中古車は車検付きがお得って本当?中古車車検の違いを徹底比較

中古車は車検付きがお得って本当?中古車車検の違いを徹底比較

この記事は、 5 分で読めます。

若年層を中心に人気の中古車。新車よりも安く手に入る上、運が良ければ、ディーラーではすでに手に入らない憧れの車種に出会えることもあります。中古車の購入時は、年式や走行距離、車の状態などにばかり目が行きがちですが、「車検の有無」を確認することも大切です。車検の有無で何が違うのでしょうか?中古車の車検についてご紹介します。

訴求用N-BOX

中古車の車検の違いと表示の意味

中古車の車検の違いと表示の意味

「車検」は正式名称を「自動車検査登録制度」といい、車が安全に走れる状態であることを確認する検査を行うとともに、車の所有権を法律的に認めてもらうための制度です。車検を受けた車は公道を走ることができますが、車検を受けていなかったり、定められた期間を過ぎた状態で公道を走ったりすると、道路運送車両法違反となります。そのため、公道を走るすべての車に車検を受ける義務があります。

車検を受ける間隔は、自家用車と自家用軽自動車であれば、初回は新車を購入してから3年後、それ以降は2年に1回のペースとなります。中古車の場合、直前の保有者が車を手放したタイミングなどによって、車検が残っているケースと、すでに期限が切れており新たに車検を受けなければならないケースがあるため、販売時の説明に「車検付き」「車検なし」「車検2年付き」「予備車検付き」といった表示がされています。それぞれ次のような意味になります。

・車検付き
前の保有者が受けた車検が残っている状態なので、購入後、名義変更等をすればすぐに乗ることができます。

・車検なし
すでに車検が切れていて、車検がない状態です。購入者自身で車検を受けなければ公道を走ることができません。

・車検2年付き
車検はついていませんが、車検を通すための整備はされている状態です。購入が決まったら販売業者が車検を通してから引き渡すので、購入者自身で車検を受ける手間は省けます。その一方で、本体価格のほかに、車検費用や販売業者が定めた手数料が必要となります。本体価格に車検費用が上乗せされていることも多いです。

・予備車検付き
ナンバーのついていない新規登録の中古車に適応できる車検である「予備車検(予備検査)」が終了している状態です。公道を走るためには、購入者が本登録を行い、ナンバーを取得する必要があります。

つまり、「車検付き」以外は車検を受ける(予備車検付きの場合は本登録を行う)必要があるということです。販売店によっては、「車検付き」「車検なし」の2パターンのみで表示しているところもあります。気になる車が見つかったら、車検の状況を確認してみましょう。

定額カルモくんで車を探す

車検付きはお得なのか?

車検付きはお得なのか?

「車検付き」であれば、車検にかかる諸経費が不要となるため「お得」と感じる人も多いようです。しかし、グレードや状態がほぼ同じ「車検なし」の中古車と比べると、本体価格が高めに設定されていることがほとんどで、最終的な乗り出し価格(車両本体価格と諸経費を足した価格)はさほど変わらないといったケースも多く見られます。車検の残り期間によっては、次の車検費用がたいして間を置かずに必要になることも考えられます。

また、前の保有者がどのような車検を通したのか明確でない場合もあり、ユーザー車検や格安車検で24ヵ月点検が十分でないなどの可能性もあります。販売業者が最低限のチェックはしているはずですが、いざ乗り始めると不具合が頻発し、修理費用などで結果的に高くつくといったこともあり得るのです。
「車検付き」の中古車を検討する際は、同等レベルの「車検のなし」の車とトータルコストを比較するとともに、車の状態や、車検の残り期間も忘れずチェックするようにしましょう。

一番お得な車検の状態とは?

購入後、すぐに車を使える「車検付き」がいい方もいれば、支払い価格が多少高くてもフルに車検がつく「車検2年付き」がいいと感じる方もいるでしょう。中古車の車検の状態は、それぞれメリットとデメリットがあり、一概にどれが一番お得とはいえません。

まずは予算や乗り出し時期を決め「信頼できる業者に車検をお願いしたい」「乗り出しまでの準備や手続きはなるべくスピーディーに済ませたい」といったこだわりや、妥協できる点などを明確にすることが、満足度の高い購入を目指す一番のポイントといえるかもしれません。できるだけたくさんの中古車販売店へ足を運び、車検に対する姿勢やトータルコストを比べてみるのもおすすめです。

まずは審査

中古車は「納得できる1台」を購入しよう

中古車における「車検」の違いはご理解いただけたでしょうか? 中古車とはいえ、車は大きな買い物です。購入時は「車検付き」の言葉に安易に飛びつかず、車の状態やトータル的コストをしっかり見極めて判断し、車検もそれ以外の部分も納得できる状態で購入を決断するようにしましょう。

よくある質問

Q1:そもそも車検ってどういうもの?

A:正式名称では自動車検査登録制度といい、車が国の定めた安全基準を満たしているかを検査する制度です。日本ではこの車検を受けていなかったり、車検の有効期限を過ぎていたりする車は公道を走行することができません。そのため、公道を走行するすべての車両に車検を受ける義務があります。

Q2:中古車には車検が付いているの?

A:中古車の車検の状態は車によって異なります。例えば、前の車検の有効期限が残っていてすぐに乗れる状態の車検付きの車や、車検が切れている車検なし、車検を通すための整備がされている車検2年付きなどの状態の車が販売されています。

Q3:中古車は購入してすぐに公道を走れる?

A:中古車の車検の状態によります。車検付きの車はそのまま公道を走行できますが、車検なし、車検2年付きの場合は車検を行わなければなりません。なお、予備車検付きの場合は本登録を行い、ナンバーを取得してからでなければ公道走行はできません。そのため、中古車を選ぶ際は車検の状態をしっかりと確認するようにしましょう。

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr