車の維持費が払えない、車購入のお金がない!それでも車に乗る方法とは

車の維持費が払えない、車購入のお金がない!それでも車に乗る方法とは
車の維持費が安くなる

車の購入を検討する上で考慮しなくてはいけないのが維持費です。「車は欲しいけれど、維持費が払えないかもしれない」と心配な方のために、車の維持費がどのくらいかかるかを解説します。また、維持費を抑えながら車に乗る方法や、維持費込みの定額払いで車に乗れるカーリースというサービスについてもご紹介します。

【この記事のポイント】
✔車の維持費の月間平均額は10,700円
✔中古車購入、レンタカー、カーシェア、リースという方法も
✔カーリースは維持費込みで定額にできるのでおすすめ

車の維持費が払えないケースが増えている?

一般社団法人日本自動車工業会が2020年に発表した「2019年度乗用車市場動向調査」では、過去にセカンドカーを保有していて現在は手放してしまった世帯に対し、調査を行っています。結果によると、セカンドカーを手放した理由の第1位は「車検費用が負担」で、全体の28%を占めました

この傾向はセカンドカーだけでなく、車を1台も保有していない場合も同様です。現在車を持っていない世帯は、車を持たない理由として「ガソリン・駐車場代が負担」が29%、「車検費用が負担」が26%、「自動車税(種別割)が負担」が17%と経済的な理由を挙げています。

車の需要や保有率は高い一方、維持費が払えないことを理由に車を持たない選択をする世帯が多いことがわかります。
まず、軽自動車と普通車それぞれにかかる維持費の相場を確認しましょう。

車の維持費はどのくらいかかる?

カーローン申込みのタイミングはいつ?ローン契約の流れや必要書類を紹介

同調査によると、平均月間維持費は10,700円で、6,000円未満が33%、6,000〜12,000円が39%という結果が出ています。また、維持費の中でも車検代は87%の方が大きな負担を感じているという結果で、任意保険料(77%)や自動車税(71%)も、負担が大きい維持費と認識されています。
実際にいくらかかるか、軽自動車と普通車それぞれの金額を以下の表にまとめています。

<軽自動車と普通車にかかる維持費>

内容内訳軽自動車普通車
車検費用車検基本料28,000~100,000程度
自動車重量税(2年)※10~6,600円0〜49,200円
自賠責保険料(2年)※219,730円20,010円
印紙・証紙代1,000~1,400円程度
自動車税(種別割)または軽自動車税(種別割)※3年10,800円年25,000円〜110,000万円
任意保険(自動車保険料)月5,000〜10,000円程度
その他の維持費修理費用数十~数百万円  
メンテナンス費用法定12ヵ月点検、消耗部品の交換など
燃料代  車の使用頻度、燃料  の種類、車の燃費性能によって異なる
駐車場代月極駐車場:月数千~数万円
コインパーキング:数百〜数千円

※ 2021年5月21日現在調べ

※1 令和3年5月1日から令和4年4月30日までに新車新規登録をした場合。エコカーは25~100%軽減
※2 2021年4月1日以降
※3 軽自動車は平成27年4月1日以降に初回新規登録を受けた自家用、普通自動車は令和元年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用(新規登録から13年以内、自動車税<種別割>グリーン化特例の適用を受けない自動車)の場合。

車検費用

車検は新車登録から3年後、それ以降は2年ごとに受ける必要があります。車検には、車検基本料のほか、自賠責保険料、自動車重量税、印紙代がかかります。

自動車税(種別割)

毎年4月1日時点での車の所有者に課される税金です。

任意保険(自動車保険)料

任意保険への加入は義務ではありませんが、自賠責保険ではカバーしきれない損失に対応するために入るのが一般的です。任意保険の保険料は、選んだ保険会社やプランによって変わります。
なお、カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」が行った独自調査によると、自家用車を持っている全国の男女1,381人のうち、1ヵ月の保険料を5,000円未満に抑えている方は35.8%でした。5,000〜10,000円を支払っている方は29.6%で、合計で6割以上のドライバーが1ヵ月の任意保険料を10,000円以下に抑えていることになります。

その他の維持費

・修理費用
修理する箇所や範囲によって金額は大きく変わります。

・メンテナンス費用
オイルやワイパーゴムの交換など、必要に応じて発生します。また、法定12ヵ月点検というメンテナンスも必要で、依頼先によって異なりますが、軽自動車が9,000~ 14,000円ほど、普通車だと10,000~26,000円ほどかかります。なお、法定点検には24ヵ月点検というものもあり、これは車検と同時に行われるのが一般的です。

・燃料代
走行距離が長くなればなるほど燃料代はかさみます。また、燃料の種類や車の燃費性能によっても変わります。

・駐車場代
大都市の月極駐車場であれば毎月20,000~30,000円程度かかります。外出先でコインパーキングを利用するのであれば、その都度数百〜数千円の駐車場代が必要です。

このように、車にはさまざまな維持費がかかります。しかし、維持費が払えないからと車の購入をあきらめることはありません。車の維持費・購入費に悩んでいる方にこそおすすめしたい方法があります。詳しく知りたい方は、こちらをチェック してみてください。

車の維持費が安くなる

そもそも車の購入にはいくら必要?

車の購入にはいくら必要なの?

車を維持するには各種税金、メンテナンス費用、燃料代、駐車場代などの支払いが必要ですが、車を購入する際にはどうなのでしょうか。購入のときにかかる費用について見ていきましょう。

車の購入費用

車の購入にかかる費用は、新車か中古車か、どの車種を選ぶか、どこまでオプションをつけるかによって、大きく変わります。予算を立てるときに目安にしたいのが車の価格と年収のバランスです。車を一括で購入する場合も、ローンを利用する場合も、経済的に無理のない車両価格の目安は年収の半分以下と覚えておきましょう

なお、ローンで車を購入する場合は、できるだけ頭金を多く準備すると、その後の支払いが楽になります。借入額が少なくなる分、ローン審査にも通りやすくなるはずです。可能であれば、車両価格の2、3割程度の頭金を準備するといいでしょう

年収に対していくらローンが組めるのか知りたい方はこちら

その他の必要経費

車の購入時には車両代金のほかにも、法定費用やその他諸費用がかかります。法定費用としては、車の維持費のところでもご紹介した、自動車税(種別割)、自動車重量税、自賠責保険料に加えて、環境性能割があります。環境性能割は、燃費性能に応じて取得価格の0~3%が課せられます。また、そのほかに登録料、納車費用、車庫証明取得費用、検査登録手続き費用などが必要です。

一般的に、これらの初期費用は車両価格の1、2割かかるといわれています。つまり、車両価格150万円の車を購入するなら、車両価格のほかに15~30万円の初期費用がかかるということです。

車が買えない・維持費が払えない!でも車が必要なときの対処法は?

資金不足のときに検討したい車の所有方法3選

お金はないけど車を購入したい。維持費が払えないかもしれないけれど、車を持ちたい。そんな方に向けて、新車を購入する以外の3つの方法をご紹介します。

中古車を購入する

新車の購入が予算的に厳しい場合は、中古車を購入するという方法があります。中古車の場合、車両価格が新車より安いので、少ない資金で買えるのはもちろん、ローンも利用しやすいといえます。

ただし、新車ではなく中古車を選んだとしても、購入時の初期費用や維持費はかかります。これらの負担を減らしたい方は、頭金を含めた初期費用が不要で維持費も定額にできる、「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」 を利用してみてはいかがでしょうか。

貯金ゼロでも車を持てる定額カルモくんの中古車リースについて詳しく知りたい方はこちら へ。

定額カルモくん中古車

維持費がほとんどかからないレンタカーやカーシェアリングを利用する

車の利用頻度が低い方であれば、駐車場代がかからないレンタカーやカーシェアリングを利用するという方法もあります。
カーシェアリングやレンタカーなら購入費用がいらないのはもちろん、税金や車検費用といった経費もかかりません。近所までのドライブや、週末の買い出しのときだけ車を使いたいのであれば、時間貸しのレンタカーやカーシェアリングのほうがお得といえます。
ただし、空いている車がないと利用できない、次の予約が入っていると時間を延長して使えない、といったデメリットもあります。

頭金不要で維持費を定額にできるカーリースを利用する

日常的に車を使いたい、車の使用頻度が高いという方におすすめしたいのはカーリースです。
カーリースは利用者が乗りたい車をリース会社が代わりに購入し、一定期間貸し出すサービスです。レンタカーやカーシェアリングと違い、購入した場合と同じようにいつでも車に乗れるのがメリットで、利用者はリース会社に対して毎月定額のリース料金を支払います。

カーリースの月額料金には、購入時にかかる初期費用も含まれているので、貯金がなくても、すぐに車に乗ることができます。頭金も不要です。

維持費が払えないかもと不安な方は、メンテナンスプランに加入することで、車検費用やオイル交換といった維持費を、リース料と合わせて月々定額にできます。維持費込みで毎月の支払い額をフラットにできるので、急な出費に慌てることがなくなります。ただし、メンテナンスプランに含まれる維持費の内訳はリース会社によって違うので、よくチェックしておきましょう。

次は、車検や消耗品交換などの維持費も月額費用に含めることができるカーリースの定額カルモくん をご紹介します。購入と比べて維持費の管理が楽なのはどちらか?ぜひ検討してみてください。

カーリースのメリット・デメリットなどを知りたい方はこちらをチェック

カルモくん_new

維持費のカバー範囲が広いのが定額カルモくんの魅力

日本最安値*の「おトクにマイカー 定額カルモくん」の大きな魅力は、利用料が安いだけでなく補償範囲の広いメンテナンスプランがあることです

定額カルモくんのメンテナンスプランでは、車検点検料、法定12ヵ月点検料、エンジンオイル交換費用などがカバーできる上、メーカーと同等の一般保証&特別保証が受けられます。また、車をリース会社に返却する際の原状回復費用も補償されます。

維持費込みで毎月の支払いを定額にすることで、お金の不安はかなり軽減されるのではないでしょうか

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして月額料金が日本最安値。(2021年3月「定額カルモくん」調べ)

購入よりも維持費の支払いが楽になるメンテナンスプランについては下のバナーから。

メンテバナー

「購入」にとらわれず、賢くマイカーの夢を実現しよう!

車の購入時には、車両価格だけでなく初期費用や維持費がかかります。車にかかる費用の総額を抑えたい場合は、中古車の購入を検討する、カーシェアリングやレンタカーを利用するという方法があります。カーリースを利用すれば、維持費込みで同じ月額料金を支払いながら、マイカーのように毎日乗ることが可能です。

充実した内容のメンテナンスプランがある定額カルモくんなら、車に必要なさまざまな維持費をリース料にまとめることができるので、安心して乗ることができます。

業界最安値のカーリース

よくある質問

Q1:車の維持費はどれくらい?

A:車検基本料は28,000~100,000万円程度、税金は数万円程度、ほか自賠責保険料や印紙・証紙代がかかります。任意保険(自動車保険)料は月々5,000~10,000円程度支払っている方が多く、駐車場代、燃料代は居住地や走行距離によって大きく変わりますが、平均月間維持費は10,700円ほどといわれています。

Q2:維持費や購入費用に不安はあるけど、車が欲しい場合は?

A:レンタカーやカーシェアリングを使う方法があります。日常的に車に乗りたいなら、初期費用が不要で月額料金が安いカーリースを利用するのもよいでしょう。カーリースの定額カルモくんのように維持費もまとめて月々フラットな支払いにできれば、安心してカーライフを満喫できるのではないでしょうか。

Q3:カーリースだと維持費はどうなるの?

A:カーリースの月額料金には、自動車税(種別割)や環境性能割、自動車重量税、自賠責保険料が含まれています。さらに、定額カルモくんのように車検費用や法定12ヵ月点検、エンジンオイル交換などの維持費も月額料金にまとめられるメンテナンスプランを用意しているサービスもあります。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

車検やめて