萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「マツダ6」アテンザから名称変更、新エンジンも搭載

「マツダ6」アテンザから名称変更、新エンジンも搭載

この記事は、 5 分で読めます。

異例のタイミングでの車名変更

2019年5月より販売開始されたマツダ3は、フルモデルチェンジを機にアクセラから車名を変更しました。そしてマツダのフラッグシップモデル、アテンザ/アテンザワゴンも2019年7月4日にマツダ6へと車名変更を発表、8月1日より販売開始となりました。

マツダ3はクルマの世代交代にあたるフルモデルチェンジ時の車名変更でしたが、アテンザからマツダ6への車名変更は新エンジンの追加を行った一部改良時という従来ではあまりないタイミングでの車名変更となりました。

マツダを代表するフラッグシップ

マツダを代表するフラッグシップ

今回マツダ6へと車名変更を行ったフラッグシップモデルのアテンザ/アテンザワゴンは2012年11月より販売開始されたモデル。初代CX-5に続くスカイアクティブテクノロジー搭載車として、低重心ならではのスタイルの良さや操る楽しさといったクルマにとって普遍的で本質的な価値を追求しています。

「本質にこだわる大人が夢中になれる、落ち着いたエレガンスと爽快なダイナミクスを兼ね備えたドライバーズカー」をコンセプトに躍動的で品格を感じさせる外観デザイン、そして上質な素材を採用し落ち着きのあるインテリアなどフラッグシップモデルにふさわしい質感・性能を実現しています。

アテンザ/アテンザワゴンは2012年に登場して以降、2013年11月に一部改良、2014年11月に大幅改良、2016年8月、2017年8月に一部改良、2018年5月に2度目の大幅改良を行い安全性、快適性そして走行性能を進化させてきました。そして今回の2019年7月の一部改良でマツダ6への車名変更とともに一部改良を行っています。

一本化用マツダ6ワゴン

4LのV8エンジンに匹敵する新エンジン

4LのV8エンジンに匹敵する新エンジン

写真はCX-8搭載のもの

今回の一部改良の最大のポイントは新エンジン、2.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンの追加でしょう。マツダ6(旧アテンザ)には最高出力156ps、最大トルク190Nmを発生する2L直列4気筒DOHCエンジンをはじめ、最高出力190ps、最大トルク252Nmを発生する2.5L直列4気筒DOHCエンジン、そして最高出力190ps、最大トルク450Nmを発生する2.2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンの3種類が用意されていました。トランスミッションは6速ATを中心にディーゼル車のみ6速MTが用意され、駆動方式は2WD(FF)を中心にディーゼル車にのみ4WDを設定、WLTCモード燃費は14.2〜19.6km/Lという内容でした。

この3種類のエンジンに今回、最高出力230ps、最大トルク420Nmを発生する2.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンが追加されました。昨年、CX-8に初めて搭載されたこのターボエンジンはガソリンエンジンらしいレスポンスの良さと、4L V8自然吸気エンジンに匹敵するトルクを両立し、力強さと気持ち良い加速フィーリング、そして高揚感を感じさせるエンジンサウンドが特徴です。トランスミッションは6速ATで、駆動方式は2WD(FF)のみとなっています。これほどパワフルながら、燃費性能はWLTCモードで12.4km/Lを実現しています。

新エンジン搭載グレードは走りもワンランクアップ

新エンジン搭載グレードは走りもワンランクアップ

このパワフルな2.5Lガソリンターボエンジンを搭載するグレードの25T Sパッケージは、加速重視で選択されたギア比や高い制動性能を生み出す17インチの大径フロントブレーキを採用し、爽快に運転を心から楽しむ意のままの走りをサポートしてくれます。また、スポーティさを演出するブラック塗装のホイールとブラックレザーインテリアを専用設定し、上質さと走りへの期待感を高めたモデルとなっています。

一本化用マツダ6セダン

マツダ6として細かな改良も

マツダ6として細かな改良も

マツダ6全体では安心感のある走りを実現してくれるデバイス「G-ベクタリング・コントロール・プラス(GVC プラス)を全グレードに標準装備としています。マツダ独自のこの装備は旋回中=ターンアウト時の安定性・収束性を向上するブレーキ制御により、さまざまなシーンでクルマと人の一体感を高めて、安心・安全なステアリング操作を実現し、走行性能を高めます。

さらに快適性/利便性の向上策として、IR(赤外線)カットガラスの設定やマツダコネクトにアップルカープレイ、アンドロイドオートの対応機能を追加しスマートフォンとの連携を強化しています。

マツダ6へと生まれ変わったフラッグシップセダンとステーションワゴンの車両本体価格は284万400〜421万7400円で、新しく設定された25T Sパッケージは423万9000円となっています。国内用の名称であるアテンザからグローバルモデルの名称であるマツダ6へと変更したフラッグシップモデル。安定した人気を誇るディーゼルターボに対して、追加されたガソリンターボがどのような人に受け入れられるのか興味が尽きません。

*一部写真は欧州仕様車です

グレード駆動方式WLTCモード燃費(km/L)車両本体価格
20S2WD(FF)15284万400円
20S プロアクティブ303万4800円
25S Lパッケージ14.2356万9400円
25T Lパッケージ12.4423万9000円
XD2WD(FF)17.8325万800円
4WD17348万8400円
XD プロアクティブ(6MT)2WD(FF)19.6349万9200円
4WD18.8373万6800円
XD プロアクティブ(6AT)2WD(FF)17.8344万5200円
4WD17368万2800円
XD Lパッケージ(6MT)2WD(FF)19.6397万9800円
4WD18.8421万7400円
XD Lパッケージ(6AT)2WD(FF)17.8397万9800円
4WD17421万7400円

 

※記事の内容は2019年8月時点の情報で執筆しています。

マツダマツダ6セダンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダマツダ6セダンの記事

マツダマツダ6セダンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダマツダ6セダンの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr