ルーミーの安全性能を徹底解説!

ルーミーの安全性能を徹底解説!

出典:トヨタ「ルーミー」外観

この記事は、 5 分で読めます。

どれだけ安全運転を心掛けていても交通事故をゼロにすることはできません。そのため事故の危険性を少しでも減らし、万一の衝突の際の被害を軽減してくれる先進安全性能の充実度は車選びの需要なポイントとなるのです。
ここではルーミーの安全性能について紹介します。

ルーミーの安全性能の特徴

車の安全性能は今やシートベルトやエアバッグにとどまらず被害軽減(自動)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置をはじめとする先進安全性能が中心になりつつあります。近年の新型車には何らかの先進安全性能が搭載されているといっても過言ではないでしょう。

ルーミーにも衝突回避支援システムの「スマートアシストⅢ」がベースグレードの「X」を除くグレードに装備されています。注意しなければならないのは全グレードに標準装備されているわけではない点です。

「X」にはオプションでの設定もされていないので、スマートアシストⅢを搭載しているルーミーを希望するのであれば「X」以外のグレードを選ぶ必要があります。

スマートアシストⅢは衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、車線逸脱警報機能、オートハイビーム、先行車発進お知らせ機能から成り立っています。

トヨタルーミー

スマートアシストⅢの各機能

ここからスマートアシストⅢに含まれる各機能について詳しく解説します。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能出典:トヨタ「ルーミー」安全性能

フロントに設置されたステレオカメラが前方約60m以内の先行車や前方約30m以内の歩行者を検知し、衝突の危険性があると判断した場合はまずブザー音とディスプレイ表示で注意喚起を行います。これが衝突警報機能です。衝突警報機能は対車両で約4~100km/h、対歩行者で約4~50km/hで走行時に作動します。

さらに衝突の危険性が高まると、自動的に弱いブレーキを作動させます。この事前ブレーキは対車両で約4~80km/h、対歩行者で約4~50km/hで自車が走行している際に作動します。

被害軽減ブレーキアシストは事前ブレーキが作動した状態でドライバーがブレーキ操作を行うと、システムがブレーキ踏力をアシストして制動力を高める機能です。これは対車両の場合は自車が約30~80km/h、対歩行者で自車が約30~50km/hで走行時に作動します。

それでも衝突の回避ができないとシステムが判断すれば、強力な緊急自動ブレーキを作動させて衝突回避や被害の軽減をサポートします。緊急ブレーキの作動条件は事前ブレーキと同じです。

昼間の歩行者の検知には対応していますが、夜間の歩行者や自転車運転者の検知には対応していません。

誤発進抑制制御機能(前方・後方)

誤発進抑制制御機能(前方・後方)出典:トヨタ「ルーミー」安全性能

さまざまな交通事故の報道の影響もあり、近頃先進安全性能の中でも特に注目を集めているのがブレーキとアクセルの踏み間違えによる急発進や急加速を抑制する機能です。

この誤発進抑制制御機能はフロントとリアそれぞれに設置されたソナーで障害物を認識している状態で、必要以上にアクセルが強く踏み込まれるとシステムが踏み間違いと判定し、エンジン出力を制御して急発進・急加速を抑制するとともにブザー音とディスプレイ表示でドライバーに注意を促します。

約10km/h以下で走行時に作動し、前方は約4m以内、後方は約2~3m以内の障害物の認識が可能です。

カルモで車を探す

車線逸脱警報

車線逸脱警報出典:トヨタ「ルーミー」安全性能

ステレオカメラが左右の車線を認識し、車がウインカー操作なしに車線から逸脱しそうになるとブザー音とディスプレイ表示でドライバーに知らせ、車線内に戻るよう促します。約60km/h以上で走行時に作動するので、おもに高速道路や自動車専用道路で活躍するシステムです。

オートハイビーム

オートハイビーム出典:トヨタ「ルーミー」安全性能

対向車などのヘッドランプの明るさを検知してハイビームとロービームを自動で切り替える機能です。対向車や先行車がない時には基本的にハイビームを使用するので夜間の視認性が向上し、安全運転に貢献します。

また、切り替え忘れや手動切り替えの手間をなくしてドライバーの負担を軽減するメリットもあります。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:トヨタ「ルーミー」安全性能

渋滞や信号待ちの際、前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が発進しない際に、ブザー音とディスプレイ表示で先行車の発進をドライバーに知らせる機能です。うっかり出遅れを防止します。

以上がルーミーのスマートアシストⅢに含まれる機能です。

ルーミーのスマートアシストⅢ搭載車はサポカーSワイドに相当

今後日本は高齢社会がさらに進行していくわけですが、それに伴い高齢ドライバーが増えることが予想されています。国土交通省や経済産業省は高齢ドライバーの交通事故防止対策の一環として被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全性能を搭載した車にセーフティ・サポートカー(サポカー)の愛称をつけ、普及を推進しています。

サポカーは「被害軽減(自動)ブレーキを搭載した、全ての運転者に推奨する自動車」と定義づけられており、サポカーSは「被害軽減(自動)ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載した、特に高齢ドライバーに推奨する自動車」とされています。

サポカーSはさらに3つに分類されており、最も上位のサポカーSワイドには歩行者を検知する被害軽減(自動)ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトが必要です。

ルーミーのスマートアシストⅢ搭載車にはこれらの機能がすべて装備されているので、サポカーSワイドに該当します。

家族で安心してドライブを楽しめる安全性能を備えているといえるでしょう。

※記事の内容は2019年8月時点の情報で執筆しています。

トヨタルーミー の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタルーミーの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す