カーローンの金利を抑えるには残価設定ローンがいい?

カーローンの金利を抑えるには残価設定ローンがいい?
カルモくんなら新車が

車が欲しいけれどまとまった資金がない場合、カーローンを利用するのが一般的です。しかし、カーローンとひと口にいっても、実はさまざまな種類があり、金利の高さも異なります。
よく知られているカーローンには「銀行系ローン」「ディーラーローン」「自社ローン」の3種類がありますが、最近では「残価設定ローン」が注目を集めています。ここでは、3種類のカーローンのメリットやデメリットについて解説し、残価設定ローンやカーリースのしくみについても詳しくご紹介します。

10013_N BOX

カーローンの種類をチェック!

まずは、3種類のカーローンの特徴と、そのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

銀行系ローン

銀行系ローンは、住宅ローンと同様に、車の支払いのために銀行から借り入れを行う形式のカーローンです。銀行系ローンのメリット・デメリットとして、次のような点が挙げられます。

<銀行系ローンのメリット>
・金利が安い
・車を購入した後はすぐに自分の名義となるため、車の買い替えやローンの借り換えがしやすい
・銀行系ローンは総量規制(年収の3分の1を超える借り入れを原則禁止とする貸金業法)の対象外となっているため、住宅ローンなどほかのローンを利用していても借入額に影響がない
・同じ銀行で住宅ローンなどを利用している場合、優遇金利が受けられる場合がある
・中古車購入時でも利用できる

<銀行系ローンのデメリット>
・審査が厳しい
・自身で手続きをする必要があるため、煩雑な作業が発生する
・車を手放してもローンが残っていれば支払い続ける必要がある

銀行系ローンの一番のメリットは金利の安さで、多くが1~2%台の低金利で利用可能です。銀行系ローンの場合、完済するまで利率が変動しない固定金利と、利率が変動する変動金利の2種類があります。

ディーラーローン(信販系ローン)

ディーラーローンとは、ディーラー(自動車販売店)で車を購入する際に、ディーラーと提携している保証会社や信販会社が一括で車の代金を支払い、ユーザーは購入した車を担保にして、分割で保証会社や信販会社の購入代金に金利をプラスした金額を返済していく形式のローンです。ディーラーローンのメリット・デメリットとして、次のような点が挙げられます。

<ディーラーローンのメリット>
・車の購入時にその場でローン契約を結べて、煩雑な手続きを代行してもらえる
・ローンの審査が通りやすい
・ディーラーローンを利用することで、車両価格の割引きやオプションなどの特典を受けられる場合がある
・時期によっては、低金利や金利0%などのキャンペーンを実施する場合がある

<ディーラーローンのデメリット>
・銀行系ローンに比べて金利が高い
・ローンが適用されるのは車両価格のみであり、それ以外の代金は別途準備が必要な場合が多い
・ほかのローンと比較すると、返済期間の設定が短い傾向がある
・ローンを完済するまで車が自分名義にならない(所有権留保)
・返済途中に事故などで車が全損した場合、残額の一括返済を求められるケースがある

ディーラーローンの金利は、平均して4.0~8.0%程度であり、銀行系ローンと比較すると高めです。しかし、時期によっては、金利が安くなるキャンペーンを実施する場合もあります。車は高額な買い物なので、わずかな金利の差でも最終的な支払総額は大きく変わってきます。

自社ローン

自社ローンは、中古車購入時に利用できるローンで、銀行や信販会社といった金融機関を通さず、中古車販売店が貸主となって直接ローンを組む形式のものです。審査がスピーディーで手続きが簡単、さらにはディーラーローンや銀行系ローンでは審査が通らない人でも利用できる可能性が高く、金利0%のケースもあるといったメリットがあります。

一方、利用にあたって頭金や保証人を求められる場合があったり、金利が低い分、利益を車両価格に転嫁している場合があったりするなど、注意が必要です。また、ローンの支払いが終わるまで、名義は販売会社になっているため、会社が倒産した場合には車を差し押さえられる可能性があります。

注目の「残価設定ローン」とは

注目の「残価設定ローン」とは

これまでにご紹介した3種類のローンに加え、最近注目を集めている支払い方法に「残価設定ローン」があります。残価設定ローンのしくみについて見ていきましょう。

残価設定ローンのしくみを解説!

残価設定ローンは、ディーラーローン(信販系ローン)と同様に、信販会社と契約を結んでローンを組みます。ディーラーローンと残価設定ローンの違いは、車に「残価」を設定する点です。残価とは、「数年後に乗っている車を下取りとして出した場合の価値」=「下取り価格」のことです。例えば、300万円の車を購入し、5年後の残価を100万円と決めた場合、300万円から100万円を差し引いた200万円を5年間で支払うことになります。

残価設定ローンの特徴は「残価精算」にあり!

しかし、ローンを完済しただけでは、残価の100万円が丸々残る計算になります。そこで残価設定ローンを利用する場合に必要になるのが残価精算です。残価精算には大きく分けて3つの方法があります。

1.車を返却することで残価を精算する
2.残価を一括または分割で支払い、車を買い取る
3.再びローンを組み直して所有権が得られるまで返済を続ける

残価分の支払額をなるべく抑えたい場合には、車両の返却を選択するのがおすすめです。

残価設定ローンのメリット・デメリット

残価設定ローンのメリット・デメリットとしては、次のような点が挙げられます。

<残価設定ローンのメリット>
・月々の支払額が通常のカーローンより抑えられる
・ディーラーローンよりも金利が低いケースが多い
・下取り価格が保証される(走行距離や車の汚れなど制限あり)

購入金額から差し引かれる買取額は、一般的に新車価格の3割から5割です。その分だけローンの支払い金額が安くなる点が、残価設定ローンの最大のメリットです。

<残価設定ローンのデメリット>
・当初設定した残価分の価値が残っていなければ、追加費用が発生する
・買取額を保証するために、走行距離や車の汚れなどに契約で制限が設けられるケースがある
・車両を自由にカスタマイズできない
・ローン支払い終了まで、所有権はディーラーにある
・車検や税金の支払いが必要
・買取りの場合は通常のローンより総支払額が大きくなる

残価設定ローンは、あらかじめ買取額が保証されているため、数年ごとに車を買い替えたい人にとってメリットが大きいローンといえます。その一方で、事前に買取りが保証されており、車の使用に制限がかかるため、自身の車の使い方に合っているかを事前によく検討することが大切です。

どちらがお得?残価設定ローンとカーリース

残価設定ローンとしくみが似ているサービスに、カーリースがあります。カーリースとは、自分が乗りたい車をリース会社に代わりに購入してもらい、その車を年単位の契約で借りるサービスです。

カーリースのメリット・デメリット

カーリースのメリット・デメリットとして、次のような点が挙げられます。

<カーリースのメリット>
・初期費用がかからず、毎月の支払いが一定
・車検費用や自動車税(種別割)などが月々の料金に含まれており、まとまったお金を準備する必要がない
・オンラインで契約がすべて完了できる場合が多い

<カーリースのデメリット>
・残価設定ローンと比較すると、車検費用などが含まれている分、総支払額が高くなる傾向がある
・車両を自由にカスタマイズできない
・残価設定ローン同様、車のコンディション次第では、返却時に追加支払いが発生する場合がある

カルモくんなら新車が

カーリースと残価設定ローンの料金設定の違い

カーリースも残価設定ローン同様に、残価設定を行い、車両価格からその分を差し引いた金額を月々支払うといったしくみは同じです。残価設定ローンの場合、月々の支払額はカーリースより抑えられますが、車検費用や税金など、定期的に大きい出費が発生します。
一方、カーリースの場合は、車検費用や税金などが利用料に含まれているため、残価設定ローンと比較すると月々の支払いが多くなります。しかし、契約期間中にまとまった出費を求められることはありません。カーリースは毎月定額のため家計管理がしやすく、総額で考えるとむしろお得な場合があります。

ローンやサービスの特性を理解して賢い選択を!

カーリースの場合、車検費用や税金などが月々の支払額に含まれるため、車検にかかる前に車を乗り換えたいといった希望がある場合は、単に高いリース代を支払うだけになってしまいます。
一方、残価設定ローンの場合は、数年おきなど定期的に車を乗り換えたいというニーズがある人には向いていますが、1つの車にできるだけ長く乗り続けたいといった場合には、最終的にほかのローンと比較して、総支払額が割高になる場合があります。
車を購入する際には、自分のニーズに合わせて、最適な支払い方法を選択することが大切です。

よくある質問

Q1:カーローンにはどんな種類があるの?

A:カーローンには銀行から借入れを行う銀行ローン、ディーラーと提携している信販会社が提供するディーラーローン、自動車販売店と直接ローンを組む自社ローンなどがあります。

Q2:残価設定ローンって何?

A:残価設定ローンはディーラーローンの一種であり、あらかじめローン完済時に想定される価格である残価を設定し、車両代金から残価を引いた金額を分割して支払う形式のローンです。通常のカーローンよりも月々の返済額は抑えられますが、完済時に実際の査定額が残価を下回った場合には、追加費用が発生する可能性があります。

Q3:残価設定ローンとカーリースの違いって?

A:カーリースはリース会社が購入した車を契約者が決められた月額料金を支払って長期間借りることができるサービスです。カーリースも残価を設定して月々の支払額を決めているので、残価設定ローンと似ていますが、カーリースは初期費用がかからないことや税金や自賠責保険料などの法定費用も含まれているので、家計への負担を軽減することができます。

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー