CX-3の安全性能を徹底解説!

CX-3の安全性能を徹底解説!

出典:マツダ「CX-3」

車の先進安全機能は各自動車メーカーが競い合うようにさまざまな機能を開発しています。被害軽減(自動)ブレーキひとつとっても車しか検知しないものや昼間の歩行者を検知するもの、夜間の歩行者検知や自転車まで対応するものなどがありメーカーによる違いはもちろん、車種やグレードの違いによってもその機能は異なります。
そのため車選びの際にはどのような安全機能が搭載されているのかを細かくチェックすることが大切です。
ここではマツダ「CX-3」の安全性能についてご紹介します。

一本化用CX-3

CX-3の安全性能の特徴

車の先進安全機能は近年の新型車にはなくてはならない機能になりつつあります。日本ではこれから高齢社会に突入するとともに高齢ドライバーの増加が予想されていることから、被害軽減(自動)ブレーキや誤発進抑制機能をはじめとする先進安全機能を搭載した車をセーフティ・サポートカー、通称サポカーと名付け国土交通省や経済産業省が主導して普及を推進しています。

サポカーは先進安全機能の充実度によって4つに分類されていますが、その中でも最も充実した安全性能を備えたサポカーSワイドには歩行者を認識する被害軽減(自動)ブレーキと誤発進抑制機能、先進ライトと車線逸脱警報が必要ですが、CX-3は全グレードがこのサポカーSワイドに相当します。

基本グレードでもサポカーSワイドに相当するのはかなり評価できるポイントです。さらにCX-3にはサポカーSワイドに必要な機能のほかにもさまざまな先進安全機能が搭載されているのが特徴です。

CX-3に搭載されている先進安全機能の内容を見ていきましょう。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ(夜間歩行者検知機能付き)

先行車や前方の歩行者をカメラで認識し、速度差や距離から衝突の危険があると判断した場合は警告、ブレーキアシストと段階を踏んで作動させ、それでも衝突の危険性がさらに高まった場合には自動でブレーキを制御する機能です。

CX-3では夜間の歩行者認知精度をアップしたフォワードセンシングカメラを採用することによって夜間の歩行者の検知にも対応するとともに従来よりも検知角度が約2倍広がり、より歩行者を幅広い範囲で検知できるようになりました。

対車両では約4~80km/h、対歩行者では約10~80km/hの速度域で作動します。

AT誤発進抑制制御(前方・後方)

AT誤発進抑制制御(前方・後方)出典:マツダ「CX-3」安全性能 衝突回避支援技術

約10km/h以下での徐行時もしくは停車時にカメラやセンサーで車両の前後の障害物を認識している状態でアクセルペダルが強く踏み込まれた場合には、警告を発するとともにエンジン出力を抑制してペダルの踏み間違いによる急加速や急発進を防止します。

前方、後方の両方に対応しています。

後方スマート・シティ・サポート

後方スマート・シティ・サポート出典:マツダ「CX-3」安全性能 衝突回避支援技術

リアパーキングセンサーで車両後方の障害物を検知し、衝突の可能性がある場合にはブレーキを自動制御して衝突回避や衝突被害軽減を図るシステムです。約2~8km/h以下の速度域で作動します。

車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システム出典:マツダ「CX-3」安全性能 危険認知支援技術

フォワードセンシングカメラが左右の車線を認識し、車が車線を踏み越える可能性がある場合には警報を発してドライバーに注意喚起を行い、車線逸脱による事故防止をサポートするシステムです。

ドライバーがウインカー操作を行うなど、意図的に車線を踏み越えると推定される場合には作動しないように工夫されています。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(20S、XD以外のグレード)/ハイ・ビーム・コントロールシステム(20S、XD)

アダプティブ・LED・ヘッドライト(20S、XD以外のグレード)/ハイ・ビーム・コントロールシステム(20S、XD)出典:マツダ「CX-3」安全性能 危険認知支援技術

20S、XD以外のグレードにはアダプティブ・LED・ヘッドライトが装備されます。このシステムはヘッドライトのLEDを部分的に細かく制御して、先行車や対向車にあたる部分のみを自動で消灯・点灯するため明るい視界が常に確保され、夜間の安全運転に貢献します。

自動でハイビームとロービームの切り替えを行うハイビームアシスト出典:マツダ「CX-3」安全性能 危険認知支援技術

20S、XSでは先行車や対向車の灯りを検知して自動でハイビームとロービームの切り替えを行うハイビームアシストが装備されます。手動切り替えの手間や切り替え忘れをなくし運転手の負担を軽減して安全運転をサポートします。

ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート

ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート出典:マツダ「CX-3」安全性能 危険認知支援技術

ブラインド・スポット・モニタリングはドライバーの死角になる車両の側後方から接近する車を検知し、検知した側のドアミラーのLEDインジケーターを点灯して接近車両の存在を知らせます。その状態でドライバーがウインカーを作動させるとインジケーターを点滅させるとともに警告音で危険を知らせ、安全な車線変更をサポートする機能です。

リア・クロス・トラフィック・アラート出典:マツダ「CX-3」安全性能 危険認知支援技術

このブラインド・スポット・モニタリング機能が駐車場を出る際にはリア・クロス・トラフィック・アラートとして機能します。駐車場からバックで出る際に接近する車両を検知するとドライバーに危険を知らせ、後方の安全確認をサポートします。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付き)(20S、XD以外のAT車に標準装備)

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付き)出典:マツダ「CX-3」安全性能 衝突回避支援技術

あらかじめ設定した車速内で定速走行したり、適切な車間距離を保ちながら先行車に追従走行したりしてドライバーの運転負荷を軽減し、安全運転に貢献するシステムです。CX-3のマツダ・レーダー・クルーズ・コントロールは全車速追従機能付きなので0km/hから高速域まで対応し、渋滞などで先行車が停止した際には自車も減速・停止します。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールの機能に付帯して、停車時に先行車が一定の距離を進んでも自車が発進しない場合にドライバーに先行車の発進を知らせる先行車発進報知機能も備えています。

ドライバー・アテンション・アラート(20S、XD以外に標準装備)

ドライバー・アテンション・アラート出典:マツダ「CX-3」安全性能 危険認知支援技術

車速が約65km/hを超えると作動し、システムがドライバーの運転と車の挙動を学習します。その上で実際の運転状況が正常な運転パターンと異なるとシステムが判断した場合にはアクティブ・ドライビング・ディスプレイに警告を表示してドライバーに休憩を促すシステムです。

交通標識認識システム(20S、XD以外に標準装備)

交通標識認識システム出典:マツダ「CX-3」安全性能 危険認知支援技術

走行中に道路標識をシステムが認識し、アクティブ・ドライビング・ディスプレイにその内容を表示して交通標識の見落としを防ぐとともに制限速度の超過などを警告し、安全運転をサポートします。

速度制限、進入禁止、一時停止の3種類の交通標識の認識が可能です。

コンシェルジュに相談

CX-3は最新の先進安全機能が充実した高い安全性が自慢のモデル

CX-3は運転席と助手席のエアバッグに加えてカーテン&サイドエアバッグも全車に標準装備するなど、ここでご紹介した予防安全性に加えて衝突安全性についても配慮されています。

基本グレードでもサポカーSワイドに必要な先進安全機能が搭載されていることに加えて、被害軽減(自動)ブレーキは夜間の歩行者検知に対応していたり、グレードによっては全車速追従機能付きの最新式のマツダ・レーダー・クルーズ・コントロールが搭載されていたりなど、CX-3の安全性能は非常に高いレベルにあるといえるでしょう。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

マツダCX-3の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダCX-3の記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr