車を買う年齢や予算の決め方は?初心者にはカーリースがおすすめの理由

ライフステージが変化したり仕事で必要になったり車を購入するタイミングはさまざまですが、車を買う年齢や予算の決め方がわからないという方もいるのではないでしょうか。車を購入する際にはローンを組むことが多く、年収によっても予算が変わるため無理のない範囲で購入することが大切です。
ここでは、車を購入することができる年齢や予算の決め方、初めて車を購入する方や車の知識があまりないという方におすすめのカーリースについてもご紹介します。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

何歳から車は買える?予算の決め方は?

就職や結婚などのライフステージや生活環境の変化によって車が欲しいと思ったとき、何歳からであれば車を買うことができるのでしょうか。また、車の購入にはローン審査に通る必要があるため、年収や職業なども購入のタイミングに関係します。そこで、ここでは車が買える年齢や予算の決め方について見ていきましょう。

N-BOX

原則、車は18歳から購入可能

車の運転に必要な免許は18歳から取得することができるため、基本的に車も18歳から購入が可能です。しかし、未成年が車の所有者登録をする場合は、親権者の同意書が必要となります。また、一般的に車を購入するときに利用するローンでは、年齢・勤務先・勤続年数・年収を中心に審査が行われます。審査では安定的かつ継続的な収入があることが重視されているため、ローンの中には勤続年数1年以上を審査通過の条件としている場合もあります。
なお、未成年がローンを使用する際には一般的に連帯保証人をつけるか、学生ローンを利用するという方法もあります。

予算は年収を基準に考えよう

車を購入する際の予算は、年収をベースに考えるのがおすすめです。一般的には、年収の半分程度が車の予算の目安といわれていますが、ローンを利用する場合には年収と同額程度までの借り入れが可能とされています。そのため、年収を大幅に超える金額は、審査の通過が難しくなってしまうため注意が必要です。
また、ローンを組む場合には、年収からどれくらいの金額をローンの返済にあてるのかという返済負担比率も重要となります。マイカーローンでは、一般的に年収の3割程度の金額が推奨されています。

つまり、年収400万円の方が返済負担比率を30%にした場合、1年間で120万円をマイカーローンの返済にあてられるということになります。そして、1年間の返済額が120万円を超えないように、車の金額に応じて返済期間を決めていきます。

まずは審査

車の購入にはどんな費用がかかるの?

車の購入にはどんな費用がかかるの?

これから車を買おうと考えたとき、気になるのは車の購入にかかる費用のこと。車は購入した後も維持費がかかるので、購入前にあらかじめ理解しておきましょう。
ここでは、車を購入、維持するためにかかる費用についてご紹介します。

車を購入するときにかかる費用

車を購入するときには、車両代金のほかにも税金や自賠責保険料、手数料など多くの費用がかかります。そして、車購入にかかる費用は、車両価格の20%程度が目安となります。
車を購入するときにかかる費用は以下の通りです。
・自動車取得税
・自動車重量税
・自動車税および軽自動車税
・自賠責保険料
・リサイクル料金
・登録代行費用
・車庫証明代行手数料
・預かり法定費用
・ナンバープレート取得費用

車を維持するためにかかる費用

車の購入後には、税金や保険料といったさまざまな維持費が発生します。特に自動車税は家計にも響きやすいため、他の維持費も含めてシミュレーションをしておくと安心です。また、他にもガソリン代や高速道路、駐車場の利用料金などもかかるため、しっかりと備えておく必要があるでしょう。
車を維持するためにかかる費用は以下の通りです。

・自動車重量税
・自動車税および軽自動車税
・自賠責保険料
・車検費用
・ガソリン代
・駐車場代
・メンテナンス費用

年齢や年収が不安な方はカーリースがおすすめ

年齢や年収が不安な方はカーリースがおすすめ

カーリースは、定額制で車に乗れるサブスクリプションサービスです。毎月決まった料金を支払うことで、資金を貯めたりローンを組んだりしなくても車に乗ることができるので、働き始めたばかりでまとまったお金を用意するのが難しいときなど、年齢や年収を理由に車の購入が難しいという方にもおすすめです。
初期費用や維持費などの費用面をもとに、購入よりカーリースがおすすめの理由を見ていきましょう。

カーリース利用の流れについて詳しく知りたい方はこちら

初期費用がかからない

カーリースでは、車の車両代金以外に発生する頭金や諸費用がかかりません。そのため、まとまった初期費用を用意したり、ローンを組んだりせずにすぐに車に乗れるため、購入には不安がある方でもカーライフを始めやすいでしょう。

定額制なので管理がしやすい

現金一括やローンで車を購入する場合、購入後にも税金や保険料、メンテナンス費などの諸費用がかかります。これらの費用は不定期に発生するものもあるため、家計管理がしにくくなってしまいます。
その点、カーリースであれば、月額料金に税金や自賠責保険料などが含まれているので、まとまった支出の心配をすることもなく、家計管理もしやすくなります。

維持費も定額制にできる

リース会社やプランによっては、メンテナンス費が月額料金に含まれていることもあります。車の維持費の中でも高額となる車検費用や整備、修理費用なども定額にすることができるので、まとまった費用を確保するのが難しいという方でも安心して利用することができます。

カーリースならカルモで決まり!

マイカー賃貸カルモ

リース会社にはいろいろなサービスがありますが、国産車種のすべての車種とグレードを取り扱っているマイカー賃貸「カルモ」なら、乗りたい車に乗ることができます。他にも、契約満了時に車がもらえるプランや、メンテナンス費を定額にできるメンテナンスプランなど、たくさんの魅力のあるリースサービスです。
最後に、そんなマイカー賃貸「カルモ」のおすすめポイントについてご紹介します。

1. 選択肢が豊富だから好きな車に乗れる

カルモでは、国産メーカーの全車種、全グレードを取り扱っています。新車では手の届かない価格帯の車種であっても、カルモのカーリースなら定額で乗ることができるため、年齢や年収などを気にせずに理想のカーライフを楽しむことができます。

カルモいいですね

2. 契約満了時に車がもらえる

カルモには、カーリース契約満了後に追加料金なしで所有車にすることができる「もらえるプラン」というオプションサービスがあります。対象車種の契約年数が7年以上などの条件を満たすことで、月々300円(税抜)から加入することができます。

3. メンテナンスも定額制にできる

カルモでは、カーリースの利用料金だけでなくメンテナンス費用も定額にすることができる2種類の「メンテナンスプラン」があります。メンテナンスプランには、返却時の原状回復費用や消耗品の交換費用などが含まれているため、安心してカーライフを楽しむことができます。

メンテナンスプランの詳しい内容はこちら

4. 最長契約期間でさらに安く利用できる

カーリースは、契約期間が長くなればなるほど月額料金を安く抑えることができます。そのため、カーリース史上最も長い契約期間の11年契約が可能となっているカルモでは、さらに安く利用することが可能となっています。そのため、月額費用を抑えて長く乗りたいという方にもおすすめです。

5. サポート体制が充実している

カルモでは、申し込みや審査についての疑問や車種選びやグレード選びのご相談など、車についてのお悩みや疑問をLINEやメールで相談することが可能。もちろん、契約後についての疑問なども気軽に相談できるので、初めてのカーライフで不安という方でも安心して利用することができます。

年齢や年収を気にせずに憧れの車に乗ろう

車の購入やローン利用は18歳から可能となっていますが、車は購入費用だけでなく維持費もかかるため、収入が安定しない方やまだ働き始めたばかりで不安という方にはハードルが高いかもしれません。そのため、年齢や年収が気になるという方はカーリースがおすすめです。カーリースなら、憧れのマイカー購入資金を貯めながら定額制で新車に乗ることができるので、無理なくカーライフをスタートさせることができるのではないでしょうか。

 

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す