寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

メーカー直撃取材!「トヨタカムリ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

「トヨタカムリ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

北米を中心に世界中で人気を集めるミドルクラスセダンのトヨタカムリ。アメリカンなテイストにスタイルに余裕のある室内空間、ハイブリッドによる燃費の良さが人気の理由でしょう。そんなカムリの全てのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーをご紹介します。

ボディカラー選びはなぜ重要?

パールやツートンカラーなど追加料金が必要な有償色の設定がある車種もありますが、新車を購入する際にボディカラーは基本色であれば価格は同じです。一方で手放すときはボディカラーによって下取りや買取りの査定額が変わることをご存知でしょうか? 中古車市場での人気が影響し、白(パール)、黒を基準にシルバーが少し安く、黄色や赤などの個性的な色はさらに安くなる傾向があります。他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。クルマを購入する際はしっかりと考えてボディカラーを選ぶことが大事です。今回はグローバルマーケットで絶大な人気を誇るミドルセダンのトヨタカムリのボディカラーについて検証していましょう。

トヨタカムリの人気カラーベスト3を発表!

トヨタカムリの人気カラーベスト3を発表!

カルモマガジン編集部がトヨタ広報部に独自取材を行い、判明したカムリの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはカムリ、そしてカムリWSのカタログモデルに加えて、現在販売されている特別仕様車を含んだ順位となっています。

カムリにはセダンとしては珍しい赤も含めて、全10色が設定されています。そのうちスポーティモデルのカムリWSは「プラチナホワイトパールマイカ×アティチュードブラックマイカ」「エモーショナルレッドII×アティチュードブラックマイカ」「ダークブルーマイカメタリック×アティチュードブラックマイカ」の3色に2トーンカラー仕様が設定されています。

第1位は定番人気の「プラチナホワイトパールマイカ」

第1位は定番人気の「プラチナホワイトパールマイカ」

+3万3000円の有償色となりますが、カムリにおいても白(パール)は安定した人気色となっています。カムリWSに設定されている2トーンカラー仕様は+8万2500円となります。

第2位もやはり「アティチュードブラックマイカ」

第2位もやはり「アティチュードブラックマイカ」

シャープな外観デザインのカムリをよりシャープに際立たせるブラック系のカラーです。

第3位も安定の「シルバーメタリック」

第3位も安定の「シルバーメタリック」

やはり、保守的な層が購入することが多いセダンなので、白(パール)系と黒シルバーという定番の3色が上位を占めています。

トヨタカムリのカラーバリエーションを全紹介!

プラチナホワイトパールマイカ/プラチナホワイトパールマイカ×アティチュードブラックマイカ

プラチナホワイトパールマイカ/プラチナホワイトパールマイカ×アティチュードブラックマイカ1

プラチナホワイトパールマイカ/プラチナホワイトパールマイカ×アティチュードブラックマイカ2

トヨタカムリで人気第1位のボディカラーとなったプラチナホワイトパールマイカ。+3万3000円の有償色ですが、先進的なパールカラーを採用しているので、白さを追求したい人におすすめ。マイカやクリスタルシャインを増量することで、より強い陰影感が強いため立体的な演出も楽しめます。よりスポーティなイメージにしたい人には、カムリWSに設定されているアティチュードブラックマイカとの2トーンカラー仕様がオススメ。こちらは+8万2500円の有償色となりますが、WSを購入される場合はこの仕様を選ぶとクルマの印象が変わります。

アティチュードブラックマイカ

アティチュードブラックマイカ

第2位となったアティチュードブラックマイカ。エッジの立ったデザインが特徴的なカムリにブラックの塗装が高級感を演出してくれます。マイカが配合されているブラックなので、見る角度でボディの色が透けて見えるような独特の黒色が人気の理由でしょう。

シルバーメタリック

シルバーメタリック

第3位のシルバーメタリックは、飽きの来ない定番色なので、長く乗りたい人におすすめです。シルバー系の色は、車の汚れや洗車キズなどメンテナンスの負担も少ないのがメリットのひとつ。落ち着いたカラーのため、フォーマルな場所への移動もしやすいでしょう。

スティールブロンドメタリック

スティールブロンドメタリック

スティールブロンドメタリックは、ベースの色はホワイト系ですが、光の加減によっては薄いピンクやグレーに見えます。シンプルさの中に個性が垣間見られるところが、こだわりの強い人に好まれます。

グラファイトメタリック

グラファイトメタリック

グラファイトメタリックは、ブラックの力強さに柔らかい印象をプラスされるため、ブラックカラーが好きでカジュアル志向な女性にもマッチします。

ダークブルーマイカメタリック/ダークブルーマイカメタリック×アティチュードブラックマイカ

ダークブルーマイカメタリック/ダークブルーマイカメタリック×アティチュードブラックマイカ1

ダークブルーマイカメタリック/ダークブルーマイカメタリック×アティチュードブラックマイカ2

ダークブルーマイカメタリックは、ブルーの発色が上品に光るカラー。ほどよく目立つため若者だけでなく年配者まで幅広いドライバーに人気があります。+6万500円の有償色となるブラックルーフの2トーンカラー仕様は、屋根がブラック塗装になっているだけで印象が一層引き締まりスポーティー感が増します。

エモーショナルレッドII/エモーショナルレッドII×アティチュードブラックマイカ

エモーショナルレッドII/エモーショナルレッドII×アティチュードブラックマイカ1

エモーショナルレッドII/エモーショナルレッドII×アティチュードブラックマイカ2

セダンでは設定されることが珍しい赤いボディカラー。カムリではスポーティさとプレミアム感を両立した濁りのない色鮮やかなレッドであるエモーショナルレッドIIを用意しています。+5万5000円の有償色ですが、高彩度でありながら存在感の強いカラーです。ダーク系の色は入っていないため、色の深さではなく発色のよさで勝負です。2トーンカラー仕様は+10万4500円で用意され、ブラックがアクセントとなり、赤のボディをシックな装いにアレンジします。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全9色用意されているトヨタカムリのボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でオススメのボディカラーを選んでみました。

売るときに有利なカラー

売るときに有利なカラー

やはり人気ナンバーワンの「プラチナホワイトパールマイカ」でしょう。ホワイトのボディーカラーが、カムリのエッジの効いたボディラインを美しく浮かび上がらせ、若い世代にも安定的な人気があるカラーです。

気取らないカラー

売るときに有利なカラー

どんなシーンでも違和感なく乗車できメンテナンスもしやすいシルバーメタリックをおすすめします。

クールなカラー

クールなカラー

ホワイトでありながら光の加減でさまざまな発色を感じることができるスティールブロンドメタリックでしょう。

個性的なカラー

個性的なカラー

ずばりダークブルーマイカメタリックでしょう。発色のよいブルーは、アメリカスタイルな雰囲気を楽しむことができ注目度が高くなります。

フォーマルなセダンだからこそ、個性的なカラーを!

世界戦略車として大ヒットしているカムリ。個人タクシーなどにも多く使用されているため、街でよく見かけます。それだけに、「ダークブルーマイカ」や「エモーショナルレッドII」といった個性的なボディカラーでアピールしたいところですが、普通の購入では売却時の査定額を気にして手を出しづらいかもしれません。しかし、定額カルモくんのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係ないので、自分の好きなボディカラーを選べるというメリットがあるのです。

メルマガ登録

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

トヨタカムリの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカムリの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード