絶対通るマイカーローンはあるの?審査に通らない理由と通るためのコツ

絶対通るマイカーローンはあるの?審査に通らない理由と通るためのコツ

車を買うためには、数十万~数百万円という大金が必要になります。こうした大金をキャッシュですぐに用意できる人というのは、それほど多くありません。多くの人は、ローンを利用して車を購入するのではないでしょうか。
しかし、ローンを利用するためには審査に通らなければいけません。車が必要だから、ローンには絶対に通らなければならない。そのような状況の方もいることでしょう。
ここでは、マイカーローンの審査基準や絶対にローンを通すための方法についてご説明します。

マイカーローンの審査に通らない理由とは?

マイカーローンの審査に通らない理由とは?

マイカーローンの審査に通らない理由は、大きく4つに分けられます。マイカーローンの審査を通過できない人は、このうちのどれか、あるいは複数の理由に当てはまっている可能性が高いでしょう。

1.年収と借入金額が見合っていない

年収200万円の人が500万円の車をフルローンで買おうとしても、ローンが通る可能性はほぼないでしょう。銀行や信販会社は、年収と借入金額のバランスを見て問題なく返済ができるかどうかを判断します。

実際にどの程度の年収でいくら借りられるのかは、それぞれの金融機関によって異なります。しかし、一般的には、借入金額÷年収で求められる返済比率が30%程度までであれば審査に通る可能性が高いといわれています。

つまり、年収400万円の人の場合なら、400万円×30%=120万円程度の借入れであれば審査に通る可能性が高いということです。ただし、実際の審査は年収以外の要素についても併せて検討されるため、絶対に通るとは言えません。

2.借入れ状況などに問題がある

「1」で説明した返済比率は、マイカーローン以外の借入れも含めての金額です。そのため、年収400万円の人が、すでに100万円のカードローンを利用していて、さらに120万円のマイカーローンを組もうとした場合は、審査に通らない可能性が高いということになります。

また、自己破産の経験がある人や、借入れに滞納があって信用情報機関に事故情報が載っている人、税金を滞納している人なども、「返済が滞る可能性が高い人」とみなされてしまいます。

さらに、クレジットカードで頻繁にキャッシングをしている場合も、収入だけでは月々の生活費をまかなえていないとみなされ、審査に影響が出るおそれがあるでしょう。

このように、マイカーローンの審査では、これまでにどのようなお金の使い方をしてきたのか、また、お金の問題なく生活を送れているかどうかといったこともチェックされます。

訴求用N-BOX

3.属性に問題がある

「属性」というのは、ローンを組む人の職業についてです。勤続年数が少ない場合や、フリーターや自営業などで収入が不安定な仕事についている場合、審査に通らない可能性が高まります。

一度審査を受けると、信用情報機関に履歴が残ります。勤続年数で審査に落ちた場合でも、「審査に落ちた」という履歴が残ってしまうので、あと少しで勤続年数が1年を超えるというような場合は、それまで待ってから審査を受けることをおすすめします。

4.審査内容に偽りがある

いくら審査に通りたいからといって、実際にはすでに退職している会社に在職中であるように装ったり、ほかの借入れがないと虚偽の申告をしたりすると、かえって審査に悪影響が出ます。審査が不安な場合でも、正直に申告をしましょう。

まずは審査※カーリースのサービスに飛びますが審査をお試しいただくことはできます。

絶対通るマイカーローンはあるの?

絶対通るマイカーローンはあるの?

「絶対に通るマイカーローン」「審査が不安な人でも絶対大丈夫!」というような触れ込みをしているディーラーがいたとしたら、注意が必要です。なぜなら、「絶対に通る」と言い切れるマイカーローンはないからです。

カーローンには、銀行系とディーラー系の2種類があります。このうち、どちらかというとディーラー系のほうが審査は通りやすいといわれています。しかし、絶対に通るというわけではありません。それぞれの特徴を知るとともに、「絶対」ではないにせよ、「通りやすい」カーローンはあるのかどうかということについてご説明します。

銀行系ローンの特徴

銀行系のカーローンは金利が低めに設定されているため、少ない負担で借入れができるという大きなメリットがあります。半面、審査はディーラー系ローンに比べてきびしいといわれています。

また、銀行系ローンの場合は、税金の滞納によって口座が差し押さえられた過去などがある場合、審査に通りにくくなってしまうでしょう。

銀行系ローンの金利は、経済情勢や借入れする銀行、借入金額、その他の銀行サービスの利用状況などによって変動しますが、2019年8月現在では、おおよそ1.5~4.5%程度です。

借入れ可能な金額や年数についても各銀行によって幅があるため、審査を依頼する際は、あらかじめ金利や希望通りの借入れが可能なのかどうかについて確認しておきましょう。

ディーラー系ローンの特徴

ディーラー系ローンとは、ディーラーを通して信販会社でローンを組む方法のことです。ディーラーと付き合いのある信販会社に対してローンを申し込むことになるため、銀行系ローンよりは審査に通りやすいといわれています。

ただし、ディーラー系ローンの場合は、金利が5%前後と銀行系ローンに比べて高くなってしまいます。長期間にわたって返済を行う場合、金利負担が大きくなってしまうため、最終的な支払額がいくらになるのかを確認した上で利用しましょう。特に中古車を購入する場合は、さらに金利が高くなる傾向にあるため注意が必要です。

なお、ディーラー系ローンを利用した場合、支払いが終わるまで、購入した車は「ディーラーのもの」という扱いになります。自由に使うことはできますが、自分に所有権があるわけではないため、自由に売却して別の車に乗り換えるといったことは基本的にできません。

ローンもいいですが、ローンよりもお得といわれているカーリースもぜひ、ご検討ください!

定額カルモくんで車を探す

 

絶対審査に通るためにできることは?

絶対審査に通るためにできることは?

ローンを組んで車を買いたいが、審査に通るかどうか不安というときは、できる限り審査に悪影響を及ぼす要素を減らしておきましょう。具体的に、審査前にしておきたいことをまとめました。

仮審査を受ける

ローンの審査には、本審査と仮審査があります。仮審査に通ったからといって必ず本審査も通るとは限りませんが、事前にどの程度審査に通る可能性があるのかどうか知ることができるため、受けておいて損はないでしょう。

頭金を用意する

頭金が多ければ多いほど借入額は少なくなりますから、審査にも通りやすくなります。また、同じ100万円のローンを組む場合でも、「頭金が400万円で100万円のローンを組む」という場合と、「頭金は0円で100万円のフルローンを組む」という場合では、金融機関側の心象も違うでしょう。審査に通るか不安な場合は、できるだけ頭金を多く入れるのが効果的です。

ほかのローンの返済を済ませる

今現在、カードローンやフリーローンといったローンを利用している人は、まずほかの借入れを返済してしまいましょう。ローン会社は、年収に対する借入額の合計で返済が可能かどうかを判断するからです。カードで気軽に利用できてしまうキャッシングや、リボ払い、分割払いなども返済しておくのがおすすめです。

信用情報が白紙になるまで待つ

自己破産や任意整理の経験があり、ブラックリストに載っていることがわかっている人は、信用情報が白紙になるまで審査を待ったほうがいいでしょう。自己破産の場合は、7年程度で信用情報がホワイトになるといわれています。ただし、信用情報から自己破産の履歴が消えたとしても、ブラックからホワイトになったという事実は残るため、「なんらかの事故があった人間だ」ということはわかってしまいます。

保証人を立てる

マイカーローンに保証人が必要かどうかは、それぞれの金融機関によって異なりますが、ディーラー系ローンでは求められるケースが多くなっています。保証人ではなく保証会社を利用するという方法もありますが、審査に通るか不安な場合は、保証人を立てたほうがいいでしょう。

審査中に転職しない

これは「したほうがいい」ではなく「しないほうがいい」という情報ですが、仮審査や本審査のあいだや、審査を受ける直前に転職してしまうと、勤続年数の問題から審査に通りにくくなる可能性が高くなります。審査が終わるまでは転職を待ったほうがいいでしょう。

カーリースにしようか

マイカーローンの審査に絶対はないが、通るためにできることはある

絶対に通るマイカーローンというのは、残念ながらありません。しかし、審査を通りやすくするためにできることはいろいろあります。「審査に通らないかも」とやみくもに不安に思うのではなく、できることから対策をとっていくことが大切です。
もし、どうしても審査に通らない場合や、不安がある場合は、あえて買うのではなくリースを利用して車に乗るという方法も検討してみてはいかがでしょうか。

 

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr