萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎわらふみひろ

「ホンダN-WGN」2代目は使い勝手と安全性能をさらにアップ

「ホンダN-WGN」2代目は使い勝手と安全性能をさらにアップ

この記事は、 5 分で読めます。

軽自動車の主役はN-BOXをはじめとしたスーパーハイトワゴンと呼ばれる車種になっていますが、ビジネスユースからパーソナルユースまで幅広いニーズに応えているのがハイトワゴンと呼ばれるカテゴリーのクルマです。このカテゴリーにはスズキワゴンRをはじめ、ダイハツムーヴ、日産デイズなどが属しています。そして2019年7月18日にフルモデルチェンジを行った新型ホンダN-WGNが加わりました。

床の低さに使い勝手をさらにアップ

床の低さに使い勝手をさらにアップ

使い勝手の良いラゲージルーム

新型ホンダN-WGNは“Nのある豊かな生活”を提供したいというNシリーズの想いのもと、生活に一番大切なものを見極め、その価値を徹底的に磨き上げるというクルマ作りの考え方で開発されました。N-WGNはN-BOXのプラットフォームをベースに、燃料タンクをフロントシート下に設置するホンダ独自のセンタータンクレイアウトによって、広い室内空間と使い勝手の良いラゲージルームを実現しています。

さらに、ラゲージルームは低床化によって重い荷物や高さのある荷物を載せやすく、備え付けのボードを使用すれば、上下2段に積み分け可能でシーンに合わせたラゲージルームのアレンジができ、非常に便利です。

標準とカスタムの二本立ては変わらず

標準とカスタムの二本立ては変わらず

新型N-WGNは従来モデルと同様に、標準モデルとカスタムの2種類を用意しています。

N-WGN モノトーン

 

N-WGN ツートーン
外観デザインが異なるこの2台、N-WGNはフロントからドア、リアゲートまでハリのあるおおらかな面で構成。繊細なふくらみが全周にわたることで「芯」の通った印象を作り出し、丸目のヘッドライトとの相乗効果で暮らしになじむ、親しみやすさとしっかりとした安心感を表現しています。
N-WGNカスタム モノトーン

N-WGNカスタム ツートーン

一方のN-WGNカスタムは標準モデルの基本的なデザインの考え方を踏襲しながら、力強いたたずまいをより大胆に強調する前後バンパーの造形や、細部まで精巧に形作られたヘッドライトやグリルによって大人の感性に響く質感の高さを実現しました。

ボディカラーはN-WGNはモノトーンが9色、そしてツートーンカラーが4色の合計13色。N-WGNカスタムはモノトーンが7色、ツートーンカラーは4色の合計11色となっています。

運転しやすいレイアウトと装備を追加

運転しやすいレイアウトと装備を追加ブラウンを基調にしたインテリア

インテリアは、N-WGNではブラウンを基調に、それぞれの座席で快適に過ごせる心地良い寛ぎの空間を実現。
N-WGNカスタム インテリアブラックを基調としたインテリア

また、N-WGNカスタムでは、ブラックを基調としながら、しっとりと光沢感のあるチタン調ガーニッシュと組み合わせることで、上質かつ精悍な空間を実現しています。

さらにさまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるように、運転席ハイトアジャスターやホンダ車の軽自動車で初めてテレスコピック&チルトステアリングを標準装備しました。足を前に伸ばした運転姿勢が取れるように、運転席の座面と床の間の高さを先代モデルより小さくしたこともあり運転時の疲労軽減にも威力を発揮します。

自然吸気とターボ、全グレードに4WDの用意あり

自然吸気とターボ、全グレードに4WDの用意あり

N-WGNに搭載されているエンジンは2種類。最高出力58ps、最大トルク65Nmを発生する660cc直列3気筒自然吸気と最高出力64ps、最大トルク104Nmを発生する660cc直列3気筒ターボの2種類で、組み合わせられるトランスミッションは駆動方式を問わずCVTです。

駆動方式は全グレードで2WDと4WDが用意され、燃費性能は23.8〜29.0km/Lを実現しています。CVTは通常のブレーキ操作だけで、エンジンブレーキを併用したスムーズな減速が行える、ブレーキ操作ステップダウンシフト制御を採用しています。走行状況に応じたシフトダウンを行うとともに、エンジンの回転数を適切に保ってくれるのでスムーズな走りを可能としてくれます。

ホンダセンシングは後方誤発進や全車速追従ACCを追加

ホンダセンシングは後方誤発進や全車速追従ACCを追加

N-WGNは全車に先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備しています(一部レスオプションあり)。衝突軽減ブレーキや渋滞追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)といった基本の8つの機能に加えて、後方誤発進抑制機能やオートハイビームを追加し、機能性をさらに向上。さらに衝突軽減ブレーキ(CMBS)は軽乗用車初となる横断自転車や街灯がない夜間の歩行者に対応し、毎日の運転で昼夜問わず事故回避に貢献してくれます。

渋滞追従機能付ACCは全車速追従タイプに進化。前走車がいない場合はドライバーが設定した車速を維持、前走車がいる場合は加減速を行い、適切な車間距離を保つように支援。前走車が停止した場合は、それに合わせて停止し、高速道路などの渋滞時などの運転負荷の軽減を図ります。

どこか懐かしさを感じるデザインのN-WGNとハリのあるボクシースタイルで存在感をアピールするN-WGN。発売は8月9日です。3月に発売され先行する日産デイズとは異なるデザインがどれくらい受け入れられるのか注目です。

■ホンダ N-WGN価格表

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格
G・ホンダセンシング2WD(FF)29.0127万4400円
4WD25.4140万5080円
L・ホンダセンシング2WD(FF)29.0133万9200円
4WD25.4146万9880円
L・ターボ ホンダセンシング2WD(FF)25.8150万1200円
4WD24.2163万1880円
助手席回転シート車 ホンダセンシング2WD(FF)142万5600円
4WD155万6280円
カスタムG・ホンダセンシング2WD(FF)29.0151万2000円
4WD25.4164万2680円
カスタムL・ホンダセンシング2WD(FF)29.0158万7600円
4WD25.4171万8280円
カスタムL・ターボ  ホンダセンシング2WD(FF)25.2166万3200円
4WD23.8179万3880円

 

※記事の内容は2019年8月時点の情報で執筆しています。

ホンダ N-WGN の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のホンダ N-WGNの記事

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す