30代が車を買えない理由とは?予算がなくても好きな車に乗る方法

30代が車を買えない理由とは?予算がなくても好きな車に乗る方法

家庭を持って車が必要なシーンが増える人も多くなってくる30代。プライベートでドライブを楽しんだり憧れの車に乗ったりする人もいる中で、 30代の単身世帯の自動車保有率は減少傾向にあるといいます。
そこで、ここでは30代が車を買えない理由や、限られた予算で好きな車に乗る方法についてご紹介します。

カルモ割引バナー

30代が車を買えない3つの理由

30代が車を買えない3つの理由

車の購入には、購入時の初期費用やメンテナンスなどのためのまとまった費用などが必要となります。そのため、車が必要な状況であっても購入することができない理由は、経済的な理由が多いのではないでしょうか。
年収に対して車が高額であったり維持費がかかったり、ローン審査に通らないなど、30代が車を買えない3つの理由について詳しく見ていきましょう。

1. 年収に対して車が高額

平成 30 年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査の概況」によると、30代前半の平均年収は男性が289万円、女性が243万円という結果が発表されています。また、30代後半では男性が325万円、女性が253万円となっています。一方、車の価格は軽自動車やコンパクトカーであっても120万~150万円前後で販売されているものがほとんど。車の購入は年収のおよそ半額が相場とされているため、軽自動車やコンパクトカーであれば無理のない範囲で購入できる計算となります。しかし、月々の家賃や生活費などを考えると、100万円を超える高額な買い物は難しいと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

2. 維持費がかかる

車は購入するときの初期費用や頭金だけでなく、購入後のメンテナンスや車検、ガソリン代など、維持するための費用がかかります。そのほかにも、4月1日時点の車の所有者に課せられる自動車税は、年に1回とはいえ家計にも大きな負担となります。また、オイルやバッテリー、タイヤ交換など、予期せぬタイミングでのメンテナンスにも備えておかなくてはいけません。

3. ローン審査に通らない

車を購入する際に、多くの人が利用する車を購入するためのローン 。しかし、そのローン審査を通過できず、車を購入できないというケースもあるでしょう。
ローン審査は、収入や職業、勤続年数などの情報を基に審査されるため、転職を繰り返している方や年収の低い場合は通過が難しいことがあります。

限られた予算内で好きな車に乗るには?

限られた予算内で好きな車に乗るには?

限られた予算しかないけれど、どうしても車に乗りたいという場合には、中古車を選択して車両価格を下げる方法と、定額制で利用できるカーリースを利用するという方法もあります。
新車の購入は難しくても、この2つの方法であればマイカーライフへのハードルは下げられるのではないでしょうか。では、それぞれの方法についてご紹介します。

方法1. 中古車を購入する

中古車を購入する場合の大きなメリットは、車両価格のコストカットができること。
車両自体を低価格で購入できるため、グレードの高い車も選びやすくなります。そのほかにも、50万円以上の自動車を購入したときに課せられる自動車所得税は、車の取得価格に対して計算されるため、車両価格を下げることで税額を抑えることができます。しかし、新車と違ってアフターケアや保証が受けられない場合があったり、車の状態を判断しにくかったりというデメリットもあります。そのため、安心・安全にカーライフを送るためには、信頼できるお店を見極めた上で、走行距離や修復歴などの情報を基に車の状態を判断して購入しなくてはいけません。

方法2. カーリースを利用する

まとまった費用が用意できず、車の購入が難しいという場合は、カーリースを利用するという選択肢もあります。
カーリースは、HuluやNetflixなどの動画配信サービスのように、定額制で利用することができる車のサブスクリプションサービスです。また、まとまった費用がなくても好きな車種の新車に乗ることができるため、購入では憧れの車種に手が届かないという方にもおすすめです。

次はカーリースにしようか

カーリースはどうして30代におすすめなの?

新車でも中古車でも、車の購入時にはある程度のまとまった費用を用意しなくてはいけません。しかし、30代は子育てをしている方も多く、所帯を持ったばかりという方も少なくありません。そのため、車の購入だけにまとまった資金を用意するのは現実的ではないという声もあるのではないでしょうか。
そこで、カーリースが30代におすすめの理由を見ていきましょう。

まずは、カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

初期費用がかからない

カーリースでは、車の購入に必要な頭金や諸費用がかかりません。そのため、購入のために貯金をしたり資金を捻出したりする必要もありません。毎月定額料金を支払うだけで、マイカーのように車に乗ることができるので、購入へのハードルを下げることができます。

定額制で家計管理がしやすい

カーリースの月額料金には、自賠責保険料や自動車税などの税金なども含まれます。車を購入した場合には、ガソリン代や駐車場代以外にも、保険料や税金などが発生するため、その都度支払わなくてはいけません。そのため、家計管理の手間も増えてしまいます。カーリースであれば、月額料金以外に支払いが生じることがないため、急な支出を心配せずにマイカーライフを楽しむことができます。

維持費も定額制にできる

車の維持費には、日々のメンテナンス費や車検代、修理代などがかかります。カーリース会社やプランによっては、不定期で発生するこれらの維持費も定額制にできるため、日々の点検や消耗品の交換などもしっかり行いながら、安心して車を利用することができます。

カーリース利用の流れについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースならマイカー賃貸「カルモ」がおすすめ!

マイカー賃貸カルモ

マイカー賃貸「カルモ」では、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っています。また、すべてメーカー保証付きのディーラー新車のため、安心して乗ることができます。
そこで、新車の購入は難しいという30代の方に、カルモがおすすめのポイントについてご紹介します。

安心して車に乗れる「メンテナンスプラン」

カルモには、点検や車検、消耗品の交換などの費用が定額にできる「ゴールドメンテプラン」と「シルバーメンテプラン」の2種類のメンテナンスプランがあります。大きな出費となる車検費用だけでなく、こまめな交換が必要なエンジンオイルやオイルフィルターなどの費用も定額にすることができるので、家計管理も簡単です。

メンテナンスプランの詳しい内容はこちら

車の返却不要な「もらえるプラン」

カーリースでは原則、契約満了時に車を返却しなくてはいけません。しかし、カルモには車種や契約年数などの条件を満たすことで、車の返却が不要になる「もらえるプラン」があります。月々300〜500円(税抜)を支払うことで利用することができるため、いずれはマイカーとして乗り続けたいという方にもおすすめです。

LINEなどで気軽に相談できる

カルモでは、車種選びやグレード決めはもちろん、車に関する悩みや疑問についてLINEやメールなどで相談することができます。そのため、初めてのカーライフで不安という方でも安心して利用することができます。

カルモについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースで貯金しながらマイカーライフを楽しもう

ライフステージや生活環境の変化など、お金が必要となることの多い30代。将来に備えて貯金をしておきたいという方も多いはず。しかし、子育てなどをする上で車が必要になったとき、定額制で利用できるカーリースなら、家計への負担を減らしながらカーライフを楽しむことができます。また、マイカー購入に比べて貯金もしやすくなるため、貯金しながらマイカーライフを過ごすことも夢ではありません。

 

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す