。

カルモで車を探す

カローラスポーツの実燃費

オーナーの実燃費データを取集している「e燃費」の数値を参考にすると、カローラスポーツの実燃費はガソリン車の2WDが12.89~14.24km/L、4WDが16.71km/L、ハイブリッド車では21.33~25.01km/Lとなっています。

JC08 モード燃費とは平坦でまっすぐな道をライトやエアコンなどを使わずに一定の条件下で走り、計測されているもので、指標となる数値です。しかし、日常生活では坂道などさまざまな場所で走行すること、またライトやエアコン、ナビなども使用することから、どの車でもカタログ燃費と実燃費との差が生じているのが現状です。

路面の状態や運転の方法によって実燃費は変わりますが、JC08 モード燃費においてはだいたい平均3割程度は実燃費が低くなるといわれているため、カローラスポーツのカタログ燃費と実燃費の差もおおよそ平均値の範囲内であるといえるでしょう。

カローラスポーツの乗り心地をチェック

カローラスポーツの乗り心地をチェック出典:トヨタ「カローラスポーツ」デザイン・スタイル

カローラスポーツには乗り心地を快適にするさまざまな工夫が凝らされています。

ACA(Active Cornering Assist)・AVS(Adaptive Variable Suspension system)

ACAはカーブの連続などのシチュエーションにおいてブレーキを最適な状態に自動制御して内輪に制動力を付与し、安定したコーナリングをアシストします。またAVSは走行環境に応じてショックアブソーバーの減衰力を4輪それぞれ独立して制御し、サスペンション特性を切り替えてどんな環境でも滑らかな乗り心地と安定感を高い次元で実現します。

優れた静粛性

制振性が高く騒音を抑える高剛性ボディの採用に加えてフロアのほぼ全面への吸音材の使用、ロードノイズやエンジン音を低減する吸音材・遮音材の最適配置などを行い室内の静粛性を確保。静かで快適なドライビング空間を提供します。

ハイブリッド車の燃費性能が光るカローラスポーツ

カローラスポーツの燃費性能、特にハイブリッド車の燃費は優秀です。満足のいくカーライフのためにも車選びの際はしっかりと燃費性能を確認するようにしてください。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

トヨタ カローラスポーツ の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタ カローラスポーツの記事

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す